これは原稿です。整形済み日記をご覧ください。
1/2/3/4/5/6/7/8/ 9/10/11/12/


2006.01.31(火)
◆[url][zakki] name-off
【 name-off/ネームオフって何?(http://www.infdesign.jp/setumei.html)】

ハガキなどの個人情報部分を切り取る7穴パンチ。
【 「座ってゆっくり後回し」を撃退する - [収納]All About(http://allabout.co.jp/family/storage/closeup/CU20060105A/index.htm)】で紹介されていて、どこで売っているのだーとMM/Memoで騒いだら、【うさぎ屋】さんが【 AssistOn(http://www.assiston.co.jp/) / name-off(http://www.assiston.co.jp/?item=1168)】のページを紹介してくださいました。

Loftでも売っているみたいです。

■[た] 竹熊 健太郎『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』, ISBN4-87257-420-6
竹熊 健太郎『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』(イースト・プレス ,2004.2,\1260, ISBN4-87257-420-6)読了。

amazonへ

本のタイトルにもなった「マンガ原稿料はなぜ安いのか?」では、夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』[→感想]よりも具体的にぶっちゃけた話が語られている。

マンガが生き残る道として、週刊連載の場合は出版社のプロデュースの元に(要するにアシスト代なども版元が持つ)「マスプロ化」を徹底させて作家に定期収入を確保させ、月刊誌や書き下ろし単行本を作家性を発揮する場所とするという案を出している。

	要は、薄利多売のマンガと小部数で高価なマンガとの二極分化である。
	(p.39)

これは悪くないやり方だなと思う。
版元がもたもたしている間に、すでに作家の側では商業誌と同人誌を使いわけてこういう体制にもっていっている人もいるようだ。もっともそういうことができるのは、一発ヒットを出して経済的に恵まれている作家がほとんどなのだろうが。

これに関連して同人誌界にマンガの活路を見出している人の意見とそれに対する私の感想も書いたんだけど、この本に対しての感想とは分けたほうがいいと思ったので、別項目[マンガの未来と同人誌]に移しました。

[購入ガイド]
ISBN4-87257-420-6 (ISBN4-87257-420-6)

■[こ] 今野 緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』, ISBN4-08-600704-5
今野 緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』イラスト:ひびき玲音(集英社 コバルト文庫 ,2006. ,\460, ISBN4-08-600704-5)読了。

amazonへ

(あらすじ)試験休み。祐巳が家にいると柏木から電話が。瞳子が家を飛び出したというのだ! その後、なんと祐麒が瞳子を家に連れてくる。一方、山百合会のクリスマスパーティーに菜々が来ることに!?

まるで最終巻のようなタイトル(と、作者自身がいっている)ですが、思いっきり続くの巻。どうやら祐巳の妹は決定のようです。まあいいか。
前の巻を読んでいないので、菜々のキャラクターが把握できないんですが、ちょっと乃梨子とキャラがかぶる気がしますね。これだけ登場人物が多いとヴァリエーションつけるのも大変だよなぁと思います。

先代の薔薇様たちがご卒業してからはイマイチだなぁ。やはり先代の白薔薇と赤薔薇の存在は大きかった。

[購入ガイド]
ISBN4-08-600704-5 (ISBN4-08-600704-5)

■[が] 賀東 招二『燃えるワン・マン・フォース』, ISBN4-8291-1793-1
賀東 招二『燃えるワン・マン・フォース フルメタル・パニック!』イラスト:四季童子(富士見ファンタジア文庫 ,2006.1,\546, ISBN4-8291-1793-1)読了。

amazonへ

(あらすじ)<ミスリル>は壊滅し、かなめはアマルガムに奪われた。宗介はただ一人、中東にある辺境の街ナムサクへと飛んだ。そこで彼は、AS同士の闇バトルに出場するチームのオーナー兼メカニックのナミと出会い、チームの操縦士となって連戦連勝を続けるのだが……

一瞬だけ宗介の過去を垣間見ることができます。ウィスパードとの関係ってなにかあるのかな?
あとは……サベージすごい、えらい、かっこいいでしょうか。

[購入ガイド]
ISBN4-8291-1793-1 (ISBN4-8291-1793-1)

■[ま] 麻城 ゆう『新・特捜司法官S−A 1』, ISBN4-403-54095-3
麻城 ゆう『新・特捜司法官S−A 1』イラスト:道原かつみ(新書館 新書館ウィングス文庫 Wings novel ,2005.7,\630, ISBN4-403-54095-3)読了。

amazonへ

TVドラマで特捜司法官S−Aを演じる俳優が特捜司法官がらみの事件に巻き込まれるシリーズ。前のシリーズから5年後という設定。

(あらすじ)超人気TVドラマ「特捜司法官S−A」で主役を演じる秋津秀のもとに、岸方セドナという少年が付き人にしてくれと言ってくる。俳優志望かと思いきや、彼は、行方不明になった女優志願の姉を探しているのだと言う。事件の裏に、「ネオヒューマン」と呼ばれる存在、そして、彼らにあこがれる若者たちを食い物にしている組織の影が‥‥!!

麻城ゆうはハズレも多いですが、これは昔からのシリーズなのでキャラクターも安定していて安心して読めます。ただ、この作者はあんまりハッタリをきかすのが得意じゃない性格らしく、荒唐無稽な設定にいちいちスケールの小さな裏付け説明をつけたがるのが興ざめというか。

秋津秀は相変わらずカッコイイですね。

[購入ガイド]
ISBN4-403-54095-3 (ISBN4-403-54095-3)

■[も] 茂木 健一郎『「脳」整理法』,ISBN4-480-06262-9
茂木 健一郎『「脳」整理法』(筑摩書房 ちくま新書 ,2005.9,\735, ISBN4-480-06262-9)読了。

amazonへ

タイトル勝ち。もっとハウツーっぽい本を想像していたのに、哲学っぽい本でございました。

タイトルで買って、途中で投げた人は多いと思う。

[購入ガイド]
ISBN4-480-06262-9 (ISBN4-480-06262-9)

◆[book] マンガの未来と同人誌
夏目房之介『マンガは今どうなっておるのか?』[→感想]と竹熊健太郎『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』[→感想]に関連して同人誌界にマンガの活路を見出している人の意見とそれに対する私の感想。

