日記原稿 TODAY これは原稿です。整形済み日記をご覧ください。
1/2/3/4/5/6/7/8/ 9/10/11/12/

2012.06.30(土)
◇[diary] 実家の売買契約
年末ぐらいまでに買い手がつけばいいやと思っていたのですが、買い手が現れたので、急遽契約することに。
相手は建売業者さんです。

8月半ばに引き渡してほしいとのことなので、片付けを急いでやらないと!

2012.06.29(金)
◇[diary] 梅ジャム
梅ジャム第三弾の裏ごしまで完了。今回は1200g。900gのときの出来上がりが220cc×5+120cc×1だったので、今回は出来上がりが1650ccぐらい? 220ccの瓶7コぐらいか……。なんとか空き瓶も足りるかな。

梅ジャムが消費しきれないので、ゼリーにするレシピを考え中。
新しいのは完熟で作っているから、きれいなオレンジなんだけど、古いのは青梅で作っている上に黒ずんできて緑褐色になっているので、ゼリーにすると見栄えが悪くなりそうなのが難。中が見えない容器で作るか。

熟れすぎたメロンも義母宅からやってきて(これで4個目。農協で箱買いしたらしい)、シャーベットにしてせっせと消費しているところ。

◇[diary] 保湿は大事
化粧水が切れかけているので、DHCに注文。

長年DHCの化粧水とオリーブ油だけで過ごしてきましたが、さすがに油分が足りなくなってきたので寝る前に馬油やワセリンを塗るようにしたら、ほうれい線が薄くなりましたのことよ。高い美容液使わなくても化粧水で水分補給して油でフタして保湿すりゃOKだったらしい。
チューブのワセリンなんて800円しないのに。

2012.06.28(木)
◇[diary] 自立神経失調3日目
この時期は梅仕事(梅干し、ジャム作り)があって時間取られるのに、自律神経失調でダウン。実家をたたむ案件もすすめにゃならんのに〜。失調して3日目、ひたすら眠ってなんとか復調か。まだゆだんはきんもつ。こじらせるとよろしくないので、早め早めに休むのだ。

◆[book][url] 少女マンガ系サイト
【別冊マーガレット目次】
【デラックスマーガレット目次】
【60&70年代少女漫画雑誌の小部屋】

【漫画書影アーカイブス】

2012.06.27(水)
◇[diary] まだ自律神経失調
自律神経失調であたまいたい。目も痛い。なので目を瞑ってiPadの朗読執事に「まだらの紐」を読ませる。途中で寝ちゃうので、いつまでたっても解決までたどり着かない。

2012.06.26(火)
◇[diary] 買い物
ホームセンターに行ってジャム用の瓶をたくさん買ってきた。
ヨーカドーでミッフィー柄のたためるトートバッグを買った。
古本市場に珍しくティーンズハートが出ていたので、巻末の目録のために3冊買った。105円だった。

◇[diary] 自律神経失調継続中
気温の差が激しいので、自律神経が死んでる。あたまいたい。肩が凝る。
よろよろしながらラタトゥイユを仕込み、梅ジャム第二弾を煮ている。
寝室に何かいます…ハウスダスト的なものが。でも、あたまいたいから掃除機かけらんない。夜中だし。

2012.06.25(月)
◇[diary] 自律神経失調
急に気温が下がったせいか胃が痛くてヘロヘロ。カイロ貼って横になってます。

◆[book][url] 作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん
【作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん - 作家の読書道】
コバルト文庫の縛りとか、いろいろ語られてます。キル・ゾーンって最初はあんまり売れてなかったのか…。

1996年には須賀さんは6冊ぐらい本を出しているので、当初は売れなかったキルゾーンも段々売れてきたということかな。
1995年から何年かはコバルト文庫が凄く勢いがあった時期なので、売れないシリーズでもしばらく続けられる余裕があったってことなのかも。

●購入本
予約したランドリオールが届いた。

□[購入漫画]おがき ちか『Landreaall 20巻 限定版』(一迅社 ,978-475805717-2),800円,
おがき ちか『Landreaall 20巻 限定版』
(一迅社 ZERO-SUMコミックス ,2012-06-25,800円, ISBN978-475805717-2)
amazonへ

4-7580-5717-6 (ISBN4-7580-5717-6)

