日記原稿 TODAY これは原稿です。整形済み日記をご覧ください。
1/2/3/4/5/6/7/8/ 9/10/11/12/


2012.10.31
◇[diary] 整体
リアル大型書店で四六判『翼の帰る処』購入。

●購入本

□[購入本][せ]妹尾 ゆふ子『翼の帰る処 (上)』(幻冬舎  ,978-434482634-2),1296円,
妹尾 ゆふ子『翼の帰る処 (上)』
(幻冬舎   ,2012.10.31,1,296円, ISBN978-434482634-2)
4-344-82634-5 (ISBN4-344-82634-5)

結構分厚い。文字も大きいのですがシニアな目にはこれぐらい大きい方がありがたいです。カバーもビラっと広げました。そしてお楽しみの書下ろし短編は……ルーギンのヴィダルサスーンこうげき! こうかはばつぐんだ!
……でしたw





□[購入本][せ]妹尾 ゆふ子『翼の帰る処 (下)』(幻冬舎  ,978-43448263-2),1,296円,
妹尾 ゆふ子『翼の帰る処 (下)』
(幻冬舎   ,2012.10.31,1,296円, ISBN978-43448263-2)
4344826353 (ISBN4-344-82635-3)

□[購入漫画]枢 やな『黒執事 15』(スクウェア・エニックス  ,978-475753766-8),607円,
枢 やな『黒執事 15』
(スクウェア・エニックス Gファンタジーコミックス,2012-10-27,607円, ISBN978-475753766-8)
4757537662 (ISBN4-7575-3766-2)

□[購入漫画]荒川 弘『銀の匙 5』(小学館 少年サンデーコミックス,978-409123886-3),453円,
荒川 弘『銀の匙 5』
(小学館 少年サンデーコミックス ,2012-10-18,453円, ISBN978-409123886-3)
4091238866 (ISBN4-09-123886-6)


2012.10.30
◇[diary] 明日は整体
明日は整体なので、リアル大型書店で本が買えますよっと。四六判『翼の帰る処』出てるかなぁ。あとは『銀の匙 5』と『黒執事』の新刊。あと何があったっけ。
「よちよち文藝部」も気になってたんだった。「同期生 「りぼん」が生んだ漫画家三人が語る45年」 (集英社新書)は、どうすっかね。Amazonの「この商品を買った人は……」はたまに眺めると楽しい。


2012.10.29
◇[diary] 寝違えた
おととい寝起きに首筋をいためてから調子が悪い。寒いせいもあるんだろうけど、だるいし、頭は回らんし、身体がうまく動かせないし。風呂って寝る。

◆[book] ジャンプノベルという雑誌
えーっ、ジャンプノベルって雑誌があったんだ!

【この世の全てはこともなし : ジャンプノベルの思い出 〜もう20年前の話です〜 】

2012.10.28
◇[diary] 風邪ひきそう
お昼にうどんを作ってたべたら、暑くて汗をかき、シャツが冷たくなって気持ち悪いので着替えた。洗濯物が増えた。温かいものを食べたのに、風邪引く可能性が高まるとか……。

◆[book] 祥伝社ノン・ノベルのデータ取得中
祥伝社ノン・ノベルのデータ取得中。通番8と10のデータが見つからない。
高橋泰邦『サドン・デス』と加堂秀三『緋の禊』のはずなんだけど、どっちが8なのかが分からない。NDLの登録番号の若い方を8にしたけど。

ノン・ノベルは装丁を変えるときに発行年月を変えるのか、書店データと図書館データで発行年の食い違うものが多数出てきて頭を抱える。幸い通番がついているので、それをもとに発行年月を特定。図書館データだと発行年までしか掲載されてなくて、発行月を特定できないのか悔しい。実物見るしか……。

平井和正、森村誠一、半村良は公式サイトや公式ファンサイトの書誌データ整備がすごくて、そこからデータを引き出せました。笹沢佐保は公式サイトはあるんだけど、書誌データ的にはイマイチ。電子本が買えるのは良いんだけど、もうちょういデータ整備も頑張って欲しい……。

ノン・ノベルは「長編本格推理書下ろし」「長編新伝奇小説」「本格痛快ミステリー」「長編歴史スペクタクル」等々、ジャンルだか惹句だか分からないものが、タイトルデータにくっついているのも面白いなと思います。ノベルズはこれがついてるものが多い。

ノベルズの背表紙のタイトルに「長編超伝奇小説」等が入っているので、目録作る人としてはルールとして入れざるを得ないんでしょうね。しかし「超伝奇小説」ってなんだろう。最近の菊地秀行作品などに入っているんですけど。ちなみに上遠野浩平のは「新伝記小説」

「長編本格推理書下ろし」のような文言は面白いので、タイトル欄からは除いて、別項目で残そうかな。

ノン・ノベルの菊地秀行、夢枕獏作品には以前から「長編超伝奇小説」ってついてたよーとのコメントをいただきました。そうなのかー。ネット書店のデータで調べているので、データ取る人(というか機関というか)によって、タイトル欄に入れたり入れなかったりするのかもしれませんね。

うーむ、実物チェックしたいのだけれど、うちの菊地秀行作品は箱詰めにされて積まれているので、どこにあるのか分からない……。箱詰めした本人も「覚えてない」と……。だったら、ラベルつけとけよーと思うわけですががが。

おお、1987年の魔王伝の頃から「長編超伝記小説」だとAmazonの書影から判明。

魔王伝―魔界都市ブルース (3) (ノン・ノベル) 菊地 秀行 


amazonへ



「超伝奇小説」は「ちょうでんきしょうせつ」ではなく「スーパーでんきしょうせつ」であることも判明。
祥伝社って無理やりなルビが多い気がする。「探偵(ターザン)はいま鉄板の上」「修羅(マフィア)の盃」「暴犬(あばれデカ)」「上海禁書(ノワール)」……無理だから、それ。

2012.10.27
◆[book] 探求本が見つかった
2chのログをつい読みふけってしまった。回答するひとたち凄いな〜。
【小説の題名・作者名がわからない★質問スレ2 | ログ速@ライトノベル 】