【 骨のダイスを転がそう(http://www.ccn.aitai.ne.jp/~tkatou/bone/): ブティックとユニクロ、同人誌即売会、と書店(http://www.ccn.aitai.ne.jp/~tkatou/bone/diary200601.htm#12_0)】

同人誌即売会にマンガの未来を見るのはいいけれど、それだけに頼るのはまずいんじゃないかなぁ。なぜなら現在の同人誌即売会の盛況というのは、「祭りの雰囲気」と二次創作物という危ういものの上に成り立っていると思うから。

最大の市場であるコミケットがつつがなく開催できているのは、奇跡的なことだという気もするし。何かが起こったら影響は大きいよね、他の同人誌即売会に対しても。

まあ、コミックとらのあなとかアニメイトのように日常的(?)に同人誌を扱う書店も増えているので、「ブティック」方式もちゃんと根付くのかもしれないけれど。

それから同人誌は原則として作者が編集者を兼ねるという形態も気にかかかる。「作品が最初に出会う読者」としての編集者の存在は結構意味があるんじゃないかと思うんで。
要するに完成品が出来る前にいろいろいってくれる存在って必要じゃないかなーという話。

うーん、「正統/邪道」の話とはちょっと違うんよ。


2006.01.30(月)
◆[dvd] 劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 
届いたのは25日。

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX
荒川弘 水島精二 朴ロ美

アニプレックス 2006-01-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
【 公式情報(http://www.sonymusic.co.jp/Animation/hagaren/video/movie.html)】 劇場版に対してはアンビバレンツな感情を持っているので、見てるうちにどんどん情緒が不安定になって大変だった。脚本家は相変わらず敵認定。監督はオーディオコメンタリーを聞いているうちに、アニメーションのモノ作りに関しては頑張っていたようなので、ちょっぴり評価が上がった。でも認めたわけじゃないから。 本編そのものはまだ見ていないが、劇場で3回見たので、もう本編のストーリーに対しての感想は変わらないと思う。 [公開時の感想] ディスクと特典は以下の通り。 **伊藤嘉之描き下ろしイラストBOX** **本編(DISC1)**: 音声5.1ch、2ch 英語字幕収録 **特典(DISC2)**: ・メイキング映像「水島監督の始末記」 ・キャスト&監督特別座談会(朴ろみ、釘宮理恵、大川透、監督) **特典(DISC3)**: ・AUDIO COMMENTARY 制作スタッフver ・AUDIO COMMENTARY キャスト&監督ver.  (朴ろみ、釘宮理恵、豊口めぐみ、監督)) ・劇場&TV TRAILER ・DVD特別TRAILER(3min) **ジャケットサイズカード集** キャラクターデザイン伊藤嘉之氏による劇場版イラストカード10枚組 書き下ろしなし。『アートブック3』にほとんど掲載されている。 **解説付きガイドブック** オールカラー64P 感想はあまりに長いので別ファイルにしました。 2006.01.28(土) ◇[diary] HDDを買う お買い物。家人は残業続きでストレスが溜まっていたらしく、新しいHDDをぽんと購入。おまけにDVDやら画集やらもせっせと買い込んでストレスを発散したようです。 私は『真・三国無双2』を中古で購入。 ◆[game] 『真・三国無双2』 【うさぎ屋】さんに三国志入門用の作品でおすすめは?とお尋ねしたところ、これをお勧めされたので、購入してみました。中古で1500円。 家人に「またゲームを買ったのかー!」といわれたので、「三国志のお勉強のためだよー!」といいわけしたら失笑されました。 家人はNHKの人形劇で三国志のことを知ったそうです。そういう人多いみたいですね。 昔、和製ファンタジーの歴史について調べていたときに、八犬伝とか三国志とかNHKの人形劇がファンタジー普及に果たした役割ってのはかなり大きいんじゃないかというご意見をいただいたことがあります。映像を通じて脳に回路が出来るって、とても重要なことだと思います。
真・三國無双2真・三國無双2

