これは原稿です。整形済み日記をご覧ください。
1/2/3/4/5/6/7/8/ 9/10/11/12/


2005.07.31(日)
◇[diary] 暑くてぐったり
もーだめです。

◇[diary] エアコンファン洗浄剤
【 ショーワ株式会社(http://www.showa-water.co.jp/index.html): エアコンファン洗浄剤(http://showa.hothot.jp/showa/shosai.php?serial=12)】

あわあわになる洗浄剤とリンスのセット。
東急ハンズで購入して使ってみた。たしかにカビが取れる。
フィンの奥まで泡を注入するのにはコツがいる。
液垂れしてくるので、眼鏡、マスク、手袋は必需品。

追加購入しようかなー。

2005.07.28(木)
◇[diary] 梅を干す
土用なので、梅を干す。
今年はシソをいれなかったので、風味はイマイチかも。
熟し方の足りない梅だったかなという気もする。
ただ、塩分は18%でやったので、しょっぱすぎなくて良い感じ。

2005.07.27(水)
◇[out] 劇場版ハガレン2回目
レディスデイなので混んでました。さすがにもう入場証明カードは残っていませんでした。 
私の後ろの席に座っていた若いお嬢さんは、上映後ひとこと「納得できない」とつぶやいていらっしゃいました。
たまたま石堂藍さんも同じ回をご覧になることが判明したので、映画を見た後で少しだけお話しました。「そんなに酷くないじゃん」といわれました。 でも直近に見たアニメ映画が『Zガンダム』で、「あれに比べればどんなアニメも絵がきれい」で評価がゆるゆるになるそうなので、全然褒めてるわけじゃないんだなと思いました。(笑)

◆[game] リヴリーアイランドで大惨事
帰ってきてネット上で架空のペットを飼うゲーム【 リヴリーアイランド(http://www.livly.com/)】にアクセスしたところ、記念イベントで大変なことが起こっていました。
かいつまんでいうとイベント時のサーバーへの負荷集中を予測できなくて、リヴリーが大量に死んでしまう事態がおこった模様。

(リヴリーについては、5/306/10あたりを参照。5分で飽きたはずが【うさぎ屋】さんに遊び方を教わって、まだ続いてます)

もうすこし詳しくいうと、ゲーム内で先着順で限定アイテムを買える場所というのがあったので、そこへペットキャラクターを連れて行ったところ、サーバーに負荷が集中しすぎてコマンドが入力できなくなり、そんな状態の中でモンスターが出現して(そんな場所にモンスターを出すなといいたいですが、なぜかモンスターが出現した)逃げることもできないペットキャラクターを虐殺していった……らしいです。

お子様ユーザーも多い一見ほのぼのしたゲームだというのに、殺伐としたRPG内ですら起こらないようなトラウマイベントを起こすなんて呆れるばかりです。わざとではなく、「事故」らしいんですけど、それにしてもねぇ、なんでモンスターが出るような場所で限定アイテムを売るのかな。しかも先着順なんて、わざわざトラブルを起してくれといわんばかりじゃないか。

で、そのリヴリーのスタッフの公式ブログが三箇所にあるのですが、ユーザーからのコメントやらトラックバックやらで、すごいことになっています。

「はてな」 http://d.hatena.ne.jp/livlyisland/(http://d.hatena.ne.jp/livlyisland/) 
「So-netブログ」 http://blog.so-net.ne.jp/livlyevent/(http://blog.so-net.ne.jp/livlyevent/) 
「アメーバブログ」 http://ameblo.jp/livlyevent/(http://ameblo.jp/livlyevent/ ) 

幸か不幸か私は出かけていてイベントに乗り遅れたので、ヤジウマとして眺めておりますが。

2005.07.25(月)
◇[out]  レオノール・フィニ展
劇場版ハガレンを見にいくつもりで乗った電車が快速で、映画館のある駅に止まらなかったので、そのまま渋谷までいってレオノール・フィニ展を見た。1985年の展覧会は見ているはずなんだけど、見覚えのない作品多数。フィニってこんなに作風が変わる人だったのか。 

そのあと、さいたま新都心まで引きかえして劇場版ハガレンを見た。ひっでぇ映画でした。同人やってる腐ったお姉さん以外は見る必要なし。兄弟好きには萌える映画ですけどね。 
TVアニメ版に批判的な人は見ないほうがいいですよ。お金と時間の無駄です。でも私は水曜日にもまた見に行くのであった……。(先に予約しちゃったからね。)