で、上記サイトに影響されてTwitterでずっと気になっているSF短編の題名についてつぶやいてみた。

1979年以前に文庫本に収録されていた短編SF。人物名はカタカナ。ある星に着陸した宇宙船、乗員が一人多くなる。同じ顔も知らない顔もいない。疑心暗鬼にかられる乗員たち。一人が光線銃で倒される。そいつが偽者だったのだ。安堵する乗員たち。だが、まだ一人多いというオチ。 海外作家だったと思うんだけど、立ち読みだったので定かではない。なんか小松左京にこんな短編あるらしいんだけど……。
小松左京『鏡の中の世界』(角川文庫,1978年)に収録されている「十一人」だという回答があり、後日図書館で読んでみたら、まさしくそれでした。 ずっと海外作家の作品だと思ってました。 2012.10.26 ◆[book] カドカワノベルズ の一覧 なんとかまとまったので、放出。 [カドカワノベルズ の一覧] いろいろ作りましたが、登場順の著者名リストが一番わかりやすいと思われ。 カドカワノベルズは1981年刊行でノベルズとしては後発。その後、講談社、中公も追随。森村誠一、赤川次郎の推理サスペンス物のほか、栗本薫、笠井潔、永井泰宇らの伝奇SF物を投入。永井豪の挿絵をつけるなど、ビジュアル面から若者にアピールする作戦もあったようです。 ただ、栗本薫、永井泰宇作品ともにノベルズの特色であるエロスとバイオレンス描写があって未成年向きとは言いがたい(でも読んでたと思う)。 1984年の富野由悠季『リーンの翼』藤川桂介『宇宙皇子』の登場――正確には文庫化からの流入で若い読者が増えたのではなかと思われる。 『宇宙皇子』の文庫化は1986年1月。『魔界水滸伝』の文庫化が1986年9月。角川文庫のファンタジーフェアと同時期ですね。ただ、1986年のファンタジーフェアのラインナップには『宇宙皇子』も『魔界水滸伝』も入っていない。 [初期角川スニーカー文庫に関する年表] カドカワノベルズが休刊するまで、角川スニーカー文庫(と前身の青版)とは関係はありそうに見えて、実はあんまりなくて、カドカワノベルズからスニーカー文庫になったのは1986年の『リーンの翼』のみ。あとは1997年6月に高千穂遙『神拳李酔竜』がスニーカーに入ったぐらい。 カドカワノベルズは1997年1月刊行分で休刊しますが、これは1997年4月にハルキ文庫が創刊されて、主要な作家作品がそちらに移動したからのようです。 [カドカワノベルズ 刊行順リスト2] で、『ザ・スニーカー』って雑誌がありましたよね。あれ、1997年まではスニーカー文庫の母体じゃなかったのです。どういう意味かというと、『ザ・スニーカー』で連載した作品はスニーカー文庫には入らなかったということです。なんだ、そりゃ?、と思うでしょ。私もびっくりした。 『ザ・スニーカー』に連載された作品のほとんどは、スニーカー文庫には入らず、新書ハードカバーにまとめられました。具体的には前田珠子「堕神綺譚」、栗本薫「緑の戦士」、花田一二六の短篇集などです。 第一回スニーカー大賞金賞を受賞した冲方丁、七尾あきらの作品が新書ハードカバーで刊行されたのも、そういう流れのせいらしい。今でも新古書店でよく見かけるので、新書ハードカバーはそれなりに売れたようですが、ベテラン作家ならともかく新人作品をいきなりハードカバーってのは……ねぇ……。 電撃でも「クリス・クロス」「ブラックロッド」が新書ハードカバーで出てます。 電撃の『クリス・クロス―混沌の魔王』は1994年11月刊行。角川の新書ハードカバーより前。これは売れたのかも。『ブラックロッド』が1996年1月。ほかに競作集の『ドラゴン殺し』、荒俣宏『魔書アントライオン 』、飛火野耀『神様が降りてくる夏』 など。 電撃がいきなり『クリス・クロス』を新書ハードカバーで出した理由は不明ですが、有川浩作品をみてるとメディアワークスはハードカバー単行本でベストセラーを出すのが悲願だったみたいに思えます。昔は文庫だとどれだけ売れてもベストセラーにカウントされなかったですしね。 『ザ・スニーカー』1993年の掲載作品は、スニーカー文庫で刊行された作品の外伝が多い。神坂一『闇の運命を背負う者』は『ザ・スニーカー』連載でスニーカー文庫で刊行されている。1996年10月刊行。 あと、カドカワファンタジーについて。1991年10月にカドカワノベルズ内にできたレーベル内レーベル。『オーラバトラー戦記』や『宇宙皇子 妖夢編』『巡検使カルナー』などはシリーズの途中でいきなりカドカワファンタジーへ。角川ではよくあることw カドカワノベルズの背のマークが四角い枠に鳳凰なのに対し、カドカワファンタジーはマークが丸枠に鳳凰。ほかにカドカワノベルズの装丁の特長だった赤い帯がなかったり。 『巡検使カルナー』には重版の際にカバー装丁が変わったものもある。角川ではよくあること。 togetterでもまとめました。 [カドカワノベルズとザ・スニーカー - Togetterまとめ] 2012.10.24 ◇[diary] グリーンカーテン撤去 ようやくゴーヤのグリーンカーテンその2を撤去。 午前中マスクなしでちょっと外にいただけで、クシャミが止まらなくなったので、薬飲んでマスクして帽子かぶって完全防備で作業。枯れた葉が粉になって降ってきたので、完全防備で正解だった。 ◆[soft] ブルーレイディスクプレイヤー 家人がブルーレイディスクプレイヤーDMR-BWT520を突然買ってきた。2台目。 今あるのだけじゃ録画しきれないからだそうな。自分のお金でやってることなので勝手にさせる。他にも機器がいろいろあるので接続が凄いことに。セレクターやリモコンがいっぱいあって、わけわからん。 2012.10.23 ◆[book] ノベルズと劇画 今はカドカワノベルズをチェックしているのですが、ふとノベルスと劇画との関連性みたいなのは誰か研究してるのかなと、検索してみるなど。 羽山信樹、船戸与一、矢作俊彦は劇画原作者だったり劇画描いてたり。 山森宙史「「コミックス」としてのマンガの誕生 1960−70年代における劇画を取り巻く出版状況の変容から」というちょっと面白そうな論文PDF発見。 [研究発表論文集(2011年度秋季): 日本マス・コミュニケーション学会「研究発表論文集」]内 2011秋マスコミ学会研究発表論文(山森宙史).pdf 日本マス・コミュニケーション学会のサイトには、他に「日本のアニメ作品における妖怪文化の影響について(謝)」とか「1970年代の雑誌『明星』における「ヤング」読者共同体の形成ー読者ページ「ハローキャンパス」の事例分析からー(田島)」なんて論文も。 [研究発表論文集(2012年度春季): 日本マス・コミュニケーション学会「研究発表論文集」] ◆[book] 『ザ・スニーカー』 ザ・スニーカー1995年10/5号を見ていたら、小説コンテスト第11回の佳作に上遠野浩平の名前を発見。他には斎木晴子や梅津裕一の名前も。誌上トライアルにはさくまゆうこ、谷山由紀の名前あり。 1996年ごろの『ザ・スニーカー』の紙面を見てて思ったのは、なんか『Cobalt』っぽいでした。93年ごろはアニメ雑誌っぽいんですが、イラストレーターが変わったせいなのかな。第四回スニーカー大賞からは、コバルトと同じく読者賞を作ったみたいですが、これは男子向けとしては多分失敗。 2012.10.19 ◆[book] 電撃文庫 作家別刊行チャート できたものは放出。 [電撃文庫 作家別刊行チャート 期間1(1993-2006年)] やってることは猪鹿亭の表とほぼ同じですが。 【電撃文庫グループ別年間刊行点数(猪鹿亭)】 電撃文庫に動きがあったのは1997年(電撃G's文庫創刊)、2003年(電撃hp、「ライトノベル25年史」発表)、2006年(GA文庫、HD文庫創刊)ぐらいかな。 ブギーポップは1998年ですが、1997年の編集部の方針変更みたいなのがなければ、受賞しなかった……かも? 「ブギーポップは、ファンタジア長編大賞で最終選考で落とされています。 」 という話があるので、ギャルゲノベライズ専門の電撃G's文庫の創刊というのはなんか関係あるかもですね。「これからは学園モノが来る!」と思ったとかなんとか。 いや、1997年〜1998年ごろの富士見ファンタジア文庫の傾向がどうだったかってのは、まだ調べてないんですけどw んー、ブギーポップが出たのが1998年2月だから、受賞したのは1997年か。 選評ってどっかに掲載されたんですかね。富士見ファンタジアで最終まで行ったのは1996年か1997年前半? こっちは『ドラゴンマガジン』探せばでてくる? 2012.10.18 ◇[diary] 農機具処分 昨日整体で身体をほぐしてもらったはずなのに、寒さのせいかすぐゴチゴチに。頭も重いし。気圧よりも気温差が堪える。 今日は、田植え機、コンバイン、乾燥機その他の稲作用農機具を業者にまとめて引き取ってもらった。無料。トラックで3往復とか結構な手間だと思うけど、海外に売ればそれでもペイするのかな。 2012.10.17 ◇[diary] 整体 シュタゲの小説本とSAOを買った。 ●購入本 □[購入本][か]川原 礫『ソードアート・オンライン プログレッシブ 1』(電撃文庫,978-404886977-5),745円, 川原 礫『ソードアート・オンライン プログレッシブ 1』 (アスキー・メディアワークス 電撃文庫 ,2012.10.10,745円, ISBN978-404886977-5) 4048869779 (ISBN4-04-886977-9) □[購入本][か]海羽 超史郎『STEINS;GATE 比翼連理のアンダーリン 2』(富士見ドラゴンブック ,978-482914667-5),756円, 海羽 超史郎『STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン 2』 (富士見ドラゴンブック ,2012-04-20,756円, ISBN978-482914667-5) 4829146672 (ISBN4-8291-4667-2) □[購入本][か]海羽 超史郎『STEINS;GATE 比翼連理のアンダーリン 3』(富士見ドラゴンブック ,978-482914684-2),756円, 海羽 超史郎『STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリ 3』 (富士見ドラゴンブック ,2012-08-18,756円, ISBN978-482914684-2) 4829146842 (ISBN4-8291-4684-2) 2012.10.15 ◇[diary] 歯のクリーニング 歯医者で歯の検診とクリーニング終わり。いつもどおり。加齢で歯茎が下がってきてるから、歯を磨くときはあんまりゴシゴシやらないようにね、時間掛けて磨くんだよと念を押された。 2012.10.14 ◆[book] 1998年ごろの電撃文庫とかニフティサーブとか 電撃文庫のリストを整形しつつ、ブギーポップシリーズを最初に読んだときの日記を読み返してみたり。1998年の11月だから『ブギーポップ・リターンズ VSイマジネーター』のネットや書評での評価が出揃った時期。大きい本屋に探しにいったんだけどレーベルをソノラマ文庫だと思い込んでいた。 1998年ごろはソノラマ文庫大賞がまだあって、ソノラマ文庫はそれなりに元気で、電撃文庫はまだ主婦の友社の発売でノベライズと海外物翻訳が混ざったカオスなラインナップのマイナーレーベルだった……ような気がする。ネットの書評サイトなどで、目立ってきたのは1999年以降かな。 「ライトノベル」という言葉がパソコン通信のニフティサーブの外でも使われるようになったのと、電撃文庫の台頭はほぼ同時期……といえるかも。 関連はないと思う。ただ、同時期なだけ。 「ライトノベル」という名称は、もともとはパソコン通信のニフティサーブのSFとファンタジーの話題を扱うFSFというフォーラムの中でのみ使われていた「方言」なんですよ。ミステリーの話題を扱うフォーラムではそういう呼び方はしていなかったはず。 大手パソコン通信には、ニフティサーブの他にPC-VANやAsahiネット(だっけ?)などなどもあって、そこでもSFやファンタジーの話はされていたけれど、ソノラマ文庫などなどを「ライトノベル」とは呼んでいなかった……はず。 大森 望/豊崎 由美『文学賞メッタ斬り!』のROUND8で大森望さんが「そもそもライトノベルって言葉は、ニフティ方言」(単行本のp.213)といってます。 「ライトノベル」って言葉は1990年ごろからあったのに、なんで2000年ごろまで広まらなかったの?、って疑問を持っている人をみかけたけれど、有料のパソコン通信の一部のグループ内でしか通用しない「方言」だったからというのがその理由。インターネットになってから、「方言」が広まった。 1994年に「ライトノベル」という語を使用していた大原まり子さんはニフティ育ちですね。『ネットワーカーへの道』を読むと、大原さんをニフティに引きずり込んだのは風見潤さんと三月布由子=妹尾ゆふ子さんだったようです。 ニフティサーブのSFフォーラムはプロの作家やライターが多かったし長く残っていたせいか言及されることが多いけど、PC-VANとかはほとんど話題にならないですね。日経mix(mixiに非ず)なんて「廃人」と呼ばれる人たちもいたのに、あの人たちは何処へ? Facebook? ニフティサーブがインターネット接続サービスを始めたのは1996年。まだあまりメジャーではなく、会員はパソコン通信にとどまり続けた。私がインターネットに接続したのは1997年3月だけど、ニフティで繋げようとしてうまくいかず、市内にアクセスポイントのあったBIGLOBEを利用。 まだインターネットに接続していなかった1997年2月の私がどこにいたのかというと、@niftyのシレンパティオだ。(mixiのコミュニティみたいなもんを想像してください。会員制サイト内にある管理人のいる掲示板) 風来のシレンファンが集まる掲示板。 1997年7月に「NIFTY SERVE インターウェイ」が提供されたり、12月に「ホームページ開設サービス」が開始されたりして、このあたりでニフティからどっとインターネットに人が流れでてきた感じ。大原まり子さんはすごく早くに「ホームページ」を開いていたはず。 大原まり子さんのサイト開設って、1995年6月22日かぁ。 【大原まり子の『アクアプラネット』】 1998年の自分の日記を読み返しつつ、この頃には2chもAmazonもGoogleも存在しなかったことを思い出すなど。Books or.jpはあったけど、絶版になった本の情報は載ってないから古い本の書誌情報を探すのは、すごくすごくすごく大変だったのも思い出した。 「2ちゃんねる」すらまだなかった。 Wikipediaの「2ちゃんねるの歴史」によると「2ちゃんねるは、1999年5月30日にひろゆき(西村博之)を名乗るネットユーザーの個人サイトとして開設された。」だそうです。匿名掲示板として「あめぞう」があったので、もっと前からあった気がしますが、1999年だったのか……。 2012.10.12 ◆[book] 作業状況 少女小説系チェックは、ルビー文庫を終わらせたので(これをやらないと、ティーンズルビー文庫に入れない)1999年創刊のティーンズルビー文庫とウィングス文庫に手を付けられる状態なのだけど、その前に少年系やノベルズをどうしようか考え中。 カドカワノベルズとトクマ・ノベルズをざっと集めた。細かいチェックはまだ。全部を公開するかどうかは考え中。ラノベ系の人だけのリストにするか。 ファンタジーの杜のDBから電撃文庫のデータを取得整形中。川原礫以外読んでないので、ISBNの桁数が増えた2007年以降は切り捨て。 平井和正、栗本薫、夢枕獏、菊地秀行、田中芳樹はノベルズ初版の本を出しているから、結局ノベルズも掘ることになるのだ。レーベル内での位置づけを知りたいとなると、全部レーベル全部を漁らねばならん……。カッパ・ノベルスはリストがあったし、講談社ノベルズも非売品だけど全点目録があるそうな。 カドカワノベルズとNONノベルは巻末に載ってる創刊の言葉などから創刊時期がわかるけど、トクマノベルズの創刊時期がよくわからん。データは一応1974年からあるみたいだけど。 2012.10.10 ◇[diary] 図書館へ 整体のはずだったけど、電車が動かないので、一週間先に伸ばしてもらって、図書館に行くことに。 急に思い立ったので、調査資料を持ってなくて、うろ覚えで検索することに。ケータイで自分のサイトを見ればいいんだけど、こういうときに限って充電を忘れて電池切れ寸前だったり……。 案の定調査項目が漏れてたけど、新刊雑誌をチェックできたのでよしとするか。SFマガジンの背表紙がオシャレになってて驚いた。いつの間にあんなオサレ文芸誌なデザインに……。最後に買ったのは初音ミク特集のときだから一年前か。もっとも中身は前とおんなじだったけど。 帰りに『裏切りの盃を干して 上』とアレクシア女史の5巻目を買った。『光圀伝』は迷ったが、『屍者の帝国』を積んだままなので諦めた。早く読まないとなー。 ●購入本 □[購入本][こ]駒崎 優『裏切りの杯を干して 上』(C・NOVELSファンタジア,978-412501218-6),972円, 駒崎 優『裏切りの杯を干して 上 - バンダル・アード=ケナード』 (中央公論新社 C・NOVELSファンタジア,2012-09-24,972円, ISBN978-412501218-6) 4125012180 (ISBN4-125-01218-0) □[購入本]{キ}ゲイル・キャリガー『アレクシア女史、埃及(エジプト)で木乃伊(ミイラ)と踊る』(ハヤカワ文庫FT ,978-415020548-5),929円, ゲイル・キャリガー/川野 靖子訳『アレクシア女史、埃及(エジプト)で木乃伊(ミイラ)と踊る (英国パラソル奇譚)』 (早川書房 ハヤカワ文庫FT,2012-09-20,929円, ISBN978-415020548-5) 4150205485 (ISBN4-150-20548-5) 2012.10.08(月) ◆[book] ファンタジーの森とルビー文庫 できたものから放出。 [ファンタジーの森刊行チャート&リスト] [角川ルビー文庫刊行チャート 1990〜2006年] 角川ルビー文庫で2000年以前に登場した人は秋月こしか残ってないようです。フジミは無事完結したようで、おめでとうございます。タクミくんシリーズの最新作は単行本ですね。彩雲国といい、長期シリーズは単行本で出すことにしたのだろうか……。ファンが歳食ってるからそれもひとつの手。 フジミは第6部の『華麗なる復讐』で止まってるんですが、そこから何冊でてるんでしたっけ。19冊? うーん……。第6部飛ばしちゃったらダメかしらん。どうせぐるぐるしてるだけじゃないのか。 フジミ、初期には二人を死なせる気満々で不吉な伏線がはってありましたが、途中からその路線はなくなったそうなので、安心して続きが読めそうです。ぼちぼち続きを集めることにします。 