Virtual Book Store EREWHON-DO

秋のミステリーフェア
《修道士カドフェル》シリーズを読もう!

[Home][エレホン堂]

 ミステリーファンだけでなく、ファンタジーファンや歴史小説ファンにも人気のエリス・ピーターズの《修道士カドフェル》シリーズ。12世紀半ばのイングランドのシュールズベリ修道院の修道士カドフェルが事件を次々と解決していきます。どの巻でも若者たちのロマンスが花を添えるのがお約束。
 もう読んだことのある人も、はじめて読む人も、ハーブティやワインを片手に雰囲気を出して、 中世イングランドの《修道士カドフェル》の世界へどうぞ。


聖女の遺骨求む

この《修道士カドフェル》シリーズ、実は長編20冊+短編集1冊の合計21冊も出ているんです。 一応1冊ごとに完結しているのですが、ミステリーですしイングランドの歴史にからめた展開になっていますから、 最初から順を追って読んでいった方がよろしいです。
というわけで、先ずは一冊目の『聖女の遺骨求む』をご紹介。

12世紀半ばのイングランド、シュールズベリ修道院では、野心家の副修道院長が、修道院の守護聖人としてまつるための聖人の遺骨探しに奔走していた。 かつて十字軍に参加していた修道士のカドフェルは、副院長のお供で聖ウィニフレッドの遺骨をまつっているウェールズの山村まで出かけることとなる。遺骨を貰い受けようとする修道院側に対して、村人たちは反発し、やがておこる殺人事件……。

オープニングは修道院の薬草園。このシリーズにはハーブの描写も多く出てきて、ハーブ好きにはとても楽しいです。美しい自然と中世の人々の暮らしが生き生きと描かれているのも読みどころ。
もちろん登場人物たちの魅力も忘れてはいけません。主人公のカドフェルは壮年というよりは老年に差し掛かっていますがカッコイイし(海外ドラマ版ではデリク・ジャコビが演じていましたが私のイメージではショーン・コネリー)、憎たらしい人も憎めない人もみんなキャラ立ってます。謎を楽しむというより、事件に巻き込まれた人間模様を楽しむタイプのミステリー。殺人事件が起こる話も多くあるのですが、ほとんどの場合、読後感はさわやかです。

この巻ででてきた聖ウィニフレッドは、この後もカドフェルの守護聖人(?)として何度も登場することになります。

書誌情報
エリス・ピーターズ/大出 健訳 
『修道士カドフェル・シリーズ 1 聖女の遺骨求む』
(光文社 光文社文庫,2003年3月,552円+税, ISBN4-334-76125-9)

[Top]

《修道士カドフェル》シリーズ一覧

シリーズ全部を読んでみたい人のためのリストです。
私のおすすめは、『死体が多すぎる』と『氷の中の処女』『デーン人の夏』 『背教者カドフェル』。なんといっても出てくる人たちがカッコイイ(笑)。『秘跡』もいいんですよねぇ。ああー、全部読み返したい。

  1. 『聖女の遺骨求む』
    (原題:A Morbid Taste for Bones, 1977)
    2003.02, ISBN4-334-76125-9, 大出健訳 (光文社文庫)

    1990.11, ISBN4-390-13001-3, 大出健訳 (現代教養文庫)
  2. 『死体が多すぎる』
    (原題:One Corpse Too Many, 1979)
    2003.03, ISBN4-334-76126-7, 大出健訳 (光文社文庫)

    1991.01, ISBN4-390-13002-1, 大出健訳 (現代教養文庫)

  3. 『修道士の頭巾』
    (原題:Mont's-Hood, 1980)
    2003.05, ISBN4-334-76128-3, 岡本浜江訳(光文社文庫)

    1991.05, ISBN4-390-13003-X, 岡本浜江訳(現代教養文庫)
  4. 『聖ペテロ祭の殺人』
    (原題:Saint Peter's Fair, 1981)
    2003.07, ISBN4-334-76130-5, 大出健訳 (光文社文庫)

    1991.09, ISBN4-390-13004-8, 大出健訳 (現代教養文庫)

  5. 『死を呼ぶ婚礼』
    (原題:The Leper of Saint Giles, 1981)
    2003.09, ISBN4-334-76132-1, 大出健訳 (光文社文庫)

    『死への婚礼』
    1991.11, ISBN4-390-13005-6, 大出健訳 (現代教養文庫)

  6. 『氷のなかの処女』
    (原題:The Virgin in the Ice, 1982)
    2003.11, ISBN4-334-76134-8, 岡本浜江訳 (光文社文庫)

    1992.03, ISBN4-390-13006-4, 岡本浜江訳 (現代教養文庫)

  7. 『聖域の雀』
    (原題:The Sanctuary Sparrow, 1983)
    2004.01, ISBN4-334-76136-4, 大出健訳 (光文社文庫)

    1992.09, ISBN4-390-13007-2, 大出健訳 (現代教養文庫)
  8. 『悪魔の見習い修道士』
    (原題:The Devils's Novice, 1983)
    2004.03, ISBN4-334-76138-0, 大出健訳 (光文社文庫)