コーエー 2001-09-20
売り上げランキング : 1,571

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
『コーエー定番シリーズ 真・三国無双2』【amazon】というのが廉価版です。 公式サイト: 【 真・三國無双2(http://www.gamecity.ne.jp/products/products/ee/new/smusou2/)】 □[購入雑誌] 『ダ・ヴィンチ 2003年3月号』 『ダ・ヴィンチ 2003年3月号』(リクルート,\450) 特集が「『三国志』一気読み」なので、バックナンバーを購入。 本だけ届きました。まだ請求書がきていません。 2006.01.27(金) ◇[diary] 銀行と郵便局へ行く でも通帳とキャッシュカードを忘れたので、半分しか用事が足せなかった。今日は、ボケボケ。 本屋で『カルバニア物語』の新刊を見つけたが、ネット書店で注文したのかどうかがわからなくなって買うのをやめた。帰ってきて調べたら、当日出荷じゃないから注文を見送ったことが判明。ほんと今日はボケボケ。 しもやけのためにビタミンE錠を買った。薬って高いなぁ。 ●購入本 フルメタ新刊も入ってたよ。ネット書店でなく、近所の書店で買ってあげればよかったかな。1825円。 漫画二冊は楽天ポイントで購入。 □[購入本][も] 茂木 健一郎『「脳」整理法』(筑摩書房 ちくま新書,4480062629),\735, 茂木 健一郎『「脳」整理法』 (筑摩書房 ちくま新書 ,2005.9,\735, ISBN4-480-06262-9) ISBN4-480-06262-9 (ISBN4-480-06262-9) □[購入本][こ] 今野 緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』(コバルト文庫,4086007045),\460, amazonへ 今野 緒雪『マリア様がみてる 未来の白地図』イラスト:ひびき玲音 (集英社 コバルト文庫 ,2006. ,\460, ISBN4-08-600704-5) ISBN4-08-600704-5 (ISBN4-08-600704-5) □[購入本][ま] 麻城 ゆう『新・特捜司法官S−A 1』(新書館ウィングス文庫,4403540953),\630, amazonへ 麻城 ゆう『新・特捜司法官S−A 1』イラスト:道原かつみ (新書館 新書館ウィングス文庫 Wings novel ,2005.7,\630, ISBN4-403-54095-3) ISBN4-403-54095-3 (ISBN4-403-54095-3) □[購入漫画]もと なおこ『Dearホームズ 1』(秋田書店 ボニータコミックス,4253097715),\410, amazonへ もと なおこ『Dearホームズ 1』 (秋田書店 ボニータコミックス ,2005.12,\410, ISBN4-253-09771-5) ISBN4-253-09771-5 (ISBN4-253-09771-5) □[購入漫画]平野 耕太『Hellsing 7』(少年画報コミックス,4785924993),\520, amazonへ 平野 耕太『Hellsing 7』 (少年画報社 少年画報コミックス ,2005.2,\520, ISBN4-7859-2499-3) ISBN4-7859-2499-3 (ISBN4-7859-2499-3) 2006.01.26(木) ◆[url][book] 文学賞メッタ斬り! 第134回芥川賞・直木賞 【 nikkeibp.jp(http://nikkeibp.jp/style/life/)】に移った「文学賞メッタ斬り!」だが、ライフスタイルサイトのトップには記事検索フォームがないから、どこに何があるのかさっぱりわからなくて記事が辿れない。あちこち探してようやくバックナンバーページを見つけた。 【 文学賞メッタ斬り! バックナンバー(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/)】 ・ 徹底討論!〜メッタ斬り!版直木賞レース予想(前編)(2006/01/12)(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060111_2nd/) ・ 徹底討論!〜メッタ斬り!版直木賞レース予想(後編)(2006/01/12)(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060111_3nd/) ・ 徹底討論!〜メッタ斬り!版芥川賞レース予想(前編)(2006/01/11)(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060112_4th/) ・ 徹底討論!〜メッタ斬り!版芥川賞レース予想(後編)(2006/01/11)(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060112_5th/) ・ 第134回 芥川賞・直木賞受賞作発表を聞いて(2006/01/18)(http://nikkeibp.jp/style/life/topic/literaryawards/060118_6th/) ◆[url][book] ポプラビーチ「書店日記」コミック売場の奮戦記 【 ポプラビーチ「書店日記」(http://www.poplarbeech.com/shoten/)】 【 ポプラビーチ「書店日記」39回コミック売場の奮戦記その1(http://www.poplarbeech.com/shoten/shoten_039.html)】 【 ポプラビーチ「書店日記」40回コミック売場の奮戦記その2(http://www.poplarbeech.com/shoten/shoten.html)】 コミック担当の田中香織さんの奮戦記。 田中さんは昔から一部のネット書評系サイトの間では有名だった人なんですが(私もオフ会でお会いして就職活動の話を聞いたことがあります)、いまや第一線で活躍するカリスマ書店員のひとりになりつつありますね。 39回の後半は客注システムについての問題提起(というより愚痴)。ジュンク堂ですらこんな扱いなんだからもっと小さな本屋に対しての扱いは推して知るべし。 要は店に荷物が着き、開けて、売場に入る前に「客注品」が誰にでもわかればそれで済むことなのに、そんな簡単なことをしてくれない。繰り返して言うと、店に入荷し、荷物をあけた時点でその客注品に他の注文品と「ひと目で違うしるし」があれば、解決することなのに。なぜ出版社はやってくれない? ライトノベルとBLについての興味深い言及。  しかし、ライトノベルには〈現実の社会〉を巻き込む力がどうも希薄だ。そしてそれは次の〈ボーイズラブ〉にもいえる。いくら美しく飾り立てた世界を描き出しても、なんだかうっすらとした憂鬱が底辺に感じ取れる。そこが魅力になっているようだから「たちが悪い」。田中に言ったら「それは偏見です」ときっぱり切り落とされた、「読者の切実な声は、〈ほっといて欲しい〉だと思います」と宣言された。 【コミック売場の奮戦記その2】 田中嬢は正しい。 執筆者の田口久美子さんって、プロフィールからすると団塊の世代の最後の方の人なんだろうなという気がする。文章から団塊の世代っぽい匂いが漂ってきて、ときどきイライラさせられる。 バックナンバードロップダウンメニュー方式は使いにくいのでリストにした。 ・第1回 面接官はつらいよ第2回 リアル書店はつまらない?第3回 コンピュータの功罪第4回 “新御三家”の台頭第5回 常連さんお断り?