某BL作家さんのデビュー作を調べようと検索かけたら、「○○先生は母が好きで、うちにあるのはほとんど母の蔵書」うんぬんなBLOGがひっかかるなど。いや、驚くことじゃないんですけどね、私のネットの知人でもこういう人いるし。 BL小説って意外に古びないのか、10年経っても再刊されるし、新しい読者がつくし、世代格差もなく親子で楽しんだりもするんですな。うーむ。 2012.10.07 ◇[diary] あたまいたい 気温の変化が激しいせいか、自律神経の調子がおかしい。微妙にあたまいたい。季節の変わり目だからなぁ。 2012.10.05 ◆[book] ザ・スニーカー小説コンテスト 書庫から掘り出してきた『The SNEAKER '93 Autumn」をチェック。 花田一三六が出た「ザ・スニーカー小説コンテスト」って毎号募集ポイント制システムだったのね。金賞5点、銀賞2点、銅賞1点、10点集めて、おもちゃの缶詰プレゼントならぬ雑誌掲載。 「ザ・スニーカー小説コンテスト第二回」を見ると、金賞花田一三六、銀賞谷山由紀、佳作に賀東招二の名前が。第五回には銀賞梅津裕一。ほかにもいそうだけど、ペンネーム変えられちゃうと分からないね。 昔の小説コンテストの応募者の名前の中にデビューした作家の名前を探すのはマニアの楽しみ。やってる人は結構いそう。 2012.10.04 ◆[book] 講談社ノベルスの創刊 講談社ノベルスの創刊は1982年5月だそうな。 ◆[book] 『出版データブック 改訂版』拾い読み 『出版データブック 改訂版』拾い読み中。 1971年の講談社文庫の創刊で4大文庫(岩波、新潮、角川、講談社)へ。1973年に第三次文庫ブーム到来。ちなみに第一次は昭和初期の岩波文庫誕生後、第二次は昭和26年ごろだそうな。 眺めていると、50年前でもやってることはあまり変わらないじゃんという気分になります。 1959年ごろにはソノシート付き雑誌なんてのがありました。朝日ソノラマが出してたです。今のディアゴスティーニのアレみたいな感じで売れてたんだろうなーと思ったり。 ◇[diary] ミキサー購入 実家からもってきたミキサー(東芝1983年製)のカッターの刃がぼろぼろになった(氷入れたのが悪かった)ので、新しいミキサーを買った。テスコムのジュースミキサー TM836。前のよりちょっと小ぶりで軽くて使いやすい。 2012.10.01 ◆[book] カドカワ銀のさじシリーズ カドカワファンタジーを探しにいって、「カドカワ銀のさじシリーズ」というのにひっかかってしまった。 『レッドデーターガール』とかがそれか。寮美千子、村山早紀はわかるけど、西魚リツコ、篠原美季、喜多みどりに山本弘とか。 YA枠をきちんと構築しようという試み? 銀のさじシリーズについて-銀のさじ公式サイト|角川書店|KADOKAWA 公式サイトの説明によれば、大人から子どもまでを対象にしたファンタジーのシリーズか。 ◆[book] カドカワファンタジーとカドカワノベルズの調査 「カドカワファンタジー」はAmazonでレーベル名で拾おうとしてもノイズ多すぎてダメですね。ちゃんとリスト作ったほうがよさげ。ルビー文庫もなんとかせねばならないのですががが。 「カドカワファンタジー」は1996年10月までのようです。 1994年以降はシリーズ物以外は神月摩由璃と飛天が一冊づつ。角川ノベルズも1997年1月で消滅。 カドカワノベルスはハルキ色の強いレーベルだったので、新体制の角川書店で消滅していくのは仕方ないことなのかなーと。コンプRPGなども1996年頃消えてます。SFもファンタジーもどんどん元気なくなっていく時期でしたし。かわりにミステリを中心に据えた講談社ノベルスが台頭してきたようで。 カドカワノベルズ創刊は1981年11月らしいです。巻末に発刊の言葉が載ってます。他のノベルスにもそういうのないかなーと思ったんですが、トクマノベルスにはなかったです。ノンノベルの創刊は1973年2月のようです。1冊目は半村良『黄金伝説』らしい。 ◇[diary] 台風とトラクターと 突風で納屋のトタン屋根の一部がはがれてバタバタいっていたので、ブロックを載せて釘打って応急処置。ブロックごと飛ぶような強風なら諦めるしか。 応急処置したトタン屋根は台風でも飛ばなかったが、ゴーヤのグリーンカーテンを吊るしていたロープが切れた。新しいロープつけて、なんとか引き上げ完了。重かった。10月だけど日差しがまだ強いので、ゴーヤカーテンにはもうちょっと頑張ってもらう。 新品のトラクター買った人からお古のトラクターを安く譲ってもらって、うちにあるトラクターは農業機械屋さんに引き取ってもらった。引き取られたトラクターは整備された後、中古品として売られるらしい。 ◆[book] ノン・ノベルの調査 菊地秀行のノベルスを探しているんだけど見つからない。 私の蔵書ではなく、家人の蔵書で、家人は本を処分しないひとなので、間違いなく家のどっかにあるはずなんだが……。 あの積んであるAmazonの箱の中なのか?? ラベルぐらい貼っとけよ。もう寝てしまっているので、明日聞いてみる。 平井和正作品も探しているんだが、月光魔術団とか地球樹の女神とかしかみつからない。ウルフガイDNAもあったのには驚いた。買ってないと思ったから、電子書籍で読もうかと思ってたのに。それはともかく、ウルフガイはどこだ? もしかして、ないの?  作品そのものではなくて、ノベルズの装幀や巻末データなどなどがどうなっているのかが知りたいので、電子版ではだめなのだよ。 ノンノベルの古いのがいつから出ていたかとか、巻末の既刊案内がどうなっているかが見たいんですよ。『魔王伝』とか。 と、ツイートしていたら、平井和正ファンサイトを教えていただきました。 【ヒライストライブラリー】 ノン・ノベル版の情報はここから辿りました。 なんでノンノベルを探していたかというと、昨日皆川ゆさんの「ノベルスと文庫は交互にブームになっている」というツイートを読んで、そういえばノンノベルっていつからあるんだろうと、気になったからなのです。 で、平井和正『狼男だよ』が1974年8月刊行でN-19、『人狼白書』が1976年12月刊行でN-54なので、年に12冊刊行ぐらいのペース? 昔は自転車操業で回さなくてもよかったということなのかな。 年に12点刊行というのは、レーベルの刊行点数の話。そういえば、昔は既刊がずっと本屋の棚に並んでましたもんね。 2012.09.30 ◆[book] 『LOGOUT』『ウォーロック』目次 『LOGOUT』リスト ……アスペクトから刊行されていた雑誌『LOGOUT』の目次一覧 『ウォーロック』目次総覧 ◆[book] 1995年以降のノベルズの創刊ブーム 今は1995年以降創刊のレーベルをチェックしているのですが、1994年に創刊されたラノベ系レーベルはないようで、1995年5月にWANI Heroesというゲームノベライズ新書が出てます。ラインナップに皆川ゆか『ストリートファイター2 キャミィヒストリー 1』なんてのが。 1995年には他にフタバファンタジー、ASUKAノベルズにノベライズ中心の徳間AM文庫。 1996年にVictor Novels、 ノベライズのENIX GAME OVELS、ガンマ文庫、ファミ通ゲーム文庫、ニュータイプノベルズ。あ、1994年にマガジンノベルスってのがあった。 どうも1993年のラノベ文庫創刊ラッシュ後、オリジナルのラノベは振るわず、でもノベライズで新書だったらイケるんじゃね?と業界の人に思わせた何かがあったらしいんですけど……んー、JUMP j BOOKSかなぁ? たしかに 『ジハード』と村山由佳は売れったぽいですけど。 『ブラックロッド』は最初新書サイズのハードカバーでしたよね。1996年1月刊行。冲方丁『黒い季節』もそう。1996年6月刊行。うーん、何があったんだろう? 中小レーベルが乱立してるんだから、いつもの「柳の下のドジョウ」戦法で、どこかで最初にヒットしたところはあったはずなんですけどね。どこだろう。 と、Twitterで呟いていたら、新書ノベライズの牽引役はエロゲのノベライズじゃないのというツッコミが。ああ、なるほど。 1994年にワニブックスのCaRROT NOVELS創刊。2001年まで続いてますね。売れてたっぽい。 ラノベの館 《 ジュブナイルポルノの部屋:ワニブックス/CaRROT NOVELS 》 んで、名前が出てきたパラダイムノベル。1996年8月から? 清水マリコがいます。 ラノベの館 《 ジュブナイルポルノの部屋:パラダイム/パラダイムノベルス 》 そして、皆川ゆかさんから貴重な証言が。 なるほど、作品の内容だけじゃなくて、書店や流通の問題もあるんですね。棚確保は重要。 ●購入本 志賀公江『木曜日のベラミ 』- eBookJapan 志賀公江『桜咲いたか男はまだかいな』 - eBookJapan 2012.09.17 ◆[book] ライトノベルの表紙デザイン Twitterでスニーカー文庫やファンタジア文庫などのライトノベルの表紙デザインについての話題が出たので、Togetterでまとめました。 大陸書房ネオファンタジー文庫のデザインは、ファンタジア文庫を真似ているんじゃないか……とか。 ライトノベルの表紙デザイン - Togetterまとめ 2012.09.20 ◆[zakki] 1980-84年の私 大昔のノートをひっくり返しつつ、個人的読書メモを入力中。活字の本ばかりで、漫画の記録がないのが残念ですが、まあ、ないものは仕方ないね。 資料をひっくり返しているうちに、ちょっと思い出してきたことなどを備忘録的にまとめました。 1984年のワタクシは、ハヤカワ文庫FTにハマりつつ栗本薫と野阿梓と吸血鬼ハンター”D”に出会ったようです。都筑道夫に出会ったのは多分その前の年だと思うんだけど、これ以上遡ると精神的にダメージのあるものが発掘されるので保留。 ポエムとかかまさずに読書記録だけつけとけよ>過去の自分 1980年〜1984年の私 2012.09.21 ◇[diary] 特撮博物館 東京都現代美術館の「特撮博物館」いってきました。 平日なのに結構な人出。いいトシの大人ばっかり。音声ガイドにしたがって回って4時間かかりました。面白かったー。 特撮博物館、皆さんのレポート・アドバイスをもとに、カメラ、前売り券持参、腹ごしらえ後、4時間以上の見学時間を予定して音声ガイドを借りてじっくり見て回ったので、とても楽しめました。平日でも結構な人だったので、土日は前売り券必須だと思います。 大変参考になったBLOG。 特撮博物館が超すごかったので、おすすめと注意点という観覧ガイド:[mi]みたいもん! 館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技|東京都現代美術館 2012.09.22 ◇[diary] 靴ずれ 特撮博物館にサンダル履いて行ったら、歩き過ぎて擦れちゃって甲に水ぶくれが。ワセリン塗ってラップしといたら、ずいぶん良くなった。一種の湿潤療法? 保湿って大事ね。何にでもオロナミン軟膏を塗っちゃうというのは、結構正しかったのか。 2012.09.23 ◆[game] 久々にモンハン 涼しかったせいか、昼間爆睡してしまったので、眠くない。クック先生が連続ツイートしてるの見たら、ひさびさにモンハンしたくなった。ちょっとレイアさん狩ってくる。操作忘れちゃったなー。 久々にモンハン3rd中。すっかり忘れているので、レイアさんに毒らされたり、下位の雷狼の落雷浴びたり散々です。上位防具だから乙らないけど。炭鉱夫が楽しかったので、掘ってきまーす。 ◇[diary] 誕生日の花束 誕生日には少し早いけど、家人からお祝いに花束もらった。 そういうところは、昔からマメ。 * 2012.09.26 ◇[diary] 整体&劇場版タイバニ 整体行ってから、劇場版タイバニ。 ●購入本 「テルマエロマエ 5」、「魔法使いの心友」、「Zyklus;CODE」購入。 ◆[movie] 『劇場版TIGER & BUNNY The Beginning』 前半はTV版1話2話のダイジェスト、後半は新エピソード。 バニーちゃんはデレず、折紙先輩は根暗。でも海外でのプロモーションも念頭にいれての構成らしいので、それなら納得できる感じ。 初見の人も楽しめるんじゃないでしょうか。熱心なファンならOPだけで、もえるんじゃね? 主役の二人以外のヒーローたちの変身シーン(?)もしっかり描かれていたのが良かったです。青薔薇ちゃんの髪の毛はプリキュアみたいだった。TV版を最後まで見たひとと初見のひとでは、脇役に対する感想が違うんだろうなーと思いました。特に斉藤さんとアニエスさん。 声の小さいサイトーさんはヒーロースーツのメンテナンスを通してヒーロー二人の活動を一番よく知ることができる人だっていうのが、劇場版ではちゃんと描かれているんだよね。でもそれってTV版を最終回まで見てたからこそ分かることなんだろうなと思ったり。 2012.09.27 ◆[book][url] 大陸書房『ネオファンタジー』の目次情報 「ネオファンタジー」一覧 大陸書房『ネオファンタジー』の目次情報。素晴らしい! ちなみに「ネオファンタジー」一覧 を載せている人のwikiで作られている現在のサイトは成人コミック情報メイン(画像あり)なので、苦手な人は避けるがよろし。 ◆[book] C★NOVELS ファンタジア リスト作業がついに念願のC★NOVELS ファンタジアまでたどり着いたのです。 C★NOVELS ファンタジア作家別刊行チャート (1991-2011年) 最初は大陸ノベルズ路線を踏襲。1999年に中央公論新社になってしばらくは静かで、初期のものは絶版、2003年あたりから再起動で、2005年に賞を新設して新人推しで今に至るみたいな……。 C★NOVELSファンタジアは、創刊後から今に至るまで、茅田砂胡が屋台骨を支えてるって感じですが。刊行された384点のうちの60点が茅田砂胡作品。 第2回C★NOVELS大賞 受賞作発表&経過報告 - C★NOVELSドットコム C★NOVELS大賞は選考結果をネットで公開していて、メフィスト賞なみにぶっちゃけた選評が楽しい。 投稿時とデビュー時のペンネームの違いなど見ていると、かなりきちんと面倒みてくれる編集部の印象。 2012.09.02 ◇[diary] 乾パンの食べ方 賞味期限がきた乾パンを食べる。 いろいろ試したけど、乾パンはマヨネーズつけて食べるのが一番美味しいと思った。 懲りたので、今の非常用食品は、賞味期限5年のビスコ缶とリッツクラッカー缶。長期保存可能な羊羹もほしいところです。 2012.09.03 ◇[diary] じんましんとかカロリーオフ飲料とか じんましんが出てきたのに、レスタミンが残り少ない。買い置きがない。きゃー。 まあ、市販薬なので、薬屋に走ってけばなんとかなるし、バッグに常備してる分でなんとかなるけど……。寝不足の状態でアレルギー的にアブナイ物(今回は多分ピーナッツバター)を食べるとてきめんに出ますな。 8月にはちみつレモンを飲み過ぎて太ったので(1本で200kcalあるんだよー。それを1日3本飲んだらそりゃ太る)ダイエット中なのだ。 で、カロリーオフの飲み物を探して飲んでみてるんだけど……甘味料+炭酸のものはどうも合わないらしい。飲むとちょっと気持ち悪くなる……。 炭酸そのものは平気なタチなので、やぱり砂糖以外の甘味料のせいだと思うんだよなー。一番ダメだったのはコカ・コーラゼロで飲みきれなくて捨てた。アスパルテームとアセスルファムKとスクラロースか……。 サッポロ ソルティ・バブルス〜ライム〜は平気だった。というか美味しかったが、近くのスーパーでは売ってないのが残念だ。 どうやら加糖ブドウ糖液糖を使っているようです。Amazonのグレープフルーツ味のほうにレビューがありました。やっぱり人工甘味料の後味が苦手な人っているのね。   今飲んでる別のメーカーのは、やっぱり微妙……。これもアセスルファムKとスクラロースが入ってる。 結局変な甘みのついた清涼飲料水などを飲まずに、水か麦茶か烏龍茶飲んでで、甘いのが欲しかったら砂糖入れたものを少しだけ取れってことですよな。 ◇[diary] 一声かけること Twitterで、「どうして今の人は一声かけて電車を降りないで無言で押してくるのか」と書いている人がいた。 電車とかで他人にすこしだけ詰めてもらいたいときには一言「すみませーん、おりまーす」と声をかければ、楽に動けるようになる……というのを若い人は多分知らないし出来ないからだと思う。 だって、知らない人に声かけちゃいけない(誘拐されるから)って教えられて育ってきてるから。 多少クサくても、(ライクハックを教える意味で)「勇気を出して話しかけてみて良かったです」的なつぶやきは表に出したほうがいいのかもですな。 いや、「そうか、○○すればよかったのか」の方が、クサくなくて効果的か。 ◆[book] スニーカー文庫とファンタジア文庫の作家別刊行チャート 作ったものは放出。 1995年までのスニーカー文庫とファンタジア文庫の作家別刊行チャート: 角川スニーカー文庫(1986-1995年登場) 富士見ファンタジア文庫(1988-1995年登場) 電撃文庫はまだ調べてません。角川分裂のあたりは本当にややこしいので、年表。 初期角川スニーカー文庫に関する年表 社長が一緒の角川、富士見、電撃で同じような路線の雑誌が出るようになる、いう妙なことに……。社員はたまらんですよね。 『ロードス島』がものすごく売れたというのはともかく、それ以外のソード・ワールド・ノベルやコクーンワールド、ルナル・サーガ、妖魔夜行あたりのTRPG小説の位置づけがどういうものなのか、よくわからんとです。 TRPG小説の巻数の出た数からして、レーベルをある程度支えていただろうというのは想像できるんですが。複数作家を投入できるシェアード・ワールド・ノベルの形式は作家と出版社両方にメリットのある方法だったのだろうと思います。 2012.09.05 ◆[book] 同姓同名問題 ティーンズハートの作家さんのネットでプロフィールを調べているのですが、読みやすい苗字+ひらがなの名前はアダルト系女優さんの名前とかぶっちゃって、検索結果がなんかすごいことに。同姓同名問題はほんとめんどくさいですね。 で、コバルトピンキーに書いていた水谷優子さんもそのケースだと思って、同姓同名の声優さんをスルーしてたら、実はご本人だった件。つまり『声優シンデレラ』を書いたのは声優の水谷優子さんだった。 そして『恋愛小説は終わらない』 (講談社X文庫―ホワイトハート) の作者の水島裕子さんも女優さんご本人でありました。あちこち検証資料を探しまわったら、Amazonの商品の紹介に「女優・水島裕子が描くスキャンダラスな恋愛。 」と書いてあったというオチw 2012.09.06 ◆[book] 少女向けソノラマ文庫 ソノラマ文庫には、吉田とし作品以外にも富島健夫『青空に虹が』(イラスト:樹村みのり)、武田武彦『マンガ研究生』(イラスト:ささやななえ)、などのようにコバルト文庫っぽい少女向け作品があったらしい。