2012.06.24(日)
◇[diary] 梅を漬ける
梅を漬けた。順調に水が上がってる。漬物用の袋を使うようになってから、熱湯消毒や日光消毒をしなくても済むようになって、とても楽。代わりにホワイトリカーをばんばん吹きかけてますが。今は200ccのカップに入った使いきりホワイトリカーを売っているので便利。

◇[diary] 梅ジャム第一弾
梅ジャム第一弾完成。ラベルまだだけど。
1kgの裏ごし梅+砂糖1kgを煮詰めて150ccが2本、300ccが3本。
ルクルーゼもどきでフツフツするまでかき混ぜながら加熱したら、火を消して放置しとくと余熱でジャムになるのか。これなら焦げない。

2012.06.23(土)
◇[diary] 梅の実収穫
梅の実収穫。落ちたていたのも合わせて8kgぐらいかな。
比較的状態の良いものを梅干し用に3kg取り分け、残りは完熟させてジャムにする。


2012.06.22(金)
◇[diary] 不動産屋と契約
実家をどうにかせにゃということで、見積りやってもらった不動産屋にお願いすることに。
専任媒介契約書というのを書いて、家の合鍵を渡してきました。

家具付き家ごと土地を売る形で、取り壊しなどは買い手にやってもらうことにします。
一般人だとそういうのは嫌がられるので業者さんに売って建売物件にしてもらるといいんじゃないかという話で、そういう買い手を探してもらうことになりました。

業者相手だと一般人相手の場合の70%ぐらいの売値になっちゃうので、最初はふっかけてみましょうという営業さんのお言葉。割りと立地条件がいいので、ふっかけてもイケるんじゃないかと思っているらしい。
まあ、家売ったお金でリハウスしようとしてるわけじゃないから、どうでもいいです。面倒じゃなくて、お高く売れるならそれが一番いい。 

◇[diary] 実家で片付け
実家で片付け中。やってもやっても終わらん。
不用品回収業者に電話したら予定がつまってて明日回収は無理といわれたので、とりあえず不用品を積み上げるだけにした。
個人情報の入ったものは別にしときたいので面倒。

祖父の自費出版の句集だか歌集だかとか、父の描いた下手くそな水墨画(お手本見て模写するんだけど、やっぱり下手)とか、どうしたものか。邪険にすると夢枕に立たれそうなんで…。箱詰めして天袋にでも押し込むか。

2012.06.21(木)
◆[book][url] 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス
【Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)】

別名義だけでなく、よみがなや生年もさくっと調べられるので、凄く便利。もっと早く知りたかった。
いままでは、ジュンク堂サイトで作者読みを確認してました。

2012.06.20(水)
◆[book][url] コミックマーケット年表
【コミックマーケット年表】

私が参加してたのは、1980年春の14〜1989年夏の38までだな。
コミケット14は一般入場だったけど、以後はサークル入場なので、並んだ記憶が全然ないのだった。
ちなみにオリジナル漫画。昔は二次創作の方が珍しかった。

家人もコミケに行ったことがあるというので、「会場はどこだった?川崎?晴海?」と聞いたら「いや、蒲田」って答えが。大田区産業会館の頃かw コミックマーケット10か13あたりじゃないかな。

コミケ年表探してたのは同人誌の流行が知りたかったからで、資料として『漫画同人誌エトセトラ ''82-'98』や『コミケ30年史』があるんだけど、厚くてひっくり返すのが面倒だから……。

「同人の流行を考えるスレまとめ @ ウィキ 流行年表」という隠語だらけのは見つかった。まあ、だいたい分かりますが。

1983:ゴッドマーズ、J9シリーズ。
1985:キャプテン翼。
1987:聖闘士星矢。
1988:銀英伝、魔王伝。
1989:侍トルーパー。
1990:天空戦記シュラト、魔神英雄伝ワタル、魔動王グランゾート。
1991:サイバーフォーミュラ、沈黙の艦隊。
1992:セーラームーン、ドラゴンボール、炎の蜃気楼。
1993:幽遊白書。1994:スラムダンク。

コミケの女性向けの流行はこんな感じらしい。

「高河ゆんのサークル夜嬢帝国は、小説「魔王伝」のパロディ本で魔王伝の小ブームを作り出した。」(阿島俊『漫画同人誌エトセトラ'82-98』p.102) というのが1987年の状況。
このへんで女の子たちの菊地秀行、夢枕獏あたりのノベルズの捕捉(というより捕食)がはじまったということか。