第6回 気になるふたり第7回 変転の時第8回 本棚から見る、翻訳事情第9回 オープンまであと○日の緊張感第10回 棚づくりの基本第11回 ジュンク方式とリブロ方式第12回 客注にまつわる話(前編)第13回 客注にまつわる話(後編)第14回 新宿店オープンにつき(その1)第15回 新宿店オープンにつき(その2)第16回 新宿店オープンにつき(その3)第17回 新宿店オープンにつき(その4)第18回 新宿店オープンにつき(その5)第19回 書店の年末年始第20回 書店の不思議なお客さま第21回 出版界の「美味しい市場」第22回 出版会のイベント、芥川賞と直木賞第23回 書店の事件第24回 書店の「国際問題」第25回 書店員になる理由第26回 売り場の「スペース戦略」第27回 ジャンルわけの問題第28回 「仕事のお金」は削れない?第29回 アカデミックな本の売り方は?第30回 多刷本を探してみると第31回 今の時代の販促法第32回 講演会の憂鬱第33回 アメリカの「総合書店」第34回 書店員の憂鬱第35回 人文書の枠組み第36回 人文書の枠組み その2第37回 人文書の枠組み その3第38回 アメリカが再販制をやめさせたい理由第39回 コミック売場の奮戦記 その1第40回 コミック売場の奮戦記 その2 ●購入本 bk1ポイントで購入。 □[購入本][し] 下田 洋志/大和 徳明『Firefoxを究める256のテクニック』(秀和システム ,4798012246),\2100, 下田 洋志/大和 徳明『Firefoxを究める256のテクニック』 (秀和システム ,2006.1,\2100, ISBN4-7980-1224-6) ISBN4-7980-1224-6 (ISBN4-7980-1224-6) □[購入本][が] 賀東 招二『燃えるワン・マン・フォース』(富士見ファンタジア文庫,4829117931),\546, amazonへ 賀東 招二『燃えるワン・マン・フォース フルメタル・パニック!』 (富士見ファンタジア文庫 ,2006.1,\546, ISBN4-8291-1793-1) ISBN4-8291-1793-1 (ISBN4-8291-1793-1) □[購入漫画]よしなが ふみ『執事の分際』(白泉社 白泉社文庫,4592886267),\620, amazonへ よしなが ふみ『執事の分際』 (白泉社 白泉社文庫 ,2005.11,\620, ISBN4-592-88626-7) ISBN4-592-88626-7 (ISBN4-592-88626-7) 2006.01.24(火) ◆[mysite] MM/Memoは更新してます ネタがないので、ここが更新できないのです。そういうときでも [Ailsato's MM/Memo] は更新しているので、生存確認はそちらでどうぞ。 気になる本は、[Ailsato's MM/Memo] と [はてなブックマーク-alisatoのコレクション] の両方に入れとくことにしました。 まとめ買いのあと1冊を探すときに使うので、一ヶ所に依存していると、サーバーが落ちたときに困るのです。 【 ECナビリスト(http://list.ecnavi.jp/)】は、年収とか聞いてくるのが気に入らなかったので使うのを止めました。 ◆[url][net][soft] ガリ版とフォント 某所(と書いてあったら、たいていmixiだと思ってください)で、湿式コピー(いわゆる青焼き)同人誌やガリ版の話題が出たのです。 「ガリ版刷り」は高校の文芸部で使ってました。高校なので輪転機を使いましたっけ。ガリ版用の書き文字は活字っぽい字を書く几帳面な人がいいんですよね。達筆な人は向かない。修正のときは、ヨードチンキみたいな液をぺたぺたと塗る。 私は字が下手だから、ワープロの普及は本当にありがたいのですが、ガリ切りの巧い人の字は読みやすくて暖かくてよい雰囲気だったなと今になって思います。 なんて話をしていたら懐かしくなって、ガリ版について検索してみたら、こんな記事を発見。 【 技術と日本語ものがたり(http://www.honco.net/japanese/index-j.html): 第二話 ガリ版 100年前の手動DTP(http://www.honco.net/japanese/02/index-j.html)】 日本ではガリ版は消滅しつつあるようですが、海外(おもに東南アジア)ではまだ活躍しているという話。【 本とコンピュータ(http://www.honco.jp/)】のコンテンツのひとつでした。 ガリ版文字風のフォントがあるといいかもと、これも検索して【 タイプラボ(https://www12.myssl.jp/www.type-labo.jp/web/index.html)】の【 セプテンバー(https://www12.myssl.jp/www.type-labo.jp/web/Hanpuseptwaku.html)】というフォントをみつけました。 【ニム】さんは以前から印刷用に使っているそうです。教育漢字のみの無料お試し版だと漢字が足りないそうですが(「彼」や「幻」や「了」といった字が出ないらしい)、正式版もそんなに高くないし、あとで試してみようかと思っています。 2006.01.22(日) ●購入本 予約していた本が届いた。 あの人の言葉はネットの海にあるよりも本というオブジェに固定されたほうが相応しいんだろうとは思う。関係者のコラムは読んだが、本文を読むかどうかは分からない。 □[購入本][に]二階堂 奥歯『八本脚の蝶』(ポプラ社 ,4591090906),\1890, bk1:八本脚の蝶 二階堂 奥歯『八本脚の蝶』 (ポプラ社 ,2006.1,\1890, ISBN4-591-09090-6) ISBN4-591-09090-6 (ISBN4-591-09090-6) 2006.01.20(金) ◆[mysite] Gmailでのバックアップ 過去日記を読んでいて、去年の11月にやったはずの修正がなくなっているのに気づいた。日記ソースではなく生成した日記HTMLだけを修正したのを忘れて、日記を再生成してしまったのだ。 で、バックアップを漁ったのだが、去年の8月までの分しか残っていなかった。がっくり。バックアップは家人のパソコンに送ってから行うので、いろいろ面倒なのだ。 もっとお手軽にバックアップできる方法はないかと考え、Gmailのアカウントにメールでバックアップファイルを送ることにした。とりあえず、地道に手作業で送る。 ◆[mysite] 掲示板アドレス変更 掲示板業者がウザいので、掲示板のアドレスを変更してみることにした。 NGワード機能をつけたおかげで眼に余るアダルト系SPAMは激減したのだが、それでも海外業者などがアドレスを残していったりするのだ。これでなんとかなるといいのだけれど。 2006.01.18(水) ◇[out] 銀行/Loft/映画 三和銀行と東京三菱銀行の通帳を繰り越してもらうために、東京三菱UFJ銀行へ行く。 大宮には旧UFJ銀行と旧東京三菱銀行が隣り合って並んでいるのである。隣り合っているところへ行ってよかった。 なんと旧UFJ銀行の通帳は旧UFJ銀行の東京三菱UFJ銀行、旧東京三菱銀行の通帳は旧東京三菱銀行の東京三菱UFJ銀行でしか繰越ができないのである。 なによそれ。昨年末に電話して質問したときはどこでもOKっていってたくせによー。 昔の通帳も使えるという話だったが、店番号が変わっているものは繰越しないとダメだったりする。ATMに記帳したら、エラーになったりするんだよ。なによ、それ。 でも、一応繰り越しができたから良しとしよう。 銀行の用事が終わったので、Loftで買い物と食事。 にんにくチップスを作るつもりなので、にんにくの皮むき用具が欲しかったのである。ガーリックピーラーというらしい。シリコン製のつつににんにくを放り込んで転がす。 千切りスライサーも歯が鈍ってきたので、セラミック歯のものを買った。 あとハンディモイストというものも買ってみた。パーソナル加湿器だっていうんだけど、本当に効果あるのかしら? 食事をしてから、シネコンで映画『THE 有頂天ホテル』を見る。私は前日にネットで予約したので良い席を取れたが、一番大きいシアターが満席だって。次の回も満席。ネットで調べたら、その次の回もほぼ満席。