背もピンク。 青空に虹が - 富島健夫作品 読書ノート 〜ふみの実験記録 ソノラマ文庫の遍路道 詳細が分かった経緯は、Togetterでまとめました。 初期ソノラマ文庫の少女向け作品 - Togetterまとめ 2012.09.07 ■[み] 深山くのえ『柘榴石にくちづけを 』 パレットノベル大賞を調べていて、勢いで深山くのえ『柘榴石にくちづけを』読了。 王と結婚することになった幼馴染の花嫁衣裳を縫うハメになった仕立屋の青年が、衣装の材料として届けられた指輪に封じられていた魔神を呼び出し見染められてしまうアラビアンBL。面白かったです。 ティーンズハートの一人称恋愛小説はBLへ流れていっちゃったのねーという感を強くした一作。 [購入ガイド] 深山 くのえ『柘榴石にくちづけを 』(イラスト:こうじま 奈月) (小学館 パレット文庫 ,2005/12/22,, ISBN978-409421604-2) 4094216049 (ISBN4-09-421604-9) 2012.09.09 ◆[book] 坂口安吾『安吾捕物帳』を読む 青空文庫に坂口安吾『安吾捕物帳』が入っているのを見つけたので、iPadでぽつぽつと読んでる。安楽椅子探偵役の勝海舟が推理を外しては、「途中まで合ってた」とか「現場見てないんだからハンデある」とか言い訳するのがオトナげなくて笑える。 図書カード:明治開化 安吾捕物 2012.09.10 ◆[anime] 『人類は衰退しました』をニコニコ動画で見る 『人類は衰退しました』のアニメは家人が録画してるんですけど、お布施の意味をこめてニコニコで課金して1話(は無料だけど)と2話を見てきました。期限切れになる半端なポイントがあったし。ああいうネタ元が山のようにあるアニメはコメント付きで見たほうが楽しいですね。 妖精工場で「Nの部屋」ってコメントがあって、ぐぐったらちゃんとニコニコ大百科に説明がありました。ポケモンBWかぁ。ニコニコ大百科はオタクサブカル用語集として実に有効に機能していますね。 2012.09.11 ●購入本 Amazonから『人類は衰退しました』がどどどんと届いた。 □[購入本][ひ]氷室 冴子『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! 』(集英社 コバルト文庫,978-408601668-1),929円, 氷室 冴子『月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! 』 (集英社 コバルト文庫 ,2012-08-31,929円, ISBN978-408601668-1) 4086016680 (ISBN4-08-601668-0) □[購入本][な]中井 英夫『幻戯』(出版芸術社 ふしぎ文学館 ,978-497848829-9),1575円, 中井 英夫『幻戯』 (出版芸術社 ふしぎ文学館 ,2008-08,1575円, ISBN978-497848829-9) 4882933551(ISBN4-8829-3355-1) □[購入本][い]伊藤 計劃 , 円城 塔『屍者の帝国』(河出書房新社 ,978-4-30902126-3),1944円, 伊藤 計劃 , 円城 塔『屍者の帝国』 (河出書房新社 ,2012-08-24,1944円, ISBN978-4-30902126-3) 4309021263 (ISBN4-30-902126-3) □[購入本][た]田中 ロミオ『人類は衰退しました』2〜7 (小学館 ガガガ文庫) 田中 ロミオ『人類は衰退しました』2〜7 (小学館 ガガガ文庫) 1 4094513086 (ISBN4-09-451308-6) 2 4094513094 (ISBN4-09-451309-4) 3 4094513205 (ISBN4-09-451320-5) 4 4094513213 (ISBN4-09-451321-3) 5 4094513299 (ISBN4-09-451329-9) 6 4094513302 (ISBN4-09-451330-2) 7 4094513531 (ISBN4-09-451353-1) 8 4094513930 (ISBN4-09-451393-0) 9 4094514945 (ISBN4-09-451494-5) ■[た] 田中 ロミオ『人類は衰退しました 5』 5巻の「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」は学園物として秀逸。 孤独に追い詰められた「私」ちゃんの姿にちょっと中学時代のトラウマ刺激された。まあ、栗本薫の時代から、図書館はおひとりさまの吹き溜まりなのですがね。 「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」は、アニメ版では11話と12話になります。 田中ロミオって男性? 人退読む限りでは性別分からん作風だなぁ。北村薫や津原泰水などなどの例もあって案外分からないもんよね。うそっぱちのプロフィール載せるひともいるしっ! 真木じゅん=横田順彌 とか。 アニメ『人類は衰退しました』9話の「まさかの島スタート」の元ネタが知りたくて、ググるぐるぐる。 ニコニコで見てたらコメントにヒントがあったかもしれないけどTV視聴だったから。ゲームらしいというのは予想がついたので、Dash島ネタを除外しつつ検索結果をめくっていく。 どうやらMinecraft らしいとあたりをつける。ひょっとして、「ひょうりゅうせいかつ」そのものがゲームパロなの? 人退は高度なオタ知識を要求される作品であるよな。まあ、元ネタわかんなくても、妖精さんの可愛さを愛でてれば問題ないですけど。 2012.09.12 ◇[diary] 電気使用量 去年8月の電気使用量:一昨年より21%減。風呂とシャワーは、ガス。エアコン28度設定でこまめにオンオフ。今年8月の電気使用量:一昨年より24%減。風呂とシャワーはエコキュート。エアコン28度設定でつけっ放し。……つけっ放しエアコンの節電効果ェ… 深夜料金の安い電化上手契約で、昼間もエアコンつけっ放しだから料金は去年とあまり変わらない。8月は連日最高気温34度の埼玉県だからエアコンなしでは生きていけん。窓開けても入ってくるには熱風です。横浜は、昼間でも窓開けたら、「それなりに涼しい」風が入ってくる。 同じ関東なのに横浜と3度ぐらい違うんだよね。 ◆[book] 蔵書5000冊 TwitterのTLにこんな話題が流れてきた。 第4回 持ち主を亡くした本はどこへ行くのか ≪ マガジン航 5000冊ってどれくらいの量だろうと、うちにある本を数えてみた。 幅90cm高さ180cmの本棚みっしりで平均300冊ぐらい? 一階にある本は1000冊ぐらい。 本棚は8本あるけど、半分はCD、LD、DVDの類だから。 二階は文庫本漫画本中心だから、もうちょい多いか。ふた部屋で4000冊行くかな。 一階分と合わせて5000冊。一般人としては多い方だけど、オタクとしては、まだまだ…だけど、もう増やさんよ。昔のSFや推理小説は字が細かくて読めないし。 昔の文庫本は、読むものというより、もはやアイテム。トレーディングカードみたいなもん。揃えて眺めておしまい。いっそ布団みたいにカードの厚さに圧縮できればいいのに! 2012.09.14 ◇[diary] 実家の引き渡し 大船の銀行で実家の引渡し手続きをしてきました。 相手が建売業者さんなので、銀行の会議室を借りて不動産屋さん立ち会いのもと、業者さんが銀行から融資をうけて、そのお金を私の口座に送金手続きして、それを確認して司法書士の人が法務局に名義変更手続きに走るという仕組み。 私はいくつかの書類に口座番号書いたり、名前書いて実印押したりするだけでした。 一時間ほどで手続き終わり。帰りに記帳して振り込またことを確認。 税金でいっぱいもっていかれちゃうとおもいますけどねー。 帰りに実家のお墓に寄って報告してきました。 実家のお墓もどうにかせにゃならんのですが。祖父母と私の両親弟と伯父と従兄と叔父と従弟が入っているので、叔父や叔母と相談して、今あるお墓には叔父と従弟の分だけ残して、あとの人は納骨堂のほうに移すとかなんとかしたいんですけど。 伯父の奥さん(従兄の母)とは音信不通だそうで。なんかよく分かんない。 2012.09.16 ◆[book] フタバファンタジーについて 最近はブックオフでもあまり見かけないフタバファンタジー「呪禁師の森」。イラストやピンクの背表紙からして、女性向け。 呪禁師の森 フタバファンタジーは1996年4月にフタバノベルズの中に突然現れたレーベル内レーベル。角川ファンタジーみたいなもの?  ラインナップに山田ミネコ、ひかわ玲子、高瀬美恵、森奈津子を入れてイラストも山田ミネコ、花津美子、仁さとる、竹田やよいなので、完全に女性向けですね。 刊行点数を増やすためなのかそれまでフタバノベルズで出していたシリーズ、例えば藤川桂介『亡霊軍団平将門―京の影法師シリーズ』、竹河聖『妖霊の闇 ムーンライトハンターズ』などが、フタバファンタジーになってますけど、これってピンクのカバーなのかな? マークだけ入れ替えた?? 『亡霊軍団 平将門』や『妖霊の闇』あたりは目録によってはフタバファンタジーじゃなくて、双葉ノベルズになっているものもあるので、重版のときに戻った?  ちなみに『呪禁師の森』はカバーとった背表紙にもフタバファンタジーと記載されていて、カバー取ると記載のない角川スニーカー文庫とは違う。 2012.08.01(水) ◇[diary] 梅を干す 今日は曇ってるし、梅を干すのはもういいかな。2日干したし夜風にも当てたし。しまうか。 比較的涼しいので、片付け頑張らないとなー。 ……納戸の中身を引っ張り出すべきなのか……おおごとになりそう…… 2012.08.02(木) ◇[diary] 実家の片付け完了 さいごに残った冷蔵庫とエアコン、マットレスと寝具、卓袱台と座布団、家の中と庭のゴミとガラクタ一式を不用品業者に引き取ってもらい、カーテンも外して撤収作業完了。実家は多分今日で見納め。 40年引越ししない生活だったので、物が溜まりまくっておりました。 引越ししてるお家だったら、もう少し楽だっったのではないかと思われます。 引き渡しの日が一ヶ月伸びちゃったので、防犯のために階段の明かりとセンサー付きの玄関灯はつけたまま。 引き渡しまであと二週間だというので、慌てて植木鉢やプランターの中身を庭にぶちまけたんですが、買い手の都合で期限が一ヶ月伸びちゃったので……ううむ。鉢から出した草花は夏の日差しで枯れてしまっったので、このすごく荒れた庭の状態で一ヶ月半というのは防犯上よろしくないのですがね。 不動産屋さんにしっかり見回りしてもらうよう言っておかなくては。 最終的に潰してしまう庭とはいえ、庭師さんがそれなりにきれいにしてくれていたので、ちょっと申し訳ない。 家の中はからっぽ。片付けの途中で記録にと思って写真を撮りました。 古びたタンスやその上のごちゃごちゃしたガラクタも、あんまりきれいじゃない台所も、もう写真の中にしか存在しないのかと思うと寂しいです。でも仕方ない。 片付け始めると写真どころではなくなるし、家具なくなると生活感がなくなっちゃうので、お家を処分しようとしてる人は、早めに写真をとっておかれるとよいですよ。 いつもは渋滞を避けて真夜中に移動するのですが、エアコンも座布団もない実家にそれ以上いることもできず、今日は少し早めに帰りました。 時間が早かったので、ベイブリッジからの夜景がとても綺麗でした。 横浜にはまた行くだろうけど、もう「帰る」ところではなくなったんだなぁ…。 ええい、次行く時は、リッチなホテルに泊まってやるぜ! 帰る時間と費用がけっこうかかっていたので、それがなくなると経済的には楽になります。固定資産税や庭師さんに払っていた謝礼もなくなるし……。 2012.08.03(金) ◇[diary] 洗濯槽クリーニングとか 一ヶ月前ぐらいにクリーニングした洗濯機だけど、黒カビがまだ出るので、今度はエスケーの洗濯槽クリーナーをふた袋ぶち込んでクリーニング。またどっちゃり黒いワカメ状の物が! ダイエットに関するツイートをしたのに、Twitterが不調だったのか虚空に消えてしまっていた。 清涼飲料水は意外に高カロリー、きゅうりでダイエット、でもデニッシュドーナッツを1/8個食べるよの三本立てだったのに……。 2012.08.04 ◇[diary] 夏バテか 今日は寝具に掃除機かけて、買い物行って、実家から持ってきたカーテン洗って、美容院で髪をカットして、パプリカ焼いて皮をむいただけなのに、なんでこんなに疲れるのだろう。夏バテかな。 2012.08.05(日) ◆[anime] だいたい景麒のせい BSプレミアムでまとめ放映された十二国記の録画を見ております。 「どう考えても景麒が悪いよねぇ。あいつが最初にちゃんと説明してりゃ話は簡単だったのに」といったら、家人が 「そりゃ景麒は出来が悪い麒麟だから」とバッサリ。 「出来が悪いから大人の姿なんじゃないか」 そういえばそーでしたー! そうでした、麒麟は出来がいいほど早く成獣になるのでした。 美形なのでうっかり忘れていたけど、つまり景麒ってバカなんだわ。頭の回転悪くてコミュ障なのに、あの顔だからみんな勘違いする。もっと間抜け面だったら前の女王さまだって勘違いせずに頑張ったろうにねぇ。 景麒の前の麒麟は王様を見つけられなかったそうだし、あの国は麒麟に恵まれてないのかもw 2012.08.06(月) ◆[book] 早見裕司さんによる【ジュニア覚書】まとめ 早見裕司さんによる【ジュニア覚書】まとめ - Togetterまとめ 以下は参考資料LINK。 【miya-bon 趣味の本棚】  秋元書房の本 ジュニアシリーズインデックス  秋元書房の本 秋元文庫インデックスKame-Yun's ラノベの館】 2012.08.08(水) ◇[diary] 整体 整体。デルデアボリカと繰繰れ!コックリさんを買ってきた。 ●購入本 □[購入漫画]坂田靖子『ベル デアボリカ 3 』(朝日コミックス ,978-402214098-2), 坂田靖子『ベル デアボリカ 3 』(朝日コミックス ,978-402214098-2) 4-02-214098-4 (ISBN4-02-214098-4) □[購入漫画]遠藤 ミドリ『繰繰れ! コックリさん 1』(ガンガンコミックスJOKER ,978-475753450-6),607円 , 遠藤 ミドリ『繰繰れ! コックリさん 1』 (ガンガンコミックスJOKER ,2011-12-22,607円 , ISBN978-475753450-6) 4-7575-3450-7 (ISBN4-7575-3450-7) 2012.08.09(木) ◇[diary] 白樺湖へ 藤岡の手前で事故渋滞に巻き込まれたものの、白樺湖に無事到着。いつもの健保の保養所です。来年からは国民健康保険になるので使えなくなるけど。 去年はバイキング形式でがっかりクオリティだった夕食がフルコースに戻ってました。 味も量も申し分なし。万歳! 唯一の後悔は食事中のお酒の選び方を間違ったこと。 スパークリングの日本酒というがあったので、珍しがって頼んで見たら、食前酒むけの甘ったるさで閉口。素直に白ワインかロゼにしておけばよかった。 埼玉でも過ごしやすい陽気だったぐらいなので、信州の夜は涼しいのを通り越して寒いくらい。窓を閉めてちょうどいい室温。 2012.08.11(土) ◇[diary] 白樺湖から帰宅 白樺湖より蒸し暑い埼玉へ帰宅。雨だ。ブックオフを巡って、パレット大賞の発表が載ってるパレット文庫を15冊ぐらい買ってきました。あと炎の蜃気楼も。 ◆[movie] 『おおかみこどもの雨と雪』の感想 私が『おおかみこども……』でひっかかっているのは、絵空事を成り立たせるためにはそれ以外の部分は丁寧にリアルに描かなくちゃいけないのに、一見リアルだけど実は全然リアルじゃないとこだよ。家のメンテナンスしたことのない男どもにはわからないだろうが。 イマドキ、着るものがワンピース一枚しかないの? ってのもあったな、おおかみこども。まさか小学校1年から6年までずーーーっと同じ服? 服じゃなくて小物にすればよかったのに。 ハンパにリアルなんですよね。すごくハンパなのに、そこのところをリアルだとかいう人がいるので、イラっとする。イケメンウルフガイの存在はファンタジーだと割り切れるので無問題なんですけど。 彼氏がもうちょっと長生きして、二人で子育てしてたら、心安らかに見てられたと思うのですよ。イケメンでイクメンでウルフメンの出来過ぎファンタジーだと割り切って。 2012.08.14(火) ◇[diary] 日記 二度寝して遅く起きて、スイカジュースを作ったり、お墓参りに行ったり、納戸を片付けたり、テーブルクロスを張り替えたりしてたらこんな時間だ。 ◆[zakki] 認知症と徘徊 【入院2年、老親の2000万がなぜ底をついたか:PRESIDENT Online - プレジデント】 認知症による徘徊の対応はほんと大変なんですよ。うちは母だったけど、目を離した隙に鍵開けて抜け出す。検知用のチャイムつけてても間に合わない。移動速度が、すげー高速。ココセコム必須でした。出動して保護してもらうと一万円掛かったけど、自分で捜す精神的肉体的苦労を考えたらリーズナブル。 デイサービスは本当に助かりました。本人は行くの嫌がっってたけど。 うちは認知症の母を病気がちな父が介護して、私が電話でサポート(実家までは片道二時間半だから)という形でしたが、母は徘徊中の事故が原因で亡くなりました。施設に預ければよかったのかもと思わないでもないですが、ショートステイすら可哀想だと反対していた父を説得するのは無理だったろうし。 うちなんて経済的な余裕があっても介護は大変だったわけで、これで経済的余裕がなかったら…と考えると、もうね…。 ◆[book] 角川文庫青帯とスニーカー文庫の関係 一週間ばかり前の早見慎司(早見裕司)さんとサンチュー @tomo_intさんのTwitterのやりとりに横入り。 早見慎司(早見裕司) (@laosuu)  2012-8-5 【ジュニア覚書】話を戻して、1985年か86年に、角川文庫・青版が出ます。スニーカー文庫の前身です。スニーカー文庫については、私は殆ど知らないんです。その辺、どなたかフォローをよろしくお願いいたします。スニーカーで謎って……ありましたっけ? サンチュー @tomo_int  2012-8-5 @laosuu 横から失礼致します。以前、角川文庫青帯からスニーカー文庫への名称変更の経緯を簡単にまとめたことがありましたのでご紹介させて頂きました。既にご存じのことでしたらすいません(汗) http://t.co/mwwTED5k http://t.co/e2urgds8 早見慎司(早見裕司) (@laosuu)  2012-8-5 @tomo_int これはまた、興味深いお話を……どうもありがとうございます。ただ、青帯は87年からとありますが、アマゾンでさっと調べたら、スニーカー文庫の最初期作「ガンダム」が86年とあるんですよね。