◆[book] EASY BOOKSのリスト
ムービックのEASY BOOKSのリストを整形しようと思ったら、アンソロジー多すぎてどう扱っていいものやら。
EASY BOOKSは、BLを扱った、まとまったレーベルとしては一番古いものだと思うし、野梨原花南とか近端夏也子とかもいるのでデータ拾っておきたいが、どうしよう……と、しばし悩んで、BLは守備範囲外でもあることだし、競作集は競作集としてまとめて、作者は記載しないことにした。ISBNは載せておくので必要な人は自分で調べればいいんじゃないかと。(ネットではなかなか調べられないけどね)。

あと、EASY BOOKSの『EG 女の子の秘密恋愛物語の本!!』って何かと思ったら、百合競作集なんですな。1994/09刊行。売れなかったのか1冊のみでシリーズ化なし。

◆[book][mysite] エクリプスノベルズとEASY BOOKSのリスト
桜桃書房のエクリプスノベルズやムービックのEASY BOOKSなどのリスト。BLレーベルのほんの一部にしか過ぎませんが。
ラノベの杜の管理人さんからご提供いただいたデータを整形。

[BLレーベル ブックリスト一覧]

エクリプスノベルズやEASY BOOKSはBLレーベルなんだけど微妙にSFファンタジー寄りで初期の花丸ノベルズに通じるようなところもあり。
どちらもアニパロ同人誌の流れをくんでるようなんだけど、そのへん詳しくないのでよく分からんです。

2012.06.19(火)
◆[book] 焼きナス
家庭菜園とか朝市とかで新鮮なナスが大量に手に入ったら、すぐに使わない分は焼きナスにしてしまう。
洗って、切り落とさないようにヘタの周りにぐるりと包丁で切れ目を入れて、魚焼きグリルかオーブントースターの網にそのまま並べて、皮が黒くなるまで焼く。
ナスを焼いたら皮に切れ目入れて、先がギザギザのスプーンで身をかき出す。
冷蔵庫にいれておけば数日持つ。醤油とかつお節かけて食べてもいいし、そのまま味噌汁にいれてもいい。
フレンチドレッシングでマリネするとさらに保存がきく。冷凍も出来ると思うけど、うちはその前に使いきっちゃうからな…

焼きナスの身をとった皮とヘタは刻んで(ハサミ使うと楽)、ゴマ油で炒めてみりん、醤油、味噌、豆板醤などで適当に味付け。
ご飯の友にも酒の肴にもよし。

本当は私は揚げナスの方が好きなんだけど、家人が揚げたの嫌いだから焼きナス。でもまあ、揚げるより焼いた方が楽ですわな。オーブントースターなら焼いてる間は放置出来るし。

まあこれで義母の畑から来たナス1ダースを処理出来ましたのことよ。義母はもっと渡したかった様子だがw


2012.06.17(日)
◇[diary] 大学の友人たちと食事会
昨日はラ・ポルト青山ビル 野趣家にて大学時代の友人とお食事会でした。
鮎、海老しんじょ、豚しゃぶ。揚げ物が美味しかったなー。デザートのナッツとカラメルのアイスが素晴らしく美味しかったです。

友人のロンドン土産でエリザベス女王即位60周年の紅茶とロンドンオリンピックマスコットの絵葉書を貰いました。
彼女は旦那様の仕事の都合でこれからしばらくロンドン生活の予定。向こうで住むところを決めて一時帰国中。女王即位60周年パレードの時は丁度帰国日で、空港のTVでパレードみてたそうです。
興味ないんで知らなかったけど、ロンドンオリンピックのマスコット、キモカワイイ。でもメタルの質感がないと魅力半減どころか魅力20パーセントぐらいね。

2012.06.16(土)
◇[diary] 検索しても出てこない作家
コバルト文庫でぐぐっても出てこない人=どっから来たのか分からない人=誰かの別名義?は今のところ5人。三千院春人、しらせはる、日高砂羽、夕季あい、天堂ハルヒ。

でもぐぐると日高砂羽は2009年ロマン大賞の最終選考に残った人という話がでてくるので、選評から判断してそれっぽい中華物らしい『無極の徒』の若園実? そういえば、選評コピーしてきたのに自サイトに載せてない。