超大ヒットってのはウソじゃないですよ。 ◆[movie] 『THE 有頂天ホテル』 面白かったーー! こんなに笑った映画は久しぶり。 とあるホテルの大晦日のカウントダウンパーティの夜の物語。 冒頭のキャスト一覧がアクの強い人ばっかりで、こんな「濃い」人ばっかり集めて大丈夫なのかと思ったぐらい。でも全員しっかり見せ場がありました。 笑いあり、ほろりとする場面ありの幸せな映画なんですけど、「大団円」というよりも「めでたさも中くらいなり」といった感じの少し大人のハッピーエンドだと思いました。 だって、まとまるのはメインキャラじゃないカップルばかりだし、誰かがすごいラッキーを掴むという話でもないし。でも素敵な奇跡の物語には違いないのですが。 役所広司の副支配人とアシスタントマネージャーの戸田恵子のコンビがとてもステキ。戸田恵子はいつもの役といえばいつもの役なんですけどね。役所広司は「申し分のない副支配人」で、要するに「執事キャラ」です。でもそんな人にも弱みはあって、そのおかげでトラブルに巻き込まれたりする。 川平慈英や石井正則のようにひと目で誰だか分かる役の人とオダギリジョーや唐沢寿明のようにキャスト表を見るまで誰だか分からなかった人がいて、楽しかったです。 携帯電話の使い方が面白かったな。ケータイのない時代だったら、ずっと誰かが誰かを探してまわってる話になったと思うけれど、今はケータイがあるからそういう話にはならなくて、みんなひたすらケータイで話をしてる。ストーリー上の重要な小道具であると同時に、登場人物の個性を表す小道具でもあるんですね。 必ず自作に顔を出している三谷監督ですが、今回はどうやらヒッチコックが『救命艇』でやった手を使ったようです。どこだったんだろう。 公式サイト【 http://www.uchoten.com/(http://www.uchoten.com/)】 ●購入本 立ち読みしたら、面白くて辞められなくなったので購入。 □[購入本][た]竹熊 健太郎『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』(イースト・プレス ,4872574206),\1260, bk1:マンガ原稿料はなぜ安いのか? 竹熊 健太郎『マンガ原稿料はなぜ安いのか?』 (イースト・プレス ,2004.2,\1260, ISBN4-87257-420-6) ISBN4-87257-420-6 (ISBN4-87257-420-6) ……bk1で連載していたエッセイに加筆したものなのだそうな。 夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』[→感想] に出てきた「マンガ家はもうかるのか?」以上にぶっちゃけた話が書かれています。 2006.01.17(火) ■[お] 恩田 陸『蒲公英草紙 常野物語』, ISBN4-08-774770-0 恩田 陸『蒲公英草紙 常野物語』(集英社,2005.6,\1470, ISBN4-08-774770-0)読了。 amazonへ 恩田陸版『風の又三郎』+『グレン・スミスの日記』。 以前ほど「オマージュ」が露骨ではなくなってきたかな。 聡子お嬢様の運命には泣きませんでしたが、からくり先生の自動兵士のところで泣いてしまいました。じじいに弱いんだよねぇ。『光の帝国』のときもツル先生のくだりで泣いたし。 結局「しまう」能力の意味がよく分からなかったな。なぜそれで、人々が解放されるのかがいまいち分からない。死や消滅の不安から解放される……ということなのかしら。 直木賞候補なので賞を取る前にと思って慌てて読んだんだけど、残念ながら直木賞は東野圭吾『容疑者Xの献身』でしたね。 [購入ガイド] ISBN4-08-774770-0 (ISBN4-08-774770-0) ■[た] 嶽本 野ばら『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』, ISBN4-09-408023-6 嶽本 野ばら『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』(小学館 小学館文庫 ,2004.4,\630, ISBN4-09-408023-6)読了。 amazonへ すばらしく面白かった。 茨城県下妻市(ブックオフがあるので、たまに行く)を舞台にした、ロココ趣味に人生をかけるクールなロリータ娘・桃子と純なヤンキー娘・イチコの友情物語。先が読める展開ではあるのですが、なにしろ登場人物ふたりがむちゃくちゃキュート。可愛い、可愛い、胸きゅんきゅん(笑)。 私も田んぼの多いところに住んでいるので、桃子の気持ちがよーくわかります。 おすすめ! 映画【→ 公式サイト(http://www.shimotsuma-movie.jp/)】も評判いいですよね。 続編もあるんですね。『下妻物語・完―ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』(ISBN4-09-386153-6) [購入ガイド] ISBN4-09-408023-6 (ISBN4-09-408023-6) 2006.01.13(金) ◆[mysite] コバルト・ノベル大賞 受賞作家一覧 久々に[コバルト・ノベル大賞 受賞作家一覧] を更新。 いままでは、受賞者名をキーワードにしてYahoo Booksへの直接リンクを張っていたんですが、一覧表示の仕様が変わって使いにくくなったので、CGIでamazon/bk1/boopleのリンクを表示する方式に変更しました。 こんな感じ。 ネット書店検索:キーワード(妹尾ゆふ子) 今はboopleのキーワードの検索結果一覧が一番使いやすいです。amazonはノイズが多いし、bk1は表示が遅い。boobleは表示が速い上に出版年月とISBNが表示されるところがいいですね。 ◆[url][book][net] ネット本棚サービス 感想メールをくださった方が【 ブクログ -WEB本棚サービス-(http://booklog.jp/)】で本の感想をかいてらっしゃるということだったので、覗きにいきました。 サービス開始のころにちょっと覗いたことがあるんですが、ユーザーが増えてデザインもかっこよくなったなという印象。 【 ECナビリスト(http://list.ecnavi.jp/)】というサービスも開始されたことだし、他に類似のサービスにどんなものがあるか探してみることにしました。 【 ブクログ -WEB本棚サービス-(http://booklog.jp/)】 【 ECナビリスト(http://list.ecnavi.jp/)】 【 本棚.org(http://pitecan.com/Bookshelf/)】 【 MM/本のメモ(http://mm.ishinao.net/index.html)】 【 ほんつな(http://www.hontsuna.com/)】……ブログだけど ソーシャルブックマークで本用のタグをつけるという手もあるんですけどね。 はてブは使いにくいな。 【 MM/Memo(http://1470.net/mm/)】……書影が出るのがいい 【 はてなブックマーク(http://b.hatena.ne.jp/)】……コレクション機能を使えばいいのかな 【 FC2ブックマーク(http://bookmark.fc2.com/)】は問題ありすぎなので、パス。 関連記事: 【 [☆] 本棚晒しサービス(http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2004/09/web_bookshelf.html)】 【 medihenの本棚”始めました。(http://medihen.main.jp/item/152)】2004/09/22の記事 【 葦束:ネットに置いとく『本棚』ってやつです。