現物を取り寄せないといけない所かなあ……。 以下、主に早見慎司(早見裕司)さんとサンチュー @tomo_intさん宛のツイート。 角川文庫青帯は1987年10月からだと思います。 Amazonで検索できる1986年のスニーカー文庫は角川文庫緑で刊行されたものが後からスニーカー文庫に組み入れられたのです。 角川文庫青版の機動戦士ガンダムは、うちに実物があるのですが、発行は昭和62年10月30日。カバーの既刊案内で2巻以降が続刊予定になっているので、カバーだけ取っ替えたってこともなさそう。 * スニーカー文庫で1986年発行のものは、「ガンダム」ではなく、『ファウ・ファウ物語(上)』『ガル・フォース 赤い悪魔のサンバ』だと思います。あと、「放課後、アイスティ」と「大熱血。」。1986年夏の角川文庫ファンタジーフェアのラインナップです。 角川文庫はスニーカーで出したものをルビー文庫にしてみたたり、カバーだけ取り替えてみたり、かと思うとISBNを振りなおしてみたりするので、本当にややこしいです。 スニーカー文庫が出来る前に刊行された『ファウ・ファウ物語』も『ガルフォース』も『放課後、アイスティ』も『スイート・マジック』も『神々の血脈』もスニーカー文庫の著者番号に合わせてISBNを振り直されているのに、『大熱血。』だけはISBNが変わってない不思議。 1986年に出されたものは角川文庫で、同じ本が、1988年以降はISBNを振り直され、スニーカー文庫のカバーをつけて重版されているのですが、奥付は1986年初版のままなので、ネット書店等の記載は1986年刊行になります。 2012年に奥付のフォーマットが変わるまで、角川スニーカー文庫の奥付の記載は角川文庫だったので、カバーをとると角川文庫と区別つかないのです。青版とスニーカー文庫の違いはカバーと巻末の既刊案内だけなのです。 ISBNが変わるのは青版に組み入れられたときのようで、1987年12月以降。 スニーカーのカバーが付くのは、1989年9月以降です。 渡邉由自『スイート・マジック 魔群惑星 1』のカバーの変遷とか。 http://alisato.web2.jp/diary/l200204-5.htm#05_t2… 図書館の蔵書はカバーを取ってしまうところもあるので、古本屋で実物を探さないといけないのがやっかいです。 国会図書館はカバー剥がしちゃうのです。確か東京都立図書館もそう。 2012.08.15 ◇[diary] 夏野菜と格闘中 大量の夏野菜と格闘中。贅沢な悩みですが、でもやっぱり数は暴力。 緑のピーマンの半分は焼きびたし。半分は種取って刻んで冷凍。 今はザル2杯分のカラーピーマンを焼いて皮を取ろうとしているところ。面倒でも手間かけたほうが美味しいのでなぁ。 真っ黒になるまで焼いて皮をむいたカラーピーマンは、ひたひたのスープで煮て冷ましてミキサーにかけてピュレにします。そのままでもソースになるけど、牛乳で伸ばせばポタージュ。冷凍しておいて、牛乳(+ヨーグルト)と合わせて冷製スープにするのが美味しい。 ピーマンの焼きびたしは簡単で美味しいけど私しか食べないのでなぁ……。 卵とじも美味しいけど、舌がお子ちゃまの家人には不評。 カラー-ピーマンは、干すのもありますね。半生で炒めると美味しいという話。 ナスは干してます。でも大量に来たときに限って、天候があやしい。中途半端に干すとカビるという罠(泣) まあ冷凍すればいいんですけど、冷凍庫もいっぱいなの〜。 ゴーヤも初収穫。ほとんど食べないから、グリーンカーテンにいっぱいついた実はいままでは小さいうちに摘んでしまっていたのです。TLで見た梅びしお和えにしてみました。ごま油を入れたら、そんなに苦味も気にならなくなって美味しかった。でも家人には無理だなー。 ◆[book] 少女小説系まとめのまとめ ライトノベル/少女小説系まとめのまとめ - Togetterまとめ ◆[book] 角川文庫青版とスニーカー文庫――カバーは重要 角川文庫青版とスニーカー文庫――カバーは重要 - Togetterまとめ 2012.08.17 ◇[diary] シュレッダー 領収書をいっぱいシュレッダーにかけねばならんのだ。あと引き出し3個分の片付け。 2012.08.18 ◆[zakki] MMD杯 第9回MMD杯本選が始まったので、いろいろ見ている。 マイリスト数が多くても元ネタ知らないとピンとこないものがあって残念。ゲーム系に多いかな。 2012.08.19 ◇[diary] 眼鏡 最近眼鏡の度が合わないので、免許更新までに新しいのを作らないといけないかなと思いながらひとつ前のを引っ張りだして掛けてみたら、くっきりはっきり見える。うーん、どういうことだろう。でも目医者と歯医者は行っといたほうがいいよなぁ……。9月になったら行くか……。 2012.08.20 ◆[book] スニーカー文庫の著者番号 川崎ぶら(burra63)さんのTogetterのコメント。 90年ごろ「内容的にはピンクレーベルなんだけど、設定部数から扱いが全然違うんで、青に突っ込んじゃおうと」ということで1冊だけ書いた小説がスニーカー青から出、紛らわしくてすんませんと思いましたが、吉田戦車による帯に「少女小説」という言葉が入ってた。 http://togetter.com/li/331517#c596393 コメントにある「90年ごろ書いたスニーカー青」は、『雨の日はいつもレイン』ですね。著者番号が609でゲーム小説作家枠に無理やり入れられたみたい。に少女小説というか青春小説枠(ピンク帯)の著者番号は3xx。 ちなみに『黄金拍車』の王領寺静の著者番号は302。もともと藤本ひとみ名義用に少女小説枠として取った番号なんでしょうが、執筆されたのが『黄金拍車』なのでさすがにピンク帯つけて出すわけに行かなかったのか、スニーカーの青帯で出てます。 スニーカー文庫の場合はガンダムやシェアードノベルは番号別だったりするから、著者番号というより整理番号というべきなのか。 300番台が少女向きです。600番台がロードスなどのゲーム小説用、700番台がアニメノベライズ用だったようです。 スニーカー文庫のピンク帯(表紙の上部にピンクの帯が入ってる)の著者別ラインナップ。 角川スニーカー文庫ピンクライン 作家別刊行チャート 唯川恵、久美沙織、小室みつ子、島村洋子のコバルト組の間に王領寺静が入っていて浮いてますが、王領寺静=藤本ひとみ であることを知ると納得でしょ。 2012.08.22日(水) ◇[diary] 朝、二度寝してしまったせいか、あたまいたい。昼寝してちょっとよくなったけど、まだ危ない。夏バテかなぁ。暑さのせいというより、むしろ冷房病。不摂生な生活してるし。 2012.08.23日(木) ◇[diary] あたまいたい 規則正しい生活しなくてはと早起き(当方比)したけど、あたまいたいのでねます。トマト干したい。でも下ごしらえするのもツラい。 いちにちベッドでだらだらしていて、頭痛は少し良くなったかな。身体がゴーヤを欲しているらしく、ゴーヤチャンプルーとゴーヤの梅びしお和えが美味しいw 日記を見返してみたら、おととしの8/23にも「あたまいたい」の記述があったので、恒例行事ですね。 この時期になると自律神経を秋モードに書き換える必要があるのだと思われ。いまのところひたすら眠ってリセットかけるしか解決方法がみつからない。 ◆[book] ライトノベルレーベルリスト作業状況 このところの作業のメモ。ソノラマ文庫のチャートとリストは完成。あとで、少女小説にも書いている人だけ拾い上げて、一覧に追加の予定。少女小説作家の一覧はは行まで終わり。飽きたので、ウィングスノベルズとかASUKAノベルスとかのチャートを作成。フタバファンタジーも作らねば。 トクマ・ノベルズ・ミオ、新潮文庫のファンタジーノベルシリーズ、C★NOVELSファンタジアはチャート作って、少女小説系作家一覧に追加すること。ビーンズ文庫に取り掛かれるのは、それからだ。ウィングス文庫とかも。 2012.08.24(金) ◆[book] ライトノベルレーベル一覧(〜1995年) 1995年までに創刊されたライトノベルレーベルの一覧とか。 http://alisato.web2.jp/book/list/lighnovel_label.htm… 1993年の創刊ラッシュのあと、ラノベレーベルの創刊は1999年あたりまでお休み。SFが元気なかったのと同じくらいの時期。 ブギーポップが1998/02、マリみてが1998/05、フルメタル・パニック!が1998/09。潮目が変わったのは1998年か。 ラノベで育ったといった乙一が1978年生まれ。 乙一は1996年に17歳でデビューだけど、その同世代が成人して書き手として出てくるのが1998年以降。 1998年以降の「ライトノベル」の盛り上がりは書き手より読み手の問題かもしれないですけどね。ラノベで育った人がそこから他のジャンル(SFとかミステリーとか)へ流れなくて、SFやミステリーを読んでいた人たちがブギポの噂を聞きつけて流入した。 私はネットでブギーポップの噂を聞いて、手にとってみたのが1998年11月。それまで、スニーカー文庫やソノラマ文庫や富士見ファンタジア文庫は読んだことあっても、電撃文庫は初めてだった気がする。 2012.08.26(日) ◆[book] 創刊当初のルビー文庫 Twitterでルビー文庫創刊時のことを訊いてみたところ、いくつか回答が。 角川文庫青帯→スニーカー文庫のときと同じく、いつの間にか新レーベルに変わっていたというパターンのよう。 ルビー文庫創刊は角川お家騒動(1992年10月〜1993年12月)とほぼ同時期なんだけれど、関係あるのやらないのやら。 角川ルビー文庫の車内広告が出ていたらしいので、その頃の新聞を探せば広告が見つかるかもしれないですね。初期には深沢美潮『バンドクエスト』や藤本ひとみ『トレドの花冠』もスニーカーからルビーに移ったぐらいなので、やおい専門ではなかった……はず……。 ルビー文庫のデータも「ラノベの杜」の管理人さんからもらっているので、整形すればいいんですけど、なかなかそこまで行きつかない。tsvのまま置いておくのはリスト者としての矜持がががが……w 2012.08.28(火) ◇[diary] 免許更新とパンク 免許更新。ペーパードライバーゆえ運転手の送り迎え付きw 私が講習をうけている間、運転手の人は買物に。懸案だった視力検査も無事パスして新しい免許を受け取って、警察署の駐車場に出てみたら、運転手の人がなんかごそごそやっている。 なんということでしょう、車に買物に行って戻って来る間にタイヤがパンクしていたのでした。銀色の釘のようなものがタイヤに刺さってました。誰かが刺したわけじゃないと思うんですけど……。警察署の駐車場でスペアタイヤに交換して、一番近いカー用品店に駆け込んだら……定休日でした。むーん。 気を取り直して別のカー用品店へ。この際だからと、ホイールごと4本取り替えて、約6万円。とんだ散財。 2012.08.29日(水) ◇[diary] 図書館で調べ物 整体でした。その後図書館に行って、新聞縮刷版を調べたり。 図書館では角川お家騒動あたりの記事とか角川文庫の広告とか探してたんだけど、開架にある1992〜1993年の朝日新聞縮刷版を中心に探したのは失敗だった。記事はともかく広告のほうは読売新聞を探すべきだった。どうもカドカワノベルスの広告は朝日には出てないっぽい。 考えてみれば広告というのはターゲットに合わせた媒体に打つものなのだから、読売新聞のがエンタメ下世話系の広告が多いのは当たり前なのだね。アサヒ芸能の広告は朝日新聞には出ていなかった……と思う。(アサヒ芸能って徳間書店なのね) ただ、エンタメ系の広告を朝日新聞に出さない(角川文庫の広告はあるが、カドカワノベルズの広告はない)はずの角川書店が、エンタメ系の広告を出したのが1993年1月4日。『REX』の全面広告の下半分に「ホラー文庫、スニカー文庫5周年、ルビー文庫創刊……コンプティーク」の文字が。 朝日新聞1993年1月4日に載った角川書店の全面広告には前年末に編集者と書き手がごっそりメディアワークスに移動した「コンプティーク/マル勝スーパーファミコン/コンプRPG/コミックコンプ/マル勝PCエンジン/マル勝メガドライブ」の文字がw 売られた喧嘩は買うという表明? 朝日新聞1993年1月4日の角川書店の広告には、ルビー文庫創刊の文字もあり。「■スニーカー文庫より、さる12月3日独立したのが「ルビー文庫」。学園モノあり、ちょっとアブナイ恋愛物語ありの青春ラブロマンス。永遠の少女たちへ贈ります。●偶数月3日発売。」だそうです。 騒動と関係あるのかないのかわからんのですが、関係ないのに巻き込まれちゃかなわんと編集部ごと避難したように見えなくもないw 朝日新聞1992年10月4日読書欄「雑誌の内側」というコーナーで『Tokyo Walker』を取り上げ、角川歴彦氏の退社が週刊誌で「お家騒動」と揶揄されたことにも触れている。「今のところ影響はない」とも書かれていて、この時期に取り上げた意図が気になる。 ●購入本 カルバニア物語14、アクセル・ワールド12,比翼連理のアンダーリン、人類は衰退しました2、ブライトの憂鬱を購入。 □[購入漫画]TONO『カルバニア物語 14』(徳間書店 キャラコミックス,978-419960523-9),617円, TONO『カルバニア物語 14』 (徳間書店 キャラコミックス ,2012-08-25,617円, ISBN978-419960523-9) 4-19-960523-1 (ISBN4-19-960523-1) □[購入本][か]川原礫『アクセル・ワールド12 ―赤の紋章―』(電撃文庫,978-404886795-5),, 川原礫『アクセル・ワールド12 ―赤の紋章―』 ( 電撃文庫 ,2012-8-10,616円, ISBN978-404886795-5) 4-04-886795-4 (ISBN4-04-886795-4) □[購入本][か]海羽 超史郎『STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン 1』( 富士見ドラゴン・ブック,978-482914652-1),756円, 海羽 超史郎『STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン 1』 ( 富士見ドラゴン・ブック ,2011-12,756円, ISBN978-482914652-1) 4-8291-4652-4 (ISBN4-8291-4652-4) □[購入本][た]田中 ロミオ『人類は衰退しました 2 』(小学館 ガガガ文庫,978-409451309-7), 648円, 田中 ロミオ『人類は衰退しました 2 』 (小学館 ガガガ文庫 ,2011-11, 648円, ISBN978-409451309-7) 4-09-451309-4 (ISBN4-09-451309-4) □[購入漫画]竹宮 惠子『ブライトの憂鬱』(白泉社文庫 ,978-459288878-9),, 竹宮 惠子『ブライトの憂鬱』 (白泉社文庫 ,2012-1,, ISBN978-459288878-9) 4-592-88878-2 (ISBN4-592-88878-2) ■[た] 竹宮恵子『ブライトの憂鬱』 白泉社文庫版の竹宮恵子 『ブライトの憂鬱』って1月に出た本だったのね。ポップつけて面陳してあったので、存在に気づきました。ウェルメイドなエンタメ作品。竹宮恵子作品では、このシリーズとヴィレンツ物語が好き。 amazonへamazon】 「私を月まで連れてって」のシリーズはニーナが成長しちゃうととたんに詰まらなくなるのだよね。作者も自覚しているようで、「ブライトの憂鬱」では25歳のニーナがときどき幼女姿で登場w ■[た] 田中 ロミオ『人類は衰退しました 2 』 アニメの『人類は衰退しました』にハマったので、原作買いました。楽しく読んでます。表紙とタイトルだけ見て、「はいはい、可愛い妖精のおにゃのこ(表紙のひとのこと)がでてくるほのぼの萌えラノベね」と思ってスルーしてた私が悪うございました。 amazonへamazon】 実はほのぼの小説の皮をかぶったフレドリック・ブラウン風味のホーカ・シリーズ>『人類は衰退しました』。主人公(表紙のひと)は、あんなに可愛いのに腹の中で黒いツッコミいれまくり。おにゃのこのヤエトせんせいみたいな?(←妖精さんイントネーションで) 『SFが読みたい!』でも14位(2008年版)とか17位(2009年版)とかにランクインしてて、年寄りのSF読みに受けてるんだろうなーと。妖精さんはアニメ版のが可愛い。きゃわきゃわしてるところが『辺境警備』の兵隊さんっぽい。フィギュアで欲しい。カラーピーマンと並べて写真取りたい。 SF系のひとたちが妙にアニメ版に反応してるので、試しに見てみたら、ああいうお話だったのでびっくり。 2012.07.30(月) ◇[diary] ダウンを洗い、梅を干す 今日はマットを洗いタオルを洗いダウンジャケットとセーターを洗い、梅を干し、業務連絡を一個やっつけ、古いタオルでバンダナを作った。 2012.07.28(土) ◇[diary] 実家の家財の整理 実家をどうにかせにゃということで、不動産屋にお願いすることにしたのが6/22。 家ごと土地を売る形で、取り壊しなどは買い手にやってもらうことにして、一般人だとそういうのは嫌がられるので業者さんに売って建売物件にしてもらうといいんじゃないかという話で、そういう買い手を探してもらうことになりました。 そしたら、売値を公開しない契約なら話に乗ってもいいという業者さんがいて、こちらの条件売値そのままで、あっさり契約がまとまったのが6月末。 8月末には取り壊しを始めたいというので、お盆明けに引き渡し。 大急ぎで家財道具の片付けをすることに。 去年トラック一杯分の不用品処分を頼んだところにまたお願いして、7/11のトラック2杯分を処分。 一台53000円なので、3台で約16万円。 不動産屋が紹介してくれたリサイクルショップは、ゴミの処分はしてくれないので、タンス本棚ソファテーブルほかの家具の処分だけ7/19に頼んで約8万5000円。 泊まるのに不便なので、マットレスと座布団枕の一部、卓袱台、テレビ、冷蔵庫、エアコンと扇風機は最終日に処分することに。 カーテンやプラスチックのプランターは残さないでくれと買い手さんからいわれたので、庭のプランターを全部ひっくり返して、プランターやバケツはガレージに積み上げ、カーテンも最低限だけのこして外した。 この状態で、廃品業者に見てもらって、トラック2台分の料金とエアコンと冷蔵庫の処分料プラスエアコン工事費で14万円の見積もり。 回収は8/2の予定。 いやはや、中身の処分料だけで40万円……。物はマメに捨てるべきですよ。 家を取り壊すとなったら、こんなもんじゃ済まないんだけど。 金がないと家を売ることもできないという皮肉。空家が増えるわけですよ。 