◆[movie] 『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』
『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』を見に行きました。
平日の16:35の回だったせいか、ガラガラでした。もっとも土日でも満席にはならなかったようですが。

入場証明書はまだ残ってました。兄弟を引き当てました。やったね!
ガンガンとの連動のポストカードはありませんでした。やってない劇場だったのかな。
MOVIXだったんですが、ポップコーンセットはでかすぎて食べられそうにないので、あきらめました。でも女性客は買っていた人が多かったです。
観客には、いかにも腐女子なお嬢さんと男子中学生が多かったです。

エンディング曲は何度聴いても「ぶさいくだへーぶん」にしか聞こえない空耳アワー。 

感想はネタバレ全開なので、別ファイルにしました。

『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』ネタバレ感想

●購入本
□[購入本]縞田理理『霧の日にはラノンが視える 2』(新書館ウィングス文庫,4403540805), 672円,
amazonへ

縞田理理『霧の日にはラノンが視える 2』
(新書館 新書館ウィングス文庫 Wings novel ,2004年5月, 672円, ISBN4-403-54080-5)
ISBN4-403-54080-5 (ISBN4-403-54080-5)

□[購入本]立野 真琴『CUTE×GUY 2』(花とゆめコミックス,4592181921), 410円,
bk1:CUTE×GUY 2

立野 真琴『CUTE×GUY 2』
(白泉社 花とゆめコミックス ,2005年7月, 410円, ISBN4-592-18192-1)
ISBN4-592-18192-1 (ISBN4-592-18192-1)

■{マ} マキリップ『影のオンブリア』, ISBN4-15-020382-2
パトリシア・A.マキリップ/著 井辻朱美/訳 『影のオンブリア』(早川書房 ハヤカワ文庫 FT 382 ,2005年3月,798円 (税込), ISBN4-15-020382-2)読了。

amazonへ

(あらすじ)物語はオンブリアの大公の死とともに始まる。オンブリアを操ろうとするする大公の大伯母に妾妃は宮殿を追われ、大公の幼い息子と甥とは宮廷の陰謀へと巻き込まれる。現実と影とが重なり合うオンブリアの都の地下では、すべてを知る魔女とその養い子たる蝋人形の少女もまた陰謀の渦中へと足を踏み入れ……。

『妖女サイベルの呼び声』と重なるモチーフがいくつも出てくるから、あれが好きな人ならきっと気に入るといわれて、読み始めた。確かにサイベルと重なりあう部分がいくつもある。サイベルは分裂して、何人もの登場人物の上に重なっている。
宮廷陰謀劇かと思うとはぐらかされ、現実と影の二つの都の物語かと思うとまたはぐらかされ、なんとなく朦朧とした読後感なのだが、原書を読んだ人たちによると原文はもっと曖昧模糊としているのだそうで、訳書はこれでも「井辻節」によって形をはっきりとさせられているらしい。

これこそが「ファンタジー」、見えぬものを具現化した物語だと思うのだけれども、ライトノベル的大団円が好きな人には、いささか物足りないかも。

[購入ガイド]
 ISBN4-15-020382-2 (ISBN4-15-020382-2)


■[さ] 桜庭一樹『Gosick s ゴシックエス・春来たる死神』,ISBN4-8291-6310-0
桜庭一樹『Gosick s ゴシックエス・春来たる死神』(富士見書房 富士見ミステリー文庫 ,2005年7月, 630円, ISBN4-8291-6310-0)読了。

amazonへ

(あらすじ)西欧の小国ソヴュール、聖マルグリット学園に東洋からの留学生がやってきた。学園になじめず孤独な一弥はあらぬ殺人容疑をかけられる。そんな彼を救ったのは、図書館塔に引きこもる謎の少女・ヴィクトリカだった。

一弥とヴィクトリカの出会いや、聖マルグリット学園へやってきたばかりのヴィクトリカを描いた連作短編集。
主役の一弥とヴィクトリカはともかく、コメディリリーフに使われる眼鏡の先生のキャラクターの造型がどうもわざとらしくて、イマイチ。もう少し自然にならないものか。

[購入ガイド]
ISBN4-8291-6310-0 (ISBN4-8291-6310-0)