    1992.11, ISBN4-390-13008-0, 大出健訳 (現代教養文庫)
  9. 『死者の身代金>』
    (原題:Dead Man's Ransom, 1984)
    2004.05, ISBN4-334-76141-0, 岡本浜江訳 (光文社文庫)

    1993.01, ISBN4-390-13009-9, 岡本浜江訳 (現代教養文庫)
  10. 『憎しみの巡礼』
    (原題:The Pilgrim of Hate, 1984)
    2004.07, ISBN4-334-76143-7, 岡達子訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1993.03, ISBN4-390-13010-2, 岡達子訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  11. 『秘跡』
    (原題:An Excellent Mystery, 1985)
    2004.09, ISBN4-334-76145-3, 大出健訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1993.05, ISBN4-390-13011-0, 大出健訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  12. 『門前通りのカラス』
    (原題:The Raven in the Foregate, 1986)
    2004.11, ISBN4-334-76147-X, 岡達子訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1993.07, ISBN4-390-13012-9, 岡達子訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  13. 『代価はバラ一輪』
    (原題:The Rose Rent, 1986)
    2005.01, ISBN4-334-76149-6, 大出健訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1993.09, ISBN4-390-13013-7, 大出健訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  14. 『アイトン・フォレストの隠者』
    (原題:The Hermit of Eyton Forest, 1987)
    2005.03, ISBN4-334-76151-8, 大出健訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1993.11, ISBN4-390-13014-5, 大出健訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  15. 『ハルイン修道士の告白』
    (原題:The Confession of Brother Haluin, 1988)
    2005.5,ISBN4-334-76153-4, 岡本浜江訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1994.03, ISBN4-390-13015-3, 岡本浜江訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  16. 『異端の徒弟』
    (原題:The Heretic's Apprentice, 1989)
    2005.07, ISBN4-334-76154-2, 岡達子訳(光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1994.07, ISBN4-390-13016-1, 岡達子訳(現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  17. 『陶工の畑』
    (原題:The Potter's Field, 1989)
    2005.09.11, ISBN4-334-76158-5, 大出健訳 (光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1994.11, ISBN4-390-13017-X, 大出健訳 (現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  18. 『デーン人の夏』
    (原題:The Summer of the Danes, 1989)
    2005.11, ISBN4-334-76161-5, 岡達子訳(光文社文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
    1995.03, ISBN4-390-13018-8, 岡達子訳(現代教養文庫)
    bk1/amazon/Yahoo
  19. 『聖なる泥棒』
    (原題:The Holy Thief, 1992)
    2006.01, ISBN4-334-76164-X, 岡本浜江訳 (光文社文庫)

    1995.07, ISBN4-390-13019-6, 岡本浜江訳 (現代教養文庫)

  20. 『背教者カドフェル』
    (原題:Brother Cadfael's Penance, 1994)
    2006.03, ISBN4-334-76166-6, 岡本浜江訳 (光文社文庫)

    1996.01, ISBN4-390-13020-X, 岡達子訳 (現代教養文庫)

  21. 『修道士カドフェルの出現』
    (原題:A Rare Benedictine, 1992)
    2006.05, ISBN4-334-76169-0, 岡本浜江・岡達子訳 (光文社文庫庫)

    1997.02, ISBN4-390-13050-1, 岡本浜江・岡達子・大出健訳 (現代教養文庫)

カドフェル関連のファンページでは
シュルーズベリの薬草園 The Herb Garden in Shrewsbury修道士カドフェルについて
がオススメです。

映像版《修道士カドフェル》

映像版カドフェルについては【修道士カドフェルテレビシリーズを語ろう】が詳しいです。
ビデオもあるのですが、もう入手し難いようです。高いですけれどDVD-BOXも出ています。

Amazonで修道士カドフェルを検索

[Top]

もっと読みたい人のための関連本

「カドフェルシリーズは全部読んじゃった。他にああいう感じのない?」という人におすすめの関連本。

先ずは修道院つながりで。
大聖堂の建立をめぐり、数多の人びとが織りなす波瀾万丈の物語。 でもカドフェルシリーズと違って、登場人物がやな奴ばっかりだったりするのが難。

もうひとつ修道院つながりで、聖職者が活躍するミステリー。映画も有名ですね。

中世北イタリアの僧院で起こった連続殺人事件。事件の陰には一冊の書物の存在があることをバスカヴィルのウィリアム修道士が探り出すが……。

『薔薇の名前』じゃ重いし高いというのであれば、ティーンズ・ノベルはいかがでしょう。カドフェルシリーズとほぼ同時代のイングランドを舞台に騎士見習いの少年二人が活躍するシリーズです。

そしてこれは極めつけ。カドフェルファンなら間違いなくハマるマンガです。
元騎士の修道士ファルコが活躍する推理漫画です。

[Top]


エレホン堂 Top

有里(Alisato Akemi)
http://alisato.web2.jp/