2012.07.26(木) ◇[diary] あっという間に一日が終わる 実家から掘り出してきた大量の古着を無事回収に出し、ナスを干し、手芸用品の整理をしたら一日が終わってしまった。 あ、リストも少し弄くった。本読む時間がないなあ。 2012.07.25(水) ◇[diary] 整体と映画 整体行って、映画見て、荒川弘『銀の匙 4』とSAO10と『南国トムソーヤ 1』と『星海社カレンダー小説2012 下』を購入。 ●購入本 『南国トムソーヤ 1』はWebのお試し版を読んで購入をケッチ。カレンダー小説もWeb掲載の「青春離婚」が載ってたので購入。 □[購入本][ア]『星海社カレンダー小説2012 下』(講談社 ,978-406138834-5),1155円, 『星海社カレンダー小説2012 下』 (講談社 星海社FICTIONS ,2012-07-13,1,155円, ISBN978-406138834-5) 4-06-138834-7 (ISBN4-06-138834-7) amazonへ □[購入漫画]うめ 『南国トムソーヤ 1』(新潮社バンチコミックス ,978-410771669-9),580円, うめ 『南国トムソーヤ 1』 (新潮社 バンチコミックス ,2012-07-09,580円, ISBN978-410771669-9) 4-10-771669-4 (ISBN4-10-771669-4) amazonへ □[購入漫画]荒川 弘,『銀の匙 Silver Spoon 4 』(少年サンデーコミックス館 ,978-409123772-9),440円, 荒川 弘『銀の匙 Silver Spoon 4』 (小学館 少年サンデーコミックス ,2012-07-18,440円, ISBN978-409123772-9) 4-09-123772-X (ISBN4-09-123772-X) amazonへ □[購入本][か]川原 礫 ,『ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ランニング』(電撃文庫 ,978-404886697-2),599円, 川原 礫 ,『ソードアート・オンライン 10 アリシゼーション・ランニング』 (アスキーメディアワークス 電撃文庫 ,2012-07-10,599円, ISBN978-404886697-2) 4-04-886697-4 (ISBN4-04-886697-4) amazonへ ◆[movie] 『おおかみこどもの雨と雪』 おおかみこどもは……んー、微妙。つまらない訳じゃないけど、ツッコミどころというか気になる点が多すぎて素直に楽しめなかった。 あの家を住めるようにするのにどれだけ手間がかかるのかとかね…。ふつーの家の掃除でさえままならないのに、あのボロ屋があんなに簡単に綺麗になるもんかい。邪魔しまくる幼児が二人もいるのに。 イケメン狼男は大変よろしかったですよ。侘助といい、あの手のイケメンは不幸な目にあうのね。 あの母の超人ぶりに引っかかりを感じる人が多いみたいだけど、インスマス面を根拠に実は花ちゃんも人間ではなくて……というオチがついてたら、あの映画に対する大部分の人の不満は解消されるんじゃないかと思ったw ネット上の反応では、【 『おおかみこどもの雨と雪』におけるヒロインの怖さ at 愛書婦人会(http://inspirace.expressweb.jp/wp/?p=104)】を興味深く読んだ。 目をきらっきらっさせつつドリーム語る男性の横で、一オクターブ低い声で「はい、はい、はい」といいながら脚本をリファインする女性の姿が思い浮かんだ。 私がおおかみこどもでひっかかっているのは、絵空事を成り立たせるためにはそれ以外の部分は丁寧にリアルに描かなくちゃいけないのに、一見リアルだけど実は全然リアルじゃないとこだよ。家のメンテナンスしたことのない男どもにはわからないだろうが。 あと、イマドキ、着るものがワンピース一枚しかないの? ってのもあったな。 まさか小学校1年から6年までずーーーっと同じ服? 服じゃなくて小物にすればよかったのに。 語り手が花ではなく、娘の雨であるところからすると、すべてがフェイクというのもありえるんだけど。 ■[う] うめ 『南国トムソーヤ 1』,978-410771669-9 うめ 『南国トムソーヤ 1』(新潮社 バンチコミックス ,2012-07-09,580円, ISBN978-410771669-9)読了。 amazonへ Web掲載されていたお試し版を読んで、本屋に走った。 お試し版を読んだ時には、沖縄版銀の匙かと思ったんだけど、読み進むと沖縄版八雲立つみたいだな。続き楽しみ。 作者の「うめ」って二人組なのかぁ。 [購入ガイド] 4-10-771669-4 (ISBN4-10-771669-4) 2012.07.24(火) ◇[diary] 日記 ええと、今日は洗濯して買物いって録画した現代版シャーロックを見てのれんを夏物に変えて実家からもってきた裁縫箱の中味を整理した。 2012.07.23(月) ◆[zakki] エアコンの節電 節電のためには「エアコンのこまめなオフは禁じ手、ドライ運転も要注意」とのこと。 耐えられなくなるまで暑さを我慢してからエアコンをつけて、「こんなに節電した私ってえらい」とドヤ顔するのは間違いということですね。 ◇[diary] スプレー類の整理 実家からもってきたスプレー類をなんとか使いきろうと、台所の掃除を始めてしまった。 いつもは石鹸と重曹使ってるけど、さすがに市販品はよく落ちるわね。でも手が荒れるし、臭いもきついからあまり使いたくはない。 まだ残ってるけど、缶が腐食してるし、あとはボロ布にでも染み込ませて捨てよう。 疲れたので、リスト作業でストレス解消。 2012.07.22(日) ◇[diary] 夫の実家のエアコン取替え 夫実家のエアコン取替え作業中。ここ数日は涼しくてよかった。 そうだ、涼しいうちに我が家のエアコンのフィルターを掃除しよう! ◆[book] JUNE系リスト これは便利。【 JUNE作品リスト(http://homepage3.nifty.com/hitoko/ki/june/junelist.html)】 『June』関係は割と資料が整備されている感じ。 キーワードがわかりやすくて(JUNE、小説道場)検索にひっかかりやすいからってのもあるか。アニパロ系やおいやBLは、適切なキーワードがわからん。ブログを書いている人は多いけど、ブログは資料として参照しにくい。 小説JUNEに掲載された榊原姿保美『螢ケ池』の挿絵って波津彬子さんだったんですね。 【 JUNEリスト1982-84(http://homepage3.nifty.com/hitoko/ki/june/june82_84.html)】 そういえば、『RAPPORI やおい特集号』って『小説JUNE』で復刻掲載されたんだった。 『らっぽり』の復刻が載ってたのは『小説JUNE129号』(2001年3月号)ですね。 『Juneクロニクル』というのも出したようだし、意識的に歴史をまとめてたのか。 【 JUNEリスト2000-01(http://homepage3.nifty.com/hitoko/ki/june/june00_01.html)】 2012.07.21(土) ◇[diary] 荷物の整理続き 引き続き実家から持ってきたものを詰め込む作業。 昨日は黒歴史のクロッキーブックから金具を取り外し、回収に出す準備をしていた。 今度は服。家にある分とマージして、入り切らない分は回収に出す。 洗剤やスプレー類が厄介だ。匂いがダメで私には使えない(クシャミが止まらなくなる) 物がいくつもあるのだが、どう処分したものか。ボロ布に染み込ませて捨てるかの。 2012.07.20(金) ◇[diary] 荷物の整理 実家から持ってきたものを自宅のあちこちに詰め込む作業。入らないので、いらない物を捨てて、出来た隙間に突っ込むのだ。 2012.07.19(木) ◇[diary] 実家の家具リサイクル 実家でリサイクル業者による家具の回収を待つ。 リサイクル業者が家具の運び出しを始めた途端、ゲリラ豪雨来襲。家具濡れる、運び出す人も濡れる。まあ、ボロボロだからほとんど売り物にはならないんだけどさ。 2012.07.17(火) ◆[book] 乙木一史さんのブログの日経BPのライトノベル完全読本に関する話とか 『ライトノベル完全読本』の企画を立てた乙木一史さんのブログが移転してたので、記事の掘り起こし。 もう8年も前の話なんですよ。おそろしい。 【 ライトノベル完全読本、無事に出たよ。 - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20040726/1345437413)】 【 ライトノベル完全読本ASIN:4822217043 - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20040729/1345437417)】 【 ライトノベル完全読本で予想外だったこと2、オタク世代間格差はネットの情報波及力単体では埋められない - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20040730/1345437416)】 【 ライトノベル完全読本Vol.2が出て色々 - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20041205/1345437278)】 【2004-12-06】 関連した私の日記。 オタク世代間格差:2004年 07月 下旬:Alisato's 本買い日誌  ライトノベル書評宣言:2004年 07月 下旬:Alisato's 本買い日誌  『ライトノベル完全読本』と私:2004年 07月 下旬:Alisato's 本買い日誌  8年経っても世代間の情報格差は解消されず、むしろ8年分シフトして、若い世代が8年分入ってきただけだろいう……。 ソノラマ文庫に関する言及がちょっとあるな。 「SFマガジン2代目編集長、森優の漫画家カバーイラスト路線に対して、初代の福島正実が批判的だったのは有名。それがソノラマ文庫へとつながっていく。」 【 病院から…… - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20040803/1345437413)】 神野オキナが朝松健著の『魔術戦士6 冥府召還』につけた解説文について 【 神野オキナの名解説文 - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20040910/1345437362)】 2004年の矢野徹さんの追悼記事。ゲーム普及への功績とか、ゲーム小説についてとか。 【 矢野徹、追悼 - さて次の企画は(http://satetsuginokikakuha.hatenablog.com/entry/20041015/1345437317)】 スレイヤーズを語る困難さは、南総里見八犬伝を語る困難さに近い - さて次の企画は 中身が消えたのでインターネット・アーカイブから。草稿だったから消したのかな? 2004-11-09 -さて次の企画は 2012.07.16(月) ◇[diary] クーラーを探す 館林で39度かー。そりゃ車で走ってても暑いわけだわ。 00vで使えるエアコンを求めて電気屋を彷徨っていたのですが、去年で取り扱い終了とか。 取り敢えず扇風機一台増やしました。 古い家なので100Vの線は30アンペアしか使えなくて、仕方なく農業用電源使ってたんですが……。 義父母宅に普通のエアコンを取り付けるなら、配線周りもいろいろ弄らないといけないらしい。 さあ、どうしようと思っていたら、昼間は連絡が取れなかったご近所の電気屋さんから電話があって、 200Vのエアコン、扱ってるそうです。明日下見にくるとのこと。新しいの取り付けられそう。良かったー。 2012.07.16(月) ◇[diary] 義父宅のクーラーが壊れる 実家から持ってきた布団を圧縮して仕舞い、寝具をひたすら洗っては干すリア充な生活。 で、高温注意報が発令されたわけですが、実は昨夜義父母宅のクーラーが壊れたことが判明したところで…。 この時期に即日エアコン設置なんざ無理に決まってるので、緊急避難的にスポットクーラーを買うべく夫がホームセンターに向かいました。スポットクーラーが売ってなかったり用が足りなかったりしたら、うちに避難してもらうけどね。 和室が凄い状態だけど、一時的に片付けることは可能だと思う。 義父母宅のクーラーは200V仕様なので、その辺の電気屋では即納は無理なのだよね。 スポットクーラーは無事入手、設置出来ましたが、本体から排熱するんで置き場所をもう少し考えないといけないようです。 2012.07.15(日) ◆[book] 電子書籍 ずーっと気になっていた『バチカン奇跡調査官』をBOOK WALKERで購入。850円なり。高いと思ったら、紙の本はそれより10円高かった。 ●購入本 BOOK WALKERで購入 □[購入本]藤木 稟『バチカン奇跡調査官 黒の学院』(角川ホラー文庫,978-404449802-3),860円, 藤木 稟『バチカン奇跡調査官 黒の学院』 (角川書店 角川ホラー文庫 ,2010-12-25,860円, ISBN978-404449802-3) 4-04-449802-4 (ISBN4-04-449802-4) amazonへ 2012.07.14(土) ◇[diary] 収納用品購入 ホームセンターをまわって、収納ボックスやら座布団カバーやら布団収納袋やらを購入。疲れた。 ともかく実家から持ってきて和室に積み上げてあるものを片付けねばならん。昼寝場所を確保するために! 2012.07.13(金) ◇[diary] 洪水対策 大雨と洪水のニュースがある度、警報が出た場合に二階に持っていく荷物のことを考えるのだが(一階は多分浸水するから)、いっそカセットコンロとあまり使わない食器は二階に置くのはどうか。 コンロなんて鍋の時っきゃ使わないんだから、持ち運びできるようにしとけばいいんだ。 使わない鍋とお腕とお皿とカトラリーと箸とマグカップをひとまとめにして、ついでに水と非常食も入れて非常用セットにしとけばいいのか。 持ち出し用じゃなくて、一階が泥だらけになっても、それがあれば一息つけるように。あ、タオルとラップも入れておく。 2012.07.12(木) ◇[diary] 実家から帰宅 実家の片付けを終え、車で今日の未明にヘトヘトになりながら帰宅。 雨がひどかったので、荷下ろしができず、午後になってやっと家の中に運び込んだところ。 17:48 全然使ってない座布団とか香蘭社のお皿とか、景品だけど思い出のあるマグカップとか持って帰って来ました。 さて、どこに仕舞ったらいいのか。毛布やタオルケットは、袋に入れて空気を抜いて固めちゃおう。 収納用品を買わないとダメだよなー。クロゼット用の引き出しが欲しい。サイズ測ろう。あと、座布団カバー。 2012.07.11(水) ◇[diary] 実家の不要品回収 渋滞を避けるため午前3時に車で家を出て、横浜の実家へ。 ベイブリッジのあたりで日が昇ったが、日の出は進行方向の反対側なのだった。仮眠をとって片付け開始。押入れにあった整理ボックスを14個(中身も詰めた)と、食器棚と吊り戸棚の中身を全部回収に出しました。 未使用の食器もあったけど、箱がカビちゃってリサイクル屋にも出せない状態。 比較的マシな物は以前拾い上げて売りましたけど。5千円相当の引き出物が200円とかそんな感じ。 今回頼んだ所は容量単位のパック料金のある所なので、ともかく容量を減らすために分解できるものは分解。箱は潰す。 厄介だったのはハンガーで、ないと不便だけど大量にあると、まとまらないし、引っ掛かるし、、、きーーーーーーっ! 最終的に段ボールに立てて詰めてまとめました。 結局トラック2杯分の不用品を処分。けっこうかかったけど、パック料金なので、気分的には得したような。 押入れがほとんど空っぽになりました。 部屋に積上げた不用品もなくなってスッキリ。まだやることはありますが、明るい気分に。 2012.07.09(月) ◇[diary] 実家で片付け/回収見積もり 実家で片付け中。家具類の回収見積もりに来てもらった。高いなぁ。ベッドとかマットレス込みで一万円近くかかる。 住んでいれば粗大ごみの回収のほうが安いけど、住んでないので回収日がわからなくて、普通の紙ごみですら出せません。 生ごみなんかは持ち帰ります。面倒。 リサイクルもやってる業者なんですが、その場で買取じゃなくて売れたら返金システムみたい。 不要品回収業者はだいたいどこも一個づつの回収費用はあまり変わないようです。だったらパック料金のところが楽だな。 家具はリサイクルもやってる業者に頼んで、ゴミはパック料金のところに頼むつもりです。 住んでるわけじゃないから、見積もり出してもらうだけに出かける必要がある。すげー面倒。 2012.07.07(土) ◆[book] 朝日ソノラマ文庫のファンタジー 清水義範の《ランドルフィ物語》の表紙を見て驚く。こんな作品があったとは。 表紙だけ見るとほとんどハヤカワ文庫FTですが、実はソノラマ文庫。1985〜1988年刊行。 エディングスのベルガリアード物語のファンあたりを狙ったのかなーって思ったら、なんとランドルフィ物語の方がベルガリアード物語翻訳よりも刊行早いよ!! ベルガリアードの翻訳刊行は1988年、本国での刊行は1982年。 【ランドルフィ物語の検索結果 - 電子書店パピレス】 電子書籍版の見本を見る限りでは、ガチのエピックファンタジーのようですが、なぜこの時期に……というのが疑問。ゲームブックが出てきた直後にこれからはファンタジーだ!って書き始めたのか、もともと書きたかった作品をやっと出せたのか。 この時期の『幻想文学』はレビューアーが好きな本を取り上げてレビューする方式なので、書評ページでの《ランドルフィ物語》への言及はなし。スプリンガーのアイルの書が取り上げられてるぐらい。ソノラマ文庫では海外ホラーの翻訳を出していた時期。 清水さんのは、文体が教養文庫で出ててた叙事詩のパスティシュっぽいので、最初は3巻ぐらいで終わる実験作だったのかも。ファンタジーブームに乗って、7巻まで伸びたのかな。 4巻だけ表紙イメージが違うし。 1985年のソノラマ文庫には、嵩峰龍二《アドナ妖戦記》というのが出てますね。 これもガチファンタジーだな。表紙だけだとソノラマ文庫じゃなくてハヤカワ文庫JAみたいだ。 【さりげなく2代目BLOG書店 【アドナ妖戦記1〜6】:嵩峰龍二】 1984年にはソノラマ文庫海外シリーズが出てるので、この時期にファンタジーとホラーに入れ込んでる編集さんがいたのかなぁ。 ◆[book][url] Anima Solaris のメールインタビュー Anima Solaris のメールインタビュー iPadで読むと非常に雑誌っぽくて読みやすいですね。 