(http://blog.livedoor.jp/ashitaba/archives/7103554.html)】 2006.01.11(水) ◆[url][book] 丘けい子の世界 【 丘けい子の世界(http://okworld.itabashi.ne.jp/)】 1960〜70年代に活躍していた少女漫画家・丘けい子さんの公式サイト。 いまでは入手困難な『カリブの女海賊』『挑戦』『海を守る36人の天使』などの復刻連載がWeb上で読めます。好きな作家さんだったので、とても嬉しい。 いや、ノスタルジー以外で読むのはいささか古い作品ですが。 もっとも『ベルサイユのばら』の池田理代子だって最初は丘けい子の延長線上にいる人だったんですけどね。 ■[ち] 千野 信浩『図書館を使い倒す!』, ISBN4-10-610140-8 千野 信浩『図書館を使い倒す! ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」』(新潮社 新潮新書 ,2005.10,\714, ISBN4-10-610140-8)読了。 「週刊ダイヤモンド」記者によるビジネスツールである図書館を使い倒すための「技」と「コツ」。あくまでもビジネス支援がメインなので、理数系や文学系の調べ物にはあまり関係がないのだが、「無駄足防止のためのネット利用」「所蔵データベース検索のコツ」といった記述や、調査の初歩段階ではデータベースよりブラウジングが重要といった指摘は調査分野を問わず有用だろう。 存在をすっかり忘れていた【 WebCat Plus(http://webcatplus.nii.ac.jp/)】の連想検索の使い方を思い出させてくれたのは有難い。 他にも有用なツールが紹介されているので、メモしておこうと思う。 調べ物をしたい人にはおすすめ。 [購入ガイド] ISBN4-10-610140-8 (ISBN4-10-610140-8) ◆[url][book] 資料探し用サイト 千野 信浩『図書館を使い倒す!』で紹介されていた資料探し用サイトいろいろ。 p.46 【 WebCat Plus(http://webcatplus.nii.ac.jp/)】 p.78 【  福岡市総合図書館(http://toshokan.city.fukuoka.jp/): おしらせ-レファレンスだより(http://toshokan.city.fukuoka.jp/docs/news/magazine.html#Refference)】 p.79 【 東京都立図書館(http://www.library.metro.tokyo.jp/index.html): しらべま専科(http://metro.tokyo.opac.jp/tml/tref/)】 p.81 【 レファレンスクラブ(http://www.reference-net.jp/index.html): よみかた情報(http://www.reference-net.jp/yomi_top.html)】 p.133 【 NHKアーカイブス(http://www.nhk.or.jp/nhk-archives/)】 p.133 【 放送ライブラリー(http://www.bpcj.or.jp/)】 p.160 【 日本新聞博物館(http://www.pressnet.or.jp/newspark/): 新聞ライブラリー(http://www.pressnet.or.jp/newspark/libra.html)】 p.162 【 日本交通公社旅の図書館(http://library.jtb.or.jp/)】 p.166 【 日本証券経済研究所(http://www.jsri.or.jp/index.html): 証券年表(http://www.jsri.or.jp/web/search/chronology/index.html)】 ■[よ] 吉田 豪/杉浦 幸ほか『元アイドル!』, ISBN4-89829-792-7 amazonへ 吉田 豪/杉浦 幸ほか『元アイドル!今の本音を語るインタビュー集』(ワニマガジン社 ,2005.6,\1680, ISBN4-89829-792-7)読了。 この本のインタビュアーの吉田豪が、永江朗『話を聞く技術!』[→感想] ではインタビューされる側にまわっていて、そこで「アイドルとトラウマは切り離せないし」とアイドルや元アイドルにインタビューすることで、一種のカウンセリング(というか毒の吐け口)のようなことができればいいと語っていたのが印象的だったので、読んでみました。 元アイドルたちの告白は壮絶。衣装代は自腹だったなんて知らなかったですよ。 でも一度は壊れかけるところまでいって、ぎりぎりで踏みとどまっている人たちなので、どっか突き抜けて明るかったり。でも親兄弟を養わなきゃいけないような人はともかく、そんな思いをしてどうしてまだ芸能界にいるのか理解できません(ひとりだけ引退した人がいました)が、三日やったら止められない何かがあるんでしょうね。 前半のヘヴィーさに比べると杉田かおるを除いた後半の3本は、比較的軽くなっていてほっとしました。特にポワトリンの人(花島優子)は「コンサートで同人誌売ってました」というツワモノで、いやー、逃げ場があってよかったねとか思いましたよ。 面白かったので男性編の『人間コク宝』(ISBN4-87734-758-5)も読んでみようかと思います。 [購入ガイド] ISBN4-89829-792-7 (ISBN4-89829-792-7) ■[な] 夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』,ISBN4-86147-009-9 夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』(メディアセレクト ,2005.9,\1300, ISBN4-86147-009-9)読了。 amazonへ 【 コミック・パーク(http://www.comicpark.net/)】に連載されているエッセイの加筆修正版だそうな。 作品論よりも、マンガ界のシステムの話のほうが面白かった。 「マンガ貸本から著作権料ってどうなの?」「マンガ家はもうかるのか?」「新書版マンガ 雑誌単行本サイクルのはじまり」のあたり。 週刊誌での長編連載のシステムはもう無理なんだと思う。すでに少女漫画ではそのシステムは崩壊してるし。 【 FIFTH EDITION: 漫画というレッドオーシャン(http://blogpal.seesaa.net/article/11117926.html)】のような記事を読むと、マンガにあんまり未来はなさそうな気がしてくる。 それはさておき、とても興味深かったのが、NARUTO評のところに出てきた「夏目式年表」(p.15)。縦軸に年齢、横軸に年度がとってあって、漫画家の人生と作品執筆期間が斜め線でプロットしてある。ある年に誰が何歳で何を描いていた(あるいは読んでいた)かがひと目でわかるしくみ。素晴らしい。 他のものにも転用できそうなので、あとでライトノベル年表に適用してみようかと思う。 [購入ガイド] ISBN4-86147-009-9 (ISBN4-86147-009-9) 2006.01.09(月) ◇[diary] 自律神経失調でダウン 今回は頭痛だけでなく吐き気までしたので、参った。自律神経失調からくる頭痛には頭痛薬が効かないんだよね。 水分補給しながら12時間眠ったら、だいぶ回復。 でもパソコンは危なそうなので、自粛。ベッドでゴロゴロしながら本を読んだ。 ■[は] 橋本 治『乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない』,ISBN4-08-720318-2 橋本 治『乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない』(集英社 ,2005.11,\735, ISBN4-08-720318-2)読了。 よくわからん。「勝ち組・負け組」が何かというところまでは理解できたんだが。 [購入ガイド] ISBN4-08-720318-2 (ISBN4-08-720318-2) 2006.01.08(日) ◇[diary] 本を売る 古本市場から500円分の割引券が送られてきていたので、本を買いに行く。 ついでに高値がついていたマンガを何冊か売る。510円なり。 その後ホームセンターへ行って、実家のカーテンなどなどを見ていたのだが、寒さと寝不足のためかだんだん頭痛と吐き気がひどくなったので、そのまま家に帰って寝る。 どうも自律神経が壊れたっぽい。 ●購入本 マンガ2冊は楽天ポイントプレゼントに釣られて購入。合計で950ポイント。もっとも後でポイント取り消されたけど。正規ユーザーなのに! まあ欲しい本を送料無料で購入したと思えばいいんだろうけど、なんとなく釈然としない。元々楽天は嫌いなので、二度と使う気はないけど。 普段はbk1かamazonだし、楽天使うぐらいなら、ブックサービスかBoople使う。 □[購入漫画]山下 友美『薬師アルジャン 1』(秋田書店プリンセスコミックス ,4253195016),\410, amazonへ 山下 友美『薬師アルジャン 1』 (秋田書店 プリンセスコミックス ,2005.4,\410, ISBN4-253-19501-6) ISBN4-253-19501-6 (ISBN4-253-19501-6) □[購入漫画]TONO『砂の下の夢 1』(秋田書店プリンセスコミックス,4253153070),\540, amazonへ TONO『砂の下の夢 1』 (秋田書店 プリンセスコミックス ,2005.4,\540, ISBN4-253-15307-0) ISBN4-253-15307-0 (ISBN4-253-15307-0) □[購入本][あ]荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 3 白い花の舞う谷』(スクウェア・エニックス,4757511981),\900, 荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 3 白い花の舞う谷』 (スクウェア・エニックス Comic novels ,2004.5,\900, ISBN4-7575-1198-1) ISBN4-7575-1198-1 (ISBN4-7575-1198-1) □[購入本][お]恩田 陸『蒲公英草紙』(集英社,4087747700),\1470, 恩田 陸『蒲公英草紙 常野物語』 (集英社,2005.6,\1470, ISBN4-08-774770-0) ISBN4-08-774770-0 (ISBN4-08-774770-0) 2006.01.07(土) ◇[diary] 同人誌の整理とか 世間様は三連休だというのに、家人は休日出勤。夜中の3時ごろにご近所でボヤ騒ぎがあったので、寝たのは明け方。でも宅配便がいろいろ来るので、昼寝もせずに購入同人誌のリストとか作ってましたが、パソコン回りはえらく冷えまして。ハンパでなく冷えてしまいました。(後日これが祟って、自律神経が壊れる) 去年同人誌につぎ込んだお金を計算してみたら、送料手数料交通費込みで6万円強になるようですよ。年間書籍代の20%ですよ。どうりでお金がなくなるわけだ。 今年は同人誌分を見越して予算を立てよう……。(といいつつ新年早々、冬コミ新刊に一万円ぐらい使う気満々なのですが。) ●購入本 bk1の500円ポイントバックに釣られて購入。全部で5794円。 同人誌も5冊購入。全部で6170円。 □[購入本][な] 夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』(メディアセレクト ,4861470099),\1300, amazonへ 夏目 房之介『マンガは今どうなっておるのか?』 (メディアセレクト ,2005.9,\1300, ISBN4-86147-009-9) ISBN4-86147-009-9 (ISBN4-86147-009-9) □[購入本][は] 橋本 治『乱世を生きる』(集英社新書,4087203182),\735, 橋本 治『乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない』 (集英社 ,2005.11,\735, ISBN4-08-720318-2) ISBN4-08-720318-2 (ISBN4-08-720318-2) □[購入本][か] 加藤 幹郎『ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学』(みすず書房 ,4622083035),\1365, 加藤 幹郎『ヒッチコック『裏窓』ミステリの映画学』 (みすず書房 理想の教室,2005.6,\1365, ISBN4-622-08303-5) ISBN4-622-08303-5 (ISBN4-622-08303-5) □[購入本][ち] 千野 信浩『図書館を使い倒す!』(新潮新書,4106101408),\714, 千野 信浩『図書館を使い倒す! ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」』 (新潮社 新潮新書 ,2005.10,\714, ISBN4-10-610140-8) ISBN4-10-610140-8 (ISBN4-10-610140-8) □[購入本][よ]吉田 豪/杉浦 幸ほか『元アイドル!』(ワニマガジン社 ,4898297927),\1680, 吉田 豪/杉浦 幸ほか『元アイドル!今の本音を語るインタビュー集』 (ワニマガジン社 ,2005.6,\1680, ISBN4-89829-792-7) ISBN4-89829-792-7 (ISBN4-89829-792-7) 2006.01.06(金) ◆[mysite] 日記テンプレート変更 サイドバーに表示するものをブログっぽくしてみました。 過去日記は何年の日記かすぐわかるように、年ごとにデザインが変わってます。気にするのは多分私だけなんですけどね。前の年に何をやっていたか分かると便利なので。 ◆[url][anime] 『やわらか戦車』 【 livedoor ネットアニメ ネトアニシアター(http://anime.livedoor.com/theater): ラレコ「やわらか戦車」(http://anime.livedoor.com/theater/2.html)】 FLASHアニメ。可愛くって何度もリピートしてしまいます。 【 ウェブテント:くわがたツマミ(http://www.geocities.jp/jugongordie/)】(いきなり音付きFLASHアニメが始まるので注意)とか「カレーパンのうた(FLASHページ)といったWEBアニメで有名な人らしいです。 ◇[diary] マフラー編んだ 100円ショップで綺麗な色の毛糸(アクリル98%ナイロン2%)をみつけたので、6個ほど買ってきて6号のカギ針でざくざくと編んでみた。 ミルキーオレンジに赤や紺のノットが入っている変わり糸。半日もしないで編めた。フリンジをつけてみたら、色のせいでなんとなくイソギンチャクみたいな雰囲気になった。 ダヤンとマフラー 試着してみてわかったのは、好きな色の毛糸が必ずしも似合うわけではないということだが、暖かいから意地でも巻く。 2006.01.05(木) ◇[diary] 日常復帰 だらだらとサイトの整理。去年の日記を整理して、今年用のテンプレートを作るだけの作業のはずなのに、全然進まない。 寒いせいか、年末から頭も体も動きがにぶいんである。 でもって、気が付いたらbk1で500円分のポイントバックにつられて本買ってるし。 『逆転裁判2』をやるつもりだったのに全然進んでいない。 そういえば、購入記録もつけるのを忘れた。 ◆[game] 『逆転裁判2』
逆転裁判2 BEST PRICE逆転裁判2 BEST PRICE