2012.06.15(金)
◇[diary] 銀行いってきた
銀行いって、本屋で『デュラララ×11』を買ってきた。

●購入本
ご近所の本屋にもたまには電撃文庫が入っている。

□[購入本][な]成田 良悟『デュラララ!!×11』(電撃文庫 ,978-404886562-3),599円,
成田 良悟『デュラララ!!×11』
(アスキー・メディアワークス 電撃文庫,2012-05-10,599円, ISBN978-404886562-3)
amazonへ

4-04-886562-5 (ISBN4-04-886562-5)

□[購入漫画]枢 やな『黒執事 14』(Gファンタジーコミックス ,978-475753611-1),590円,
枢 やな『黒執事 14』
(スクウェア・エニックス Gファンタジーコミックス ,2012-05-26,590円, ISBN978-475753611-1)
amazonへ

4-7575-3611-9 (ISBN4-7575-3611-9)

2012.06.14(木)
◆[zakki] QLDの思い出
昔のパソ通で使われていた画像形式QLDとかMAGとかの話題。




QLDは仕様を公開してなかったので、作成者が事故で亡くなってからは拡張も改良もしようがなかったんだよね、確か……。

私はMAKIやMAGローダにはお世話になったけど、QLDはほとんど使わなかったかな。
QLD形式を開発していた人はなかなか苛烈な性格で敵も多かったようで、私が通っていたパソ通のBBSで「彼が亡くなったからといって僕は残念だとは思いません」と恨みつらみをぶっちゃけた人がいたのを覚えている。ネットの怨み、怖い……。

◆[book][mysite] キャンバス文庫リスト
やっと出来た。

[小学館キャンバス文庫 著者名リスト(登場年順)]
[キャンバス文庫作家別刊行チャート]

Wikipediaにある通り、小学館キャンバス文庫は生え抜きの新人がほとんどいないレーベル。
創刊時は、大陸書房の作家、コバルト文庫の作家、ティーンズハートとホワイトハートの作家にソノラマ文庫の作家に岬兄悟。少女向けというより大陸ノベルズの延長っぽい。

他にもスーパーファンタジー文庫とかハヤカワHiとかのファンタジーの書き手の受け入れ先みたいになってたんだけど、もう読者のほうが異世界ファンタジーにはお腹いっぱいになってきていた。

女性作家のファンタジーをばりばり出してたスニーカー文庫は1995年には横溝正史の『夜光怪人』などなどを引っ張り出してきて、なんだかよく分からないことに。
コバルト文庫だけは1995年以降もファンタジーで元気でしたが、多分ラブ要素があったからですね。

◆[book][url] アニメ雑誌データーベース
【ゆうゆうじてき:アニメ雑誌「ニュータイプ」「アニメージュ」データベース&アニメグッズ懸賞情報】

2012.06.13(水)
◇[diary] 整体/ブックオフ
整体のあと、ブックオフにキャンバス文庫を探しにいったが、ティーンズハートと同じく影も形もなかった。
ブックオフは手入れがよすぎて古い本を探すには向かないんだな。手入れの悪いリサイクル古本屋なら見つかるかしら……。

古いラノベはネットで買えるけど、1冊づつじゃなくていっぱい並んでるのが見たいんだよね。図書館にはあるにはあるが、古いのは閉架書庫に入ってることが多いので、請求が面倒……。

で、今日はアレルギー症状が酷くて、薬をのんでもなかなか鼻水と眼のかゆみが止まらなくて困った。
帰ってきてからは、整体の疲れと薬の副作用とで爆睡してしまった。


2012.06.11(月)
◆[book][mysite] BLレーベル刊行チャート
[BLレーベル 刊行チャート]

2008年までのチャートを作れたBLレーベルが71、データがなくてチャートが作れなかったのが今のところ14、現在でも刊行されているレーベルが、コバルトやホワイトハートを含めて30弱。
10冊刊行できなかったレーベルが20ぐらいあったり。ドジョウを狙ってしかばね累々。

BL小説は絶版も多いけど、レーベルをまたいでの復刊も多い。最近はどのレーベルも電子書籍に力入れてる様子。まあ本屋で買うの恥ずかしいし、ロマンス小説は基本読み捨てだけど捨てるのも大変だから、電子化に向いているのかも。電子書籍だけ出してるレーベルもあるようです。

2012.06.10(日)
◆[book] BL系レーベル
「ラノベの杜」の管理人さんから2008年までの8千件におよぶBLレーベルのデータを戴きました。ありがとうございましたー!
わーい、嬉しい、嬉しい。BLはほとんど読まないけど、データは嬉しいんですよ。データおたくだから。わくわく。