2001/10 【 著者インタビュー:久美沙織先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/011101.shtml)】 2002/12 【 著者インタビュー:飛浩隆先生&岡田忠宏先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/021201.shtml)】 2004/12 【 著者インタビュー:森奈津子先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/041202.shtml)】 2005/07 【 著者インタビュー:冲方丁先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/050701.shtml)】 2006/01 【 著者インタビュー:大森望先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/060101.shtml)】 2007/01 【 著者インタビュー:伊藤計劃先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/071101.shtml)】 Anima Solaris のメールインタビューいろいろ。 2009/09 【 著者インタビュー:coco先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/090901.shtml)】 2011/07 【 著者インタビュー:久美沙織先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/110701.shtml)】 2011/10 【 著者インタビュー:牧野修先生(http://www.sf-fantasy.com/magazine/interview/111001.shtml)】 ◆[book][url] ソノラマ文庫紹介ページ 【ソノラマ文庫】 ……初期ソノラマ文庫の紹介ページ。エンディング紹介ページまであります。 2012.07.06(金) ◆[book][mysite] 少女小説系レーベル作家リスト-あ行 出来たものから放出。まだ「あ行」「か行」のみ。 少女小説系とありますが、そのうちウィングスとかASUKAとか双葉とかC★ノベルズなどの新書データも入れる予定。 [少女小説系レーベル 作家リスト あ行] 飽きたので、ソノラマ文庫やる。ビーンズとかは「新しい」のでまだ手がつけられない。 ■[は] 瑞山 いつき『相棒とわたし』,978-483793606-0 瑞山いつき『相棒とわたし』イラスト:日野杏寿(三笠書房 f‐Clan文庫 ,2011-11-18,620円, ISBN978-483793606-0)読了。 amazonへ (あらすじ)旧貴族のエッドは、大地のエネルギーを喰う核獣を狩る滅核獣師になるため、幼馴染みのラッセと共に準軍学校に入学した。相棒として彼の隣りにあることを信じていても、戦士として、そして女としては少しだけ自信がなかった。けれど王制復活を目論む反乱により、ラッセが核獣の王として覚醒してしまう。冷たい眼差しのラッセに、エッドは相棒としての覚悟を秘めて対峙し……! 一見クールな美少年に見えるが内心コンプレクスを抱えてる主人公の少女はよい感じ。ただ、彼女が友情以上恋愛未満の感情を寄せる「相棒」のラッセのキャラクターが中途半端だったかなぁ。ラッセがあんまり魅力的じゃないんで、主人公のコンプレックスや決意があんまりピンとこないというか。(私が直情型キャラが好きじゃいってのもあるかも) クールだけどコンプレックスがあるキャラが主人公かつ視点というのは、描くのがなかなか難しいよなと思いました。 同性同士、あるいは男女逆だったら動かしやすかっただろうし、視点が直情型のラッセにあったら書きやすいんじゃないかしら。 ウェルメイドな作りの物語ではあるんですが。 瑞山いつきは、ビーンズ文庫でデビューした人なんですね。 [購入ガイド] 4-8379-3606-7 (ISBN4-8379-3606-7) 2012.07.04(水) ◇[diary] 整体 整体でした。 ●購入本 リアル書店で蝉丸Pの御本を買ってきましたよ。ちゃんと仏教の棚に置いてあったわ。 □[購入本][と]友桐 夏『星を撃ち落とす』(東京創元社 ,978-448801770-5),1575円, 友桐 夏『星を撃ち落とす』 (東京創元社 ミステリ・フロンティア ,2012-06-28,1575円, ISBN978-448801770-5) amazonへ 4-488-01770-3 (ISBN4-488-01770-3) □[購入本][は]瑞山 いつき『相棒とわたし』(三笠書房 f‐Clan文庫,978-483793606-0),620円, 瑞山 いつき『相棒とわたし』 (三笠書房 f‐Clan文庫 ,2011-11-18,620円, ISBN978-483793606-0) amazonへ 4-8379-3606-7 (ISBN4-8379-3606-7) □[購入本][せ]蝉丸P『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』(エンターブレイン ,978-404728094-6),1470円, 蝉丸P『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』 (エンターブレイン ,2012-06-15,1,470円, ISBN978-404728094-6) amazonへ 4-04-728094-1 (ISBN4-04-728094-1) 2012.07.01(日) ◇[diary] 実家の片付け 明け方に実家より帰還。真夜中まで片付けをしていたせいでこんなことに。頭が興奮してるせいか、3時間で目が覚めてしまった。 実家から持ち帰った黒歴史の束(クロッキー帳とかスケブとか)、どうすればいいんだー。 油絵はキャンバスから外してひっちゃぶいて捨ててきた。 古い油絵をドラマチックにパレットナイフでキャンバスを切り裂いたりすると、パリパリになった油絵具の破片があたりに飛び散るので、やらん方がいいよ…… 今は実家から掘り出してきた手紙をシュレッダー中。 シュレッダーが発熱しすぎて停止したので、冷却待ち。(冷めればまた使えるようになる。それを知るまでは壊したかと青ざめたものだ) 差出人を見てもだれだか思い出せない人多数。どうも小学校時代の年賀状まであるらしい。卒業式にもらったらしい「6年生の皆さんへ」という小学3年生からの原稿用紙の書いたお手紙まで混ざっていた。 実家のポストには20年以上前に87歳で亡くなった祖父宛に高校の同窓会の通知が届いていた。 名簿のステータスは死亡になっているというのに。何考えてるんだ? 多分どっかに事務業務を委託してるんだろうけど、そこ管理がなってないから使うの止めたほうがいいと思うぞ。どんだけの無駄金が……。 クロネコのメール便で来るものだから、郵便局のように該当者不明で差出人に返すことができないんだよね。 配達しないように申し出ることはできるので、亡父宛のDMは配達されないようになったけど、まさか20年も経ってから祖父宛に来るとは思わなかったよ。 そして高校時代の住所録を整理してたら、同人誌関係に「榎木洋子さん」という名前を見つけて目をむいているなう。 んー、同姓同名かにゃー……。別のペンネームで認識してたにゃー。年齢とかは微妙に一致してるにゃー。 手掛かり探そうにも、手紙はさっきシュレッダーにかけたばかりだw 中山星香ファンクラブ関係の住所録だったから、プロデビューした人が何人かいても不思議ではないのだ。 2012.06.30(土) ◇[diary] 実家の売買契約 年末ぐらいまでに買い手がつけばいいやと思っていたのですが、買い手が現れたので、急遽契約することに。 相手は建売業者さんです。 8月半ばに引き渡してほしいとのことなので、片付けを急いでやらないと! 2012.06.29(金) ◇[diary] 梅ジャム 梅ジャム第三弾の裏ごしまで完了。今回は1200g。900gのときの出来上がりが220cc×5+120cc×1だったので、今回は出来上がりが1650ccぐらい? 220ccの瓶7コぐらいか……。なんとか空き瓶も足りるかな。 梅ジャムが消費しきれないので、ゼリーにするレシピを考え中。 新しいのは完熟で作っているから、きれいなオレンジなんだけど、古いのは青梅で作っている上に黒ずんできて緑褐色になっているので、ゼリーにすると見栄えが悪くなりそうなのが難。中が見えない容器で作るか。 熟れすぎたメロンも義母宅からやってきて(これで4個目。農協で箱買いしたらしい)、シャーベットにしてせっせと消費しているところ。 ◇[diary] 保湿は大事 化粧水が切れかけているので、DHCに注文。 長年DHCの化粧水とオリーブ油だけで過ごしてきましたが、さすがに油分が足りなくなってきたので寝る前に馬油やワセリンを塗るようにしたら、ほうれい線が薄くなりましたのことよ。高い美容液使わなくても化粧水で水分補給して油でフタして保湿すりゃOKだったらしい。 チューブのワセリンなんて800円しないのに。 2012.06.28(木) ◇[diary] 自立神経失調3日目 この時期は梅仕事(梅干し、ジャム作り)があって時間取られるのに、自律神経失調でダウン。実家をたたむ案件もすすめにゃならんのに〜。失調して3日目、ひたすら眠ってなんとか復調か。まだゆだんはきんもつ。こじらせるとよろしくないので、早め早めに休むのだ。 ◆[book][url] 少女マンガ系サイト 【別冊マーガレット目次】 【デラックスマーガレット目次】 【60&70年代少女漫画雑誌の小部屋】 【漫画書影アーカイブス】 2012.06.27(水) ◇[diary] まだ自律神経失調 自律神経失調であたまいたい。目も痛い。なので目を瞑ってiPadの朗読執事に「まだらの紐」を読ませる。途中で寝ちゃうので、いつまでたっても解決までたどり着かない。 2012.06.26(火) ◇[diary] 買い物 ホームセンターに行ってジャム用の瓶をたくさん買ってきた。 ヨーカドーでミッフィー柄のたためるトートバッグを買った。 古本市場に珍しくティーンズハートが出ていたので、巻末の目録のために3冊買った。105円だった。 ◇[diary] 自律神経失調継続中 気温の差が激しいので、自律神経が死んでる。あたまいたい。肩が凝る。 よろよろしながらラタトゥイユを仕込み、梅ジャム第二弾を煮ている。 寝室に何かいます…ハウスダスト的なものが。でも、あたまいたいから掃除機かけらんない。夜中だし。 2012.06.25(月) ◇[diary] 自律神経失調 急に気温が下がったせいか胃が痛くてヘロヘロ。カイロ貼って横になってます。 ◆[book][url] 作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん 【作家の読書道 第126回:須賀しのぶさん - 作家の読書道】 コバルト文庫の縛りとか、いろいろ語られてます。キル・ゾーンって最初はあんまり売れてなかったのか…。 1996年には須賀さんは6冊ぐらい本を出しているので、当初は売れなかったキルゾーンも段々売れてきたということかな。 1995年から何年かはコバルト文庫が凄く勢いがあった時期なので、売れないシリーズでもしばらく続けられる余裕があったってことなのかも。 ●購入本 予約したランドリオールが届いた。 □[購入漫画]おがき ちか『Landreaall 20巻 限定版』(一迅社 ,978-475805717-2),800円, おがき ちか『Landreaall 20巻 限定版』 (一迅社 ZERO-SUMコミックス ,2012-06-25,800円, ISBN978-475805717-2) amazonへ 4-7580-5717-6 (ISBN4-7580-5717-6) 2012.06.24(日) ◇[diary] 梅を漬ける 梅を漬けた。順調に水が上がってる。漬物用の袋を使うようになってから、熱湯消毒や日光消毒をしなくても済むようになって、とても楽。代わりにホワイトリカーをばんばん吹きかけてますが。今は200ccのカップに入った使いきりホワイトリカーを売っているので便利。 ◇[diary] 梅ジャム第一弾 梅ジャム第一弾完成。ラベルまだだけど。 1kgの裏ごし梅+砂糖1kgを煮詰めて150ccが2本、300ccが3本。 ルクルーゼもどきでフツフツするまでかき混ぜながら加熱したら、火を消して放置しとくと余熱でジャムになるのか。これなら焦げない。 2012.06.23(土) ◇[diary] 梅の実収穫 梅の実収穫。落ちたていたのも合わせて8kgぐらいかな。 比較的状態の良いものを梅干し用に3kg取り分け、残りは完熟させてジャムにする。 2012.06.22(金) ◇[diary] 不動産屋と契約 実家をどうにかせにゃということで、見積りやってもらった不動産屋にお願いすることに。 専任媒介契約書というのを書いて、家の合鍵を渡してきました。 家具付き家ごと土地を売る形で、取り壊しなどは買い手にやってもらうことにします。 一般人だとそういうのは嫌がられるので業者さんに売って建売物件にしてもらるといいんじゃないかという話で、そういう買い手を探してもらうことになりました。 業者相手だと一般人相手の場合の70%ぐらいの売値になっちゃうので、最初はふっかけてみましょうという営業さんのお言葉。割りと立地条件がいいので、ふっかけてもイケるんじゃないかと思っているらしい。 まあ、家売ったお金でリハウスしようとしてるわけじゃないから、どうでもいいです。面倒じゃなくて、お高く売れるならそれが一番いい。 ◇[diary] 実家で片付け 実家で片付け中。やってもやっても終わらん。 不用品回収業者に電話したら予定がつまってて明日回収は無理といわれたので、とりあえず不用品を積み上げるだけにした。 個人情報の入ったものは別にしときたいので面倒。 祖父の自費出版の句集だか歌集だかとか、父の描いた下手くそな水墨画(お手本見て模写するんだけど、やっぱり下手)とか、どうしたものか。邪険にすると夢枕に立たれそうなんで…。箱詰めして天袋にでも押し込むか。 2012.06.21(木) ◆[book][url] 国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス 【Web NDL Authorities(国立国会図書館典拠データ検索・提供サービス)】 別名義だけでなく、よみがなや生年もさくっと調べられるので、凄く便利。もっと早く知りたかった。 いままでは、ジュンク堂サイトで作者読みを確認してました。 2012.06.20(水) ◆[book][url] コミックマーケット年表 【コミックマーケット年表】 私が参加してたのは、1980年春の14〜1989年夏の38までだな。 コミケット14は一般入場だったけど、以後はサークル入場なので、並んだ記憶が全然ないのだった。 ちなみにオリジナル漫画。昔は二次創作の方が珍しかった。 家人もコミケに行ったことがあるというので、「会場はどこだった?川崎?晴海?」と聞いたら「いや、蒲田」って答えが。大田区産業会館の頃かw コミックマーケット10か13あたりじゃないかな。 コミケ年表探してたのは同人誌の流行が知りたかったからで、資料として『漫画同人誌エトセトラ ''82-'98』や『コミケ30年史』があるんだけど、厚くてひっくり返すのが面倒だから……。 「同人の流行を考えるスレまとめ @ ウィキ 流行年表」という隠語だらけのは見つかった。まあ、だいたい分かりますが。 1983:ゴッドマーズ、J9シリーズ。 1985:キャプテン翼。 1987:聖闘士星矢。 1988:銀英伝、魔王伝。 1989:侍トルーパー。 1990:天空戦記シュラト、魔神英雄伝ワタル、魔動王グランゾート。 1991:サイバーフォーミュラ、沈黙の艦隊。 1992:セーラームーン、ドラゴンボール、炎の蜃気楼。 1993:幽遊白書。1994:スラムダンク。 コミケの女性向けの流行はこんな感じらしい。 「高河ゆんのサークル夜嬢帝国は、小説「魔王伝」のパロディ本で魔王伝の小ブームを作り出した。」(阿島俊『漫画同人誌エトセトラ'82-98』p.102) というのが1987年の状況。 このへんで女の子たちの菊地秀行、夢枕獏あたりのノベルズの捕捉(というより捕食)がはじまったということか。 ◆[book] EASY BOOKSのリスト ムービックのEASY BOOKSのリストを整形しようと思ったら、アンソロジー多すぎてどう扱っていいものやら。 EASY BOOKSは、BLを扱った、まとまったレーベルとしては一番古いものだと思うし、野梨原花南とか近端夏也子とかもいるのでデータ拾っておきたいが、どうしよう……と、しばし悩んで、BLは守備範囲外でもあることだし、競作集は競作集としてまとめて、作者は記載しないことにした。ISBNは載せておくので必要な人は自分で調べればいいんじゃないかと。(ネットではなかなか調べられないけどね)。 あと、EASY BOOKSの『EG 女の子の秘密恋愛物語の本!!』って何かと思ったら、百合競作集なんですな。1994/09刊行。売れなかったのか1冊のみでシリーズ化なし。 ◆[book][mysite] エクリプスノベルズとEASY BOOKSのリスト 桜桃書房のエクリプスノベルズやムービックのEASY BOOKSなどのリスト。BLレーベルのほんの一部にしか過ぎませんが。 ラノベの杜の管理人さんからご提供いただいたデータを整形。 [BLレーベル ブックリスト一覧] エクリプスノベルズやEASY BOOKSはBLレーベルなんだけど微妙にSFファンタジー寄りで初期の花丸ノベルズに通じるようなところもあり。 どちらもアニパロ同人誌の流れをくんでるようなんだけど、そのへん詳しくないのでよく分からんです。 2012.06.19(火) ◆[book] 焼きナス 家庭菜園とか朝市とかで新鮮なナスが大量に手に入ったら、すぐに使わない分は焼きナスにしてしまう。 洗って、切り落とさないようにヘタの周りにぐるりと包丁で切れ目を入れて、魚焼きグリルかオーブントースターの網にそのまま並べて、皮が黒くなるまで焼く。 ナスを焼いたら皮に切れ目入れて、先がギザギザのスプーンで身をかき出す。 冷蔵庫にいれておけば数日持つ。醤油とかつお節かけて食べてもいいし、そのまま味噌汁にいれてもいい。 フレンチドレッシングでマリネするとさらに保存がきく。冷凍も出来ると思うけど、うちはその前に使いきっちゃうからな… 焼きナスの身をとった皮とヘタは刻んで(ハサミ使うと楽)、ゴマ油で炒めてみりん、醤油、味噌、豆板醤などで適当に味付け。 ご飯の友にも酒の肴にもよし。 本当は私は揚げナスの方が好きなんだけど、家人が揚げたの嫌いだから焼きナス。でもまあ、揚げるより焼いた方が楽ですわな。オーブントースターなら焼いてる間は放置出来るし。 