カプコン 2003-12-19
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
まだ始めたばかり。第一章はナルホド君が記憶喪失になったという設定でのチュートリアル。本番はこれからなんだけど、先に進む時間がありません。 年末年始はもっとのんびりできると思ったのにな。 公式サイト:【 逆転裁判2(http://www3.capcom.co.jp/saiban2/)】 ■[な] 長山 靖生『若者はなぜ「決められない」か』,ISBN4-480-06129-0 長山 靖生『若者はなぜ「決められない」か』(筑摩書房 ちくま新書 ,2003.9,\756, ISBN4-480-06129-0)読了。 説教本だとばかり思ってましたが、ニートやフリーターと呼ばれる若者たちにある種の共感をもちつつ、「フリーでいたい、自由でいたい、好きなことを仕事にしたいというけれど、それって結構たいへんだよ? 覚悟はある? 準備できてる?」と言っている、『プチクリ』[→感想]とセットにするといいような本でした。 著者いわく「若年破綻防止マニュアル」。  打たれ弱い人間は組織者かいに向かない。といって、もっと苛酷なフリー生活が向いているわけでもない。(p.232)  もしも苛酷な現実から逃避したいなら、生き抜ける逃げ道を、用意しておかなくてはならない。(p.228) 著者は確か『幻想文学』のレビューアーじゃなかったけ? 倉阪鬼一郎せんせいのお友達だし。考えてみたら私と同世代なんですな。 [購入ガイド] ISBN4-480-06129-0 (ISBN4-480-06129-0) ■[あ] 阿部 寛『アベちゃんの喜劇』,ISBN4-08-650016-7 阿部 寛『アベちゃんの喜劇』(集英社 集英社be文庫 ,2002.11,\560, ISBN4-08-650016-7)読了。 元モデルで、いまや『トリック』の上田次郎役で有名な阿部寛のエッセイ。 賞品の車欲しさに「ノンノ・ボーイフレンド大賞」に応募して1位に選ばれ、一躍人気モデルになり、南野陽子の相手役に決まり役者に転向、億ションを買ったとたんにバブルがはじけ、おまけにスキャンダルにも巻き込まれて仕事がなくなり、Vシネマに活路を見出す――というのが最初の2章。この後子供時代のことや女の子の話やらが続いて、つかこうへいの『熱海殺人事件』で役者としての新境地に達する話が続くんですが、阿部寛本人にはあまり興味がないので、昔話より仕事がない状態からいかに這い上がってきたかの部分が面白いですね。 1998年に出た『アベちゃんの悲劇』(ISBN4-08-333005-8)の文庫化ですが、『トリック』で売れちゃった後でだいぶ手を加えているということなので、内容が行儀良くなっているかも。単行本と読み比べてみたい気がします。 [購入ガイド] ISBN4-08-650016-7 (ISBN4-08-650016-7) 2006.01.02(月) ◇[out]横浜とアキバ 2日は横浜の実家へ年始の挨拶に行った。 駅から実家に電話したところ、家にいるはずなのに何度コールしても出ないので、何かあったのかと蒼ざめて飛んでいったら、TVの駅伝に夢中になっていて電話に気づかなかったとのこと。まったく、人騒がせなっ! まあ、何事もなくてよかったけど。 実家の電話は玄関に一台っきりなのだ。子機のついたやつを茶の間に置くべきなのかもしれない。 実家ではTVを見ながら寿司食べてケーキ食べて退出。 次にいくときは、新調したカーテンを持っていく予定。幅180cm+α、長さ220cm。天窓があるので、長いのであるよ。 家人が秋葉原に寄りたがっていたので、リバティー(中古アニメショップ……でいいのか?)巡りに付き合う。アニメDVDには興味ないので、つまんなかった。どうせアキバに寄るのだったら、ボークスショールームの場所を調べておいて、そっちに行けばよかった。本物のスーパードルフィーを見てみたい。(あとで調べたら、ショールームはラジオ会館にあるらしい。) ●購入本 全部で1400円 □[購入本][な] 長山 靖生『若者はなぜ「決められない」か』(ちくま新書,4480061290),\756, 長山 靖生『若者はなぜ「決められない」か』 (筑摩書房 ちくま新書 ,2003.9,\756, ISBN4-480-06129-0) ISBN4-480-06129-0 (ISBN4-480-06129-0) □[購入本][お] 岡留 安則『噂の真相』25年戦記』(集英社新書,4087202755),\735, 岡留 安則『噂の真相』25年戦記』 (集英社 集英社新書 ,2005.1,\735, ISBN4-08-720275-5) ISBN4-08-720275-5 (ISBN4-08-720275-5) □[購入本][た] 嶽本 野ばら『下妻物語』(小学館文庫,4094080236),\630, 嶽本 野ばら『下妻物語 ヤンキーちゃんとロリータちゃん』 (小学館 小学館文庫 ,2004.4,\630, ISBN4-09-408023-6) ISBN4-09-408023-6 (ISBN4-09-408023-6) □[購入本][ぱ] 朴 相俊他/羅 愛蘭訳『無人島暮らしの手帖』(新潮OH!文庫,4102901302),\650, 朴 相俊/朴 敬秀/李 宇逸/羅 愛蘭訳『無人島暮らしの手帖 一人で生き抜くためのサバイバル術』 (新潮社 新潮OH!文庫 ,2001.11 ,\650, ISBN4-10-290130-2) ISBN4-10-290130-2 (ISBN4-10-290130-2) □[購入本][ウ] サラ・ウォーターズ/中村 有希訳『半身』(創元推理文庫,4488254020),\1113, サラ・ウォーターズ/中村 有希訳『半身』 (東京創元社 創元推理文庫 ,2003.5,\1113, ISBN4-488-25402-0) ISBN4-488-25402-0 (ISBN4-488-25402-0) 2006.01.01(日) ◇[diary] 明けましておめでとうございます お参りにもいかず、3:00に寝て11:30に起きました。 一年の計は元旦にあるというのなら、間違いなく不摂生な一年になりますね。 ◆[mysite] nDiaryの調整中 これから2006年用のnDiaryの調整にかかります。 もう少しブログっぽいデザインにできるといいのですが。