2003年に出た『別冊活字倶楽部 BL小説パーフェクト・ガイド』によれば、その時点でBL小説を出している出版社は23ありました。その後ビブロスはつぶれちゃったけど、また新しいところが出てきてるのかな。
キャンバス文庫をやっつけたら、ルビー文庫とFUDGE、エクリプスロマンス、EASY BOOKSあたりをつつこうかと思います。JUNEとくっついてたルビー文庫はともかく、他のはアニパロ雑誌からの派生だとBL年表に書いてあったなぁ。

といいながらBLノベルのデータをレーベル単位で分割していったら、やってもやっても終わらない。
恐ろしいものの片鱗を味わった……。
約70レーベルになりました。データに入ってないレーベルが8つぐらいあったので、それを加えて80レーベルぐらい。ただ中には1〜2冊しか出てないレーベルというのもあります。
こんなにいっぱいBLレーベルがあってやっていけるのかと思うけど、やっていけるからこそ、こんなにあるんでしょうなぁ。メインターゲットは金もってるOLと主腐だし。

◆[book][url] BL系サイト
【ボーイズラブ 出版社別 買取り価格表】
……おお、こんなところにBLレーベル一覧が。【Boys Mania】というBL古本専門店です。中古買取屋さんは盲点だった。

【++ SunnyDays + RainyDays ++】
……Twitterで教えてもらいました。

2012.06.09(土)
◇[diary] グリーンカーテン
ゴーヤのグリーンカーテン用にネットを張りました。このところの雨で順調に伸びております。暑くなる前に茂れ〜!

◆[book] 少女小説レーベルチェック
レーベルチェックはパレット文庫を終了してキャンバス文庫へ。
最初の目的は日本のファンタジー出版年表を作ることだったんですが、全然そこまで行き着かないので、少女小説系レーベルの作家リスト作成に切り替えようかと。個人的にはマッピングしたいだけなんですけど。

ラノベ系DB作成を頑張ってくれてる人たちがいるのに、わざわざもう一回リストを作りなおしているのは、自分の中にマッピングしたいからなんですよね。Wizardryのマッピング作りと同じようなもん。ちまちまと方眼紙を埋めていってフロアの全貌が見えた時の快感を求めているというか……。

自分の楽しみついでに誰かの役に立ってくれれば、一石二鳥でお得〜ってわけで、データを公開。他人の役にはたたなくても、数年後の自分の役には立つし、 完成度はあまり考えない。出力もあまり綺麗にはしない。
綺麗に出力されたデータというのは結構危険で中味のチェックがおろそかになる可能性があるので、チェックが甘いリストなら変に綺麗に出力しないほうがマシだと思うのです……。

◆[book] 『日本幻想作家事典』の索引と別名義一覧
アトリエOCTAのサイトが移動したので再掲。

【アトリエOCTAの『日本幻想作家事典』『日本幻想作家事典』に掲載された別名一覧テキスト版
『日本幻想作家事典』の索引も アトリエOCTAの『日本幻想作家事典』のページに圧縮ファイルで置いてあります。


2012.06.08(金)
◆[soft] Windows XPのタスク・マネージャの表示が枠だけになった時の対処方法
タスク・マネージャの表示が枠だけになって、どうしようかと……。ちゃんと対処方法があったのね。
慌てず騒がす枠をダブルクリックだそうですw 知らずにマウスでつついているうちに直っちゃう人もいるんだろうなぁ。

【@IT:Windows TIPS -- Tips:タスク・マネージャの表示が枠だけになった場合の対処方法】

2012.06.07(木)
◆[book] BL系データ
ルビー文庫のリストを作ろうかなとTwitterでつぶやいたら、【 ラノベの杜(http://ranobe-mori.net/)】の管理人さんから「公開してないけど昔作ったデータがありますよ」とお声をかけていただいたので、ありがたくデータを戴くことにした。

JUNE/やおい/BLには思い入れがないので、どこまで手を出すか悩みどころなのですが、コバルトと花丸の作家の出自と行方を調べていくと調べざるを得なくなり、関連レーベルが芋づる式に出てくるものだから、手がつけられない状態に……。