まあこれで義母の畑から来たナス1ダースを処理出来ましたのことよ。義母はもっと渡したかった様子だがw 2012.06.17(日) ◇[diary] 大学の友人たちと食事会 昨日はラ・ポルト青山ビル 野趣家にて大学時代の友人とお食事会でした。 鮎、海老しんじょ、豚しゃぶ。揚げ物が美味しかったなー。デザートのナッツとカラメルのアイスが素晴らしく美味しかったです。 友人のロンドン土産でエリザベス女王即位60周年の紅茶とロンドンオリンピックマスコットの絵葉書を貰いました。 彼女は旦那様の仕事の都合でこれからしばらくロンドン生活の予定。向こうで住むところを決めて一時帰国中。女王即位60周年パレードの時は丁度帰国日で、空港のTVでパレードみてたそうです。 興味ないんで知らなかったけど、ロンドンオリンピックのマスコット、キモカワイイ。でもメタルの質感がないと魅力半減どころか魅力20パーセントぐらいね。 2012.06.16(土) ◇[diary] 検索しても出てこない作家 コバルト文庫でぐぐっても出てこない人=どっから来たのか分からない人=誰かの別名義?は今のところ5人。三千院春人、しらせはる、日高砂羽、夕季あい、天堂ハルヒ。 でもぐぐると日高砂羽は2009年ロマン大賞の最終選考に残った人という話がでてくるので、選評から判断してそれっぽい中華物らしい『無極の徒』の若園実? そういえば、選評コピーしてきたのに自サイトに載せてない。 2012.06.15(金) ◇[diary] 銀行いってきた 銀行いって、本屋で『デュラララ×11』を買ってきた。 ●購入本 ご近所の本屋にもたまには電撃文庫が入っている。 □[購入本][な]成田 良悟『デュラララ!!×11』(電撃文庫 ,978-404886562-3),599円, 成田 良悟『デュラララ!!×11』 (アスキー・メディアワークス 電撃文庫,2012-05-10,599円, ISBN978-404886562-3) amazonへ 4-04-886562-5 (ISBN4-04-886562-5) □[購入漫画]枢 やな『黒執事 14』(Gファンタジーコミックス ,978-475753611-1),590円, 枢 やな『黒執事 14』 (スクウェア・エニックス Gファンタジーコミックス ,2012-05-26,590円, ISBN978-475753611-1) amazonへ 4-7575-3611-9 (ISBN4-7575-3611-9) 2012.06.14(木) ◆[zakki] QLDの思い出 昔のパソ通で使われていた画像形式QLDとかMAGとかの話題。 QLDは仕様を公開してなかったので、作成者が事故で亡くなってからは拡張も改良もしようがなかったんだよね、確か……。 私はMAKIやMAGローダにはお世話になったけど、QLDはほとんど使わなかったかな。 QLD形式を開発していた人はなかなか苛烈な性格で敵も多かったようで、私が通っていたパソ通のBBSで「彼が亡くなったからといって僕は残念だとは思いません」と恨みつらみをぶっちゃけた人がいたのを覚えている。ネットの怨み、怖い……。 ◆[book][mysite] キャンバス文庫リスト やっと出来た。 [小学館キャンバス文庫 著者名リスト(登場年順)] [キャンバス文庫作家別刊行チャート] Wikipediaにある通り、小学館キャンバス文庫は生え抜きの新人がほとんどいないレーベル。 創刊時は、大陸書房の作家、コバルト文庫の作家、ティーンズハートとホワイトハートの作家にソノラマ文庫の作家に岬兄悟。少女向けというより大陸ノベルズの延長っぽい。 他にもスーパーファンタジー文庫とかハヤカワHiとかのファンタジーの書き手の受け入れ先みたいになってたんだけど、もう読者のほうが異世界ファンタジーにはお腹いっぱいになってきていた。 女性作家のファンタジーをばりばり出してたスニーカー文庫は1995年には横溝正史の『夜光怪人』などなどを引っ張り出してきて、なんだかよく分からないことに。 コバルト文庫だけは1995年以降もファンタジーで元気でしたが、多分ラブ要素があったからですね。 ◆[book][url] アニメ雑誌データーベース 【ゆうゆうじてき:アニメ雑誌「ニュータイプ」「アニメージュ」データベース&アニメグッズ懸賞情報】 2012.06.13(水) ◇[diary] 整体/ブックオフ 整体のあと、ブックオフにキャンバス文庫を探しにいったが、ティーンズハートと同じく影も形もなかった。 ブックオフは手入れがよすぎて古い本を探すには向かないんだな。手入れの悪いリサイクル古本屋なら見つかるかしら……。 古いラノベはネットで買えるけど、1冊づつじゃなくていっぱい並んでるのが見たいんだよね。図書館にはあるにはあるが、古いのは閉架書庫に入ってることが多いので、請求が面倒……。 で、今日はアレルギー症状が酷くて、薬をのんでもなかなか鼻水と眼のかゆみが止まらなくて困った。 帰ってきてからは、整体の疲れと薬の副作用とで爆睡してしまった。 2012.06.11(月) ◆[book][mysite] BLレーベル刊行チャート [BLレーベル 刊行チャート] 2008年までのチャートを作れたBLレーベルが71、データがなくてチャートが作れなかったのが今のところ14、現在でも刊行されているレーベルが、コバルトやホワイトハートを含めて30弱。 10冊刊行できなかったレーベルが20ぐらいあったり。ドジョウを狙ってしかばね累々。 BL小説は絶版も多いけど、レーベルをまたいでの復刊も多い。最近はどのレーベルも電子書籍に力入れてる様子。まあ本屋で買うの恥ずかしいし、ロマンス小説は基本読み捨てだけど捨てるのも大変だから、電子化に向いているのかも。電子書籍だけ出してるレーベルもあるようです。 2012.06.10(日) ◆[book] BL系レーベル 「ラノベの杜」の管理人さんから2008年までの8千件におよぶBLレーベルのデータを戴きました。ありがとうございましたー! わーい、嬉しい、嬉しい。BLはほとんど読まないけど、データは嬉しいんですよ。データおたくだから。わくわく。 2003年に出た『別冊活字倶楽部 BL小説パーフェクト・ガイド』によれば、その時点でBL小説を出している出版社は23ありました。その後ビブロスはつぶれちゃったけど、また新しいところが出てきてるのかな。 キャンバス文庫をやっつけたら、ルビー文庫とFUDGE、エクリプスロマンス、EASY BOOKSあたりをつつこうかと思います。JUNEとくっついてたルビー文庫はともかく、他のはアニパロ雑誌からの派生だとBL年表に書いてあったなぁ。 といいながらBLノベルのデータをレーベル単位で分割していったら、やってもやっても終わらない。 恐ろしいものの片鱗を味わった……。 約70レーベルになりました。データに入ってないレーベルが8つぐらいあったので、それを加えて80レーベルぐらい。ただ中には1〜2冊しか出てないレーベルというのもあります。 こんなにいっぱいBLレーベルがあってやっていけるのかと思うけど、やっていけるからこそ、こんなにあるんでしょうなぁ。メインターゲットは金もってるOLと主腐だし。 ◆[book][url] BL系サイト 【ボーイズラブ 出版社別 買取り価格表】 ……おお、こんなところにBLレーベル一覧が。【Boys Mania】というBL古本専門店です。中古買取屋さんは盲点だった。 【++ SunnyDays + RainyDays ++】 ……Twitterで教えてもらいました。 2012.06.09(土) ◇[diary] グリーンカーテン ゴーヤのグリーンカーテン用にネットを張りました。このところの雨で順調に伸びております。暑くなる前に茂れ〜! ◆[book] 少女小説レーベルチェック レーベルチェックはパレット文庫を終了してキャンバス文庫へ。 最初の目的は日本のファンタジー出版年表を作ることだったんですが、全然そこまで行き着かないので、少女小説系レーベルの作家リスト作成に切り替えようかと。個人的にはマッピングしたいだけなんですけど。 ラノベ系DB作成を頑張ってくれてる人たちがいるのに、わざわざもう一回リストを作りなおしているのは、自分の中にマッピングしたいからなんですよね。Wizardryのマッピング作りと同じようなもん。ちまちまと方眼紙を埋めていってフロアの全貌が見えた時の快感を求めているというか……。 自分の楽しみついでに誰かの役に立ってくれれば、一石二鳥でお得〜ってわけで、データを公開。他人の役にはたたなくても、数年後の自分の役には立つし、 完成度はあまり考えない。出力もあまり綺麗にはしない。 綺麗に出力されたデータというのは結構危険で中味のチェックがおろそかになる可能性があるので、チェックが甘いリストなら変に綺麗に出力しないほうがマシだと思うのです……。 ◆[book] 『日本幻想作家事典』の索引と別名義一覧 アトリエOCTAのサイトが移動したので再掲。 【アトリエOCTAの『日本幻想作家事典』『日本幻想作家事典』に掲載された別名一覧テキスト版 『日本幻想作家事典』の索引も アトリエOCTAの『日本幻想作家事典』のページに圧縮ファイルで置いてあります。 2012.06.08(金) ◆[soft] Windows XPのタスク・マネージャの表示が枠だけになった時の対処方法 タスク・マネージャの表示が枠だけになって、どうしようかと……。ちゃんと対処方法があったのね。 慌てず騒がす枠をダブルクリックだそうですw 知らずにマウスでつついているうちに直っちゃう人もいるんだろうなぁ。 【@IT:Windows TIPS -- Tips:タスク・マネージャの表示が枠だけになった場合の対処方法】 2012.06.07(木) ◆[book] BL系データ ルビー文庫のリストを作ろうかなとTwitterでつぶやいたら、【 ラノベの杜(http://ranobe-mori.net/)】の管理人さんから「公開してないけど昔作ったデータがありますよ」とお声をかけていただいたので、ありがたくデータを戴くことにした。 JUNE/やおい/BLには思い入れがないので、どこまで手を出すか悩みどころなのですが、コバルトと花丸の作家の出自と行方を調べていくと調べざるを得なくなり、関連レーベルが芋づる式に出てくるものだから、手がつけられない状態に……。 少女向け小説では、なんかよくわかんないけどファンタジーとやおいの波はほとんど同時にやってくるのですよー。根っこに栗本薫せんせいが陣取ってらっしゃるからかもしれない。 全部は無理でも、コバルトとホワイトハートの人たちが書いてるレーベルぐらいは追いたいなぁという希望をもっています。……無理かも。 ◆[book][url] 文学賞関連サイト 【ブログ記事一覧 - 本や文学賞情報などの覚え書き】 ……親サイトは【本の紹介サイト ムーレインのBookNavi】 【受賞作ドットジェイピー】 ……こういうサイトもあるのですね。でも、あんまり検索で上のほうに出てこないような。 【緑の部屋】 ……作者年譜を載せているサイト。 2012.06.06(水) ◆[book] 作家別名義 Wikipediaによると、秋野ひとみ=林瞳=小川夏野らしい。 秋野ひとみ名義で121冊、林瞳名義で2冊、小川夏野名義で11冊。94年〜96年にかけては、秋野ひとみが隔月刊行。小川夏野も3ヶ月おき刊行。 ◆[book] 初期のルビー文庫 『ときめきイチゴ時代』を捜索中(まだ見つかりません……)に、秋月こおの富士見二丁目交響楽団シリーズセットの入った箱を発掘。巻末にルビー文庫の目録発見。ピンク背スニーカーがそのまま移行したので、山浦弘靖や林葉直子もルビー文庫扱いなんですな。 初期のルビー文庫のリストを作っている人はいなさそうなので、作っといたほうがいいかもなぁ。 ラノベと少女小説とBLの狭間に誕生したレーベルなので、意外に資料がない。JUNEがらみで作品紹介をしてる人はいるんだけど。 ルビー文庫は少女小説とBLの狭間というより、むしろそこがBL文庫の起点というべきか。 ただ、今の時点から見ると、少年向けレーベル扱ってるところと少女向けレーベルところとBLレーベル扱ってるところの隙間に落っこちてる印象。 私がスニーカー文庫ピンク背と呼んでいるのは、こんな本。 久美沙織さんと花井愛子さんのは、正確には角川文庫青版ですね。 「キャットボーイ」はピンク背というよりピンクライン。 スニーカー文庫ピンク背1 久美さんのは1988年の新青春フェアで出た本。スニーカー文庫創刊前ですが、一応その後スニーカー文庫のラインナップに入ったようです。カバーが変わったかどうかは不明。 スニーカー文庫ピンク背2 2012.06.04(月) ◆[cook] トマトソース トマト農家の親戚から巨大トマトが7個もやってきたので、トマトソースを作った。 片手で掴んでも手からはみ出す巨大トマトは大き過ぎて出荷出来なかった物と思われ。 ガッテン流に皮と種ごとミキサーにかけ、こし器をとおしてフライパンで煮詰めたら甘くて美味しいソースになった。 ◆[book][url] ロマンス小説サイト パレット文庫の新倉智子のことを調べていって見つけたロマンス小説紹介サイト。 シルエットロマンスって昔はサンリオから出てたんですね。ロマンス小説の新人賞もあった。 【Romantic waterdrop】 サンリオのニューロマンス出身の人がMOE文庫スイートハートに書いて(新倉智子、柳原一日、桐野夏生=野原野枝実)、そのあとパレット文庫→偕成社Kノベルスと流れたような感じ。 早見裕司さんによると、「MOE文庫が解散して、版権を偕成社に売却したあと、Kノベルズから新倉智子のシリーズの続きなどが出た…」とのこと。 Kノベルスは児童書扱いの新書ですね。偕成社文庫よりは対象年齢が上なのかな。 2012.06.03(日) ◆[cook] 塩かつお 昨日の夕食は、あさイチでやっていた塩カツオ。カツオを洗って、塩まぶして10分置いて、塩を洗い流す。 生臭みもなくなり、醤油なしでも美味しい。 マグロのサクで塩マグロというのも美味しいらしい。生ハムっぽくなるそうだ。 ◆[cook] イチゴジャム ご近所さんがイチゴ狩りに行ったとかで、3パック分ぐらいのイチゴをおすそ分けしてもらった。 小さいものは電子レンジでジャムにしようかと思う。 数年前まで夫の親戚が大量のイチゴを持ってきたが、そこがイチゴ農家をやめてしまってからはジャムもあまり作らなくなっていた。 実は、まだ昔作ったイチゴジャムが残っているのだよ。 しっかり砂糖を加えて作ってあるから、保存はできてて食べられるんだけど、色と風味は落ちている。新しいのとブレンドして食べるかねー ●購入本 Amazonで購入。 □[購入本][は]萩尾 望都『コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編』(河出書房新社 ,978-430927328-0),1470円, 萩尾 望都『コトバのあなた マンガのわたし 萩尾望都・対談集 1980年代編』 (河出書房新社 ,2012-05-25,1,470円, ISBN978-430927328-0) amazonへ 4-309-27328-9 (ISBN4-309-27328-9) □[購入本][か]菅 聡子ほか『〈少女マンガ〉ワンダーランド』(明治書院 ,978-462568612-2),1575円, 菅 聡子 , 武内 佳代 , ドラージ土屋 浩美『〈少女マンガ〉ワンダーランド』 (明治書院 ,2012-05-29,1,575円, ISBN978-462568612-2) amazonへ 4625686121 (ISBN4-6256-8612-1) □[購入本][ほ]本の雑誌編集部『新・匿名座談会』(本の雑誌社 ,978-493846395-3),1680円, 本の雑誌編集部『新・匿名座談会』 (本の雑誌社 ,2000-10,1,680円, ISBN978-493846395-3) amazonへ 4-938463-95-4 (ISBN4-938463-95-4) 2012.06.02(土) ◆[book][mysite] ホワイトハート刊行チャート [講談社X文庫ホワイトハート 著者別リスト] [講談社X文庫ホワイトハート 作家別刊行チャート(1991-2010年)] ホワイトハートは新人賞はあるけれど、作家育てる気はあまりなくて、売れなければ3冊未満でさようなら、年に一人でも「当たり」が出ればいいやみたいな編集方針が伺えますですな。しかもその編集方針が何年ごとかに変更されるので、あおりを食らってシリーズ物が途中で途切れたりとか。 1993年に一般恋愛物路線が消えて、新人賞募集。1997年に恋愛物新人賞がなくなってBL方向に寄せて、ついでに作家に別名義で出させたりとか。2000年ごろにまた方針変換あったみたいで(ファンタジー脱却?)シリーズ物が途切れたり。2005年に新人賞の方式が変わったり。 ◆[book] 小学館パレット文庫 ホワイトハートのチェックが終わったので、ようやく小学館パレット文庫のチェックに入りました。パレット文庫は篠原千絵『還ってきた娘』ぐらいしか読んだことなくて、さっぱりイメージがわかないです。 初期には漫画家さんを小説に起用したり、漫画ノベライズが多かったレーベルという印象。小学館に小説のセクションがなかったそうで、 雑誌『Palette』の創刊は早かったのに、パレット文庫の創刊が1991年と遅いのはそのせいなのでしょうかね。 自分の日記を漁ってたら、パレット文庫創刊ラインナップ に書いた記事を発見。 [小学館パレット文庫:2004年 02月 上旬:Alisato's 本買い日誌 23:58 『創 1989年4月号』「10代少女たちの花井愛子と少女文庫人気」についての記事も発見。 これは図書館取り寄せだったので、コピーが取れなかったんですよね。コピー欲しい。 [2004年 02月 上旬:Alisato's 本買い日誌] ◆[book][url] 1990年代創刊の少女向け文庫レーベルについて Twitterでのやりとりをまとめました 【1990年代創刊の少女向け文庫レーベルについて - Togetter】 2012.06.01(金) ◆[zakki] 消えるボールペン こすると摩擦熱でインクが消える便利なボールペンFRIXION BALLですが、宛名書きに使ってはいけないのですよね。 理由は熱せられると字が消えるから。熱いコーヒーの入ったカップを乗せただけで消えます…夏日に車のボンネットの上に置いたりしたら一発で消えるとおもいますです。 でも私FRIXION BALLでハガキ書いて切手も貼っちゃったんだけど……書きなおすのメンドイ。でも宛名だけでも書きなおすべきかしらん……。 摩擦熱で消えたFRIXION BALLの文字、冷凍庫に入れたら復活しないかしらとやってみたけど、家庭用冷蔵庫じゃダメっぽいです。でも中味の入ったコーヒーカップに押し付けて消えた文字は、カップから離すとすぐ復活します。何度もやってるとどんどん色が薄くなるけど。 ◆[nico] 波音リツキレ音源 本当に凄かった。UTAUにも凄い音源出てきたね。