少女向け小説では、なんかよくわかんないけどファンタジーとやおいの波はほとんど同時にやってくるのですよー。根っこに栗本薫せんせいが陣取ってらっしゃるからかもしれない。

全部は無理でも、コバルトとホワイトハートの人たちが書いてるレーベルぐらいは追いたいなぁという希望をもっています。……無理かも。

◆[book][url] 文学賞関連サイト
【ブログ記事一覧 - 本や文学賞情報などの覚え書き】
……親サイトは【本の紹介サイト ムーレインのBookNavi】

【受賞作ドットジェイピー】
……こういうサイトもあるのですね。でも、あんまり検索で上のほうに出てこないような。

【緑の部屋】
……作者年譜を載せているサイト。

2012.06.06(水)
◆[book] 作家別名義
Wikipediaによると、秋野ひとみ=林瞳=小川夏野らしい。
秋野ひとみ名義で121冊、林瞳名義で2冊、小川夏野名義で11冊。94年〜96年にかけては、秋野ひとみが隔月刊行。小川夏野も3ヶ月おき刊行。

◆[book] 初期のルビー文庫
『ときめきイチゴ時代』を捜索中(まだ見つかりません……)に、秋月こおの富士見二丁目交響楽団シリーズセットの入った箱を発掘。巻末にルビー文庫の目録発見。ピンク背スニーカーがそのまま移行したので、山浦弘靖や林葉直子もルビー文庫扱いなんですな。

初期のルビー文庫のリストを作っている人はいなさそうなので、作っといたほうがいいかもなぁ。
ラノベと少女小説とBLの狭間に誕生したレーベルなので、意外に資料がない。JUNEがらみで作品紹介をしてる人はいるんだけど。
ルビー文庫は少女小説とBLの狭間というより、むしろそこがBL文庫の起点というべきか。
ただ、今の時点から見ると、少年向けレーベル扱ってるところと少女向けレーベルところとBLレーベル扱ってるところの隙間に落っこちてる印象。

私がスニーカー文庫ピンク背と呼んでいるのは、こんな本。
久美沙織さんと花井愛子さんのは、正確には角川文庫青版ですね。
「キャットボーイ」はピンク背というよりピンクライン。 
スニーカー文庫ピンク背1

久美さんのは1988年の新青春フェアで出た本。スニーカー文庫創刊前ですが、一応その後スニーカー文庫のラインナップに入ったようです。カバーが変わったかどうかは不明。 
スニーカー文庫ピンク背2


2012.06.04(月)
◆[cook] トマトソース
トマト農家の親戚から巨大トマトが7個もやってきたので、トマトソースを作った。
片手で掴んでも手からはみ出す巨大トマトは大き過ぎて出荷出来なかった物と思われ。
ガッテン流に皮と種ごとミキサーにかけ、こし器をとおしてフライパンで煮詰めたら甘くて美味しいソースになった。

◆[book][url] ロマンス小説サイト
パレット文庫の新倉智子のことを調べていって見つけたロマンス小説紹介サイト。
シルエットロマンスって昔はサンリオから出てたんですね。ロマンス小説の新人賞もあった。

【Romantic waterdrop】

サンリオのニューロマンス出身の人がMOE文庫スイートハートに書いて(新倉智子、柳原一日、桐野夏生=野原野枝実)、そのあとパレット文庫→偕成社Kノベルスと流れたような感じ。
早見裕司さんによると、「MOE文庫が解散して、版権を偕成社に売却したあと、Kノベルズから新倉智子のシリーズの続きなどが出た…」とのこと。
Kノベルスは児童書扱いの新書ですね。偕成社文庫よりは対象年齢が上なのかな。

2012.06.03(日)
◆[cook] 塩かつお
昨日の夕食は、あさイチでやっていた塩カツオ。カツオを洗って、塩まぶして10分置いて、塩を洗い流す。
生臭みもなくなり、醤油なしでも美味しい。
マグロのサクで塩マグロというのも美味しいらしい。生ハムっぽくなるそうだ。

◆[cook] イチゴジャム
ご近所さんがイチゴ狩りに行ったとかで、3パック分ぐらいのイチゴをおすそ分けしてもらった。
小さいものは電子レンジでジャムにしようかと思う。

数年前まで夫の親戚が大量のイチゴを持ってきたが、そこがイチゴ農家をやめてしまってからはジャムもあまり作らなくなっていた。
実は、まだ昔作ったイチゴジャムが残っているのだよ。
しっかり砂糖を加えて作ってあるから、保存はできてて食べられるんだけど、色と風味は落ちている。新しいのとブレンドして食べるかねー

●購入本
Amazonで購入。

□[購入本][は]萩尾 望都『コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編』(河出書房新社 ,978-430927328-0),1470円,
萩尾 望都『コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編』
(河出書房新社  ,2012-05-25,1,470円, ISBN978-430927328-0)
amazonへ

4-309-27328-9 (ISBN4-309-27328-9)

□[購入本][か]菅 聡子ほか『〈少女マンガ〉ワンダーランド』(明治書院 ,978-462568612-2),1575円,
菅 聡子 , 武内 佳代 , ドラージ土屋 浩美『〈少女マンガ〉ワンダーランド』
(明治書院  ,2012-05-29,1,575円, ISBN978-462568612-2)
amazonへ

4625686121 (ISBN4-6256-8612-1)

□[購入本][ほ]本の雑誌編集部『新・匿名座談会』(本の雑誌社 ,978-493846395-3),1680円,
本の雑誌編集部『新・匿名座談会』
(本の雑誌社  ,2000-10,1,680円, ISBN978-493846395-3)
amazonへ

4-938463-95-4 (ISBN4-938463-95-4)


2012.06.02(土)
◆[book][mysite] ホワイトハート刊行チャート
[講談社X文庫ホワイトハート 著者別リスト]
[講談社X文庫ホワイトハート 作家別刊行チャート(1991-2010年)]

ホワイトハートは新人賞はあるけれど、作家育てる気はあまりなくて、売れなければ3冊未満でさようなら、年に一人でも「当たり」が出ればいいやみたいな編集方針が伺えますですな。しかもその編集方針が何年ごとかに変更されるので、あおりを食らってシリーズ物が途中で途切れたりとか。

1993年に一般恋愛物路線が消えて、新人賞募集。1997年に恋愛物新人賞がなくなってBL方向に寄せて、ついでに作家に別名義で出させたりとか。2000年ごろにまた方針変換あったみたいで(ファンタジー脱却?)シリーズ物が途切れたり。2005年に新人賞の方式が変わったり。

◆[book] 小学館パレット文庫
ホワイトハートのチェックが終わったので、ようやく小学館パレット文庫のチェックに入りました。パレット文庫は篠原千絵『還ってきた娘』ぐらいしか読んだことなくて、さっぱりイメージがわかないです。
初期には漫画家さんを小説に起用したり、漫画ノベライズが多かったレーベルという印象。小学館に小説のセクションがなかったそうで、 雑誌『Palette』の創刊は早かったのに、パレット文庫の創刊が1991年と遅いのはそのせいなのでしょうかね。

自分の日記を漁ってたら、パレット文庫創刊ラインナップ に書いた記事を発見。
[小学館パレット文庫:2004年 02月 上旬:Alisato's 本買い日誌

23:58
『創 1989年4月号』「10代少女たちの花井愛子と少女文庫人気」についての記事も発見。
これは図書館取り寄せだったので、コピーが取れなかったんですよね。コピー欲しい。 
[2004年 02月 上旬:Alisato's 本買い日誌]

◆[book][url] 1990年代創刊の少女向け文庫レーベルについて
Twitterでのやりとりをまとめました
【1990年代創刊の少女向け文庫レーベルについて - Togetter】

2012.06.01(金)
◆[zakki] 消えるボールペン
こすると摩擦熱でインクが消える便利なボールペンFRIXION BALLですが、宛名書きに使ってはいけないのですよね。
理由は熱せられると字が消えるから。熱いコーヒーの入ったカップを乗せただけで消えます…夏日に車のボンネットの上に置いたりしたら一発で消えるとおもいますです。

でも私FRIXION BALLでハガキ書いて切手も貼っちゃったんだけど……書きなおすのメンドイ。でも宛名だけでも書きなおすべきかしらん……。

摩擦熱で消えたFRIXION BALLの文字、冷凍庫に入れたら復活しないかしらとやってみたけど、家庭用冷蔵庫じゃダメっぽいです。でも中味の入ったコーヒーカップに押し付けて消えた文字は、カップから離すとすぐ復活します。何度もやってるとどんどん色が薄くなるけど。

◆[nico] 波音リツキレ音源
本当に凄かった。UTAUにも凄い音源出てきたね。