■[さ] 桜坂洋『スラムオンライン』,ISBN4-15-030800-4
桜坂洋『スラムオンライン』(早川書房 ハヤカワ文庫 JA 800 ,2005年6月, 630円, ISBN4-15-030800-4)読了。

amazonへ

(あらすじ)現実への違和感を抱えた大学生の悦郎は、オンライン対戦格闘ゲームのカラテ使い・テツオとして、最強の格闘家をめざいていた。大学で知り合って布美子との仲は進展せず、無敵と噂される辻斬りジャックの探索に明け暮れる日々。リアルとバーチャルの間で揺れる悦郎は、ついに最強の敵と対峙するが……。

私は格闘ゲームはほとんどやったことがないので、ここに出てくる格闘ゲームもさっぱりイメージできなかったのだけれど、それでも普通の青春小説として楽しめた。多分これはとてもリアルな物語なんだと思う。イマドキの『赤頭巾ちゃん気をつけて』とかそんな感じ。

ところで主人公は自己卑下してるけど、実はそれなりに顔のいい男の子なんだろう。でなきゃ美人がふたりも向こうから寄ってくるわけないじゃん。顔がよくて、あんまり女の子にガツガツしてない男の子って、ある種の女子にはモテるんだよね。

[購入ガイド]
ISBN4-15-030800-4 (ISBN4-15-030800-4) 


2005.07.23(土)
◇[diary] 夫の衣料品買出し
夫の衣料品の買出しにお出かけ。いっぱい買った。

●購入本
ハガレン11巻はネットで購入。届いたのは昨日。

□[購入漫画]立野 真琴『CUTE×GUY 1』(花とゆめコミックス,4592181913), 410円,
amazonへ

立野 真琴『CUTE×GUY 1』
(白泉社 花とゆめコミックス ,2004年11月, 410円, ISBN4-592-18191-3)
ISBN4-592-18191-3 (ISBN4-592-18191-3) 

□[購入漫画]荒川 弘『鋼の錬金術師 11』(ガンガンコミックス,4757514964), 410円,
amazonへ

荒川 弘『鋼の錬金術師 11』
(スクウェア・エニックス ガンガンコミックス ,2005年7月, 410円, ISBN4-7575-1496-4)
ISBN4-7575-1496-4 (ISBN4-7575-1496-4)

□[購入本]ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『詩人たちの旅』(創元推理文庫,4488572065),\693,
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/田村 美佐子訳『詩人たちの旅  デイルマーク王国史2』
(東京創元社 創元推理文庫 ,2004.9,\693, ISBN4-488-57206-5)
ISBN4-488-57206-5 (ISBN4-488-57206-5) 

□[購入本]ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『聖なる島々へ』(創元推理文庫,4488572073),\903,
ダイアナ・ウィン・ジョーンズ/田村 美佐子訳『聖なる島々へ デイルマーク王国史2』
(東京創元社 創元推理文庫 ,2004.10,\903, ISBN4-488-57207-3)
ISBN4-488-57207-3 (ISBN4-488-57207-3) 


2005.07.21(木)
◆[url][net] SF大会のレポートを探す
ネットをぐるぐるしては、SF大会のレポートを探している。
運営に近い人の日記が「プロジェクトX」(というよりは「ガイアの夜明け」?)な感じで、いろいろ大変だったらしいがヤジウマ的には面白かったり。

「初心者の部屋」で説明をしていた人たちは、大会スタッフでも企画スタッフでもなく、ただの助っ人だったことが判明。しかも事前にあんまり打ち合わせもしていなかったらしい。それであれだけやったなら、良くやったほうだと思うけど、ほんとの初心者の一般参加者は、そんな裏事情なんか知らんからね。

【 一歩さん作:HAMACON2アフターレポートリンク集(http://ippo.s5.xrea.com/x/sf2005/index.cgi)】にはタイムテーブルから企画ごとのレポートを見る機能がついているので、それを見ながら人の動きをみていると、グランドホテル形式の小説か成田良悟の小説みたいで面白い。


2005.07.18(月)
◆[url][net] SF大会アフターレポートリンク集
【 一歩さん作:HAMACON2アフターレポートリンク集(http://ippo.s5.xrea.com/x/sf2005/index.cgi)】
【 一歩さん作:ゲリラ的2005年SF大会Wiki(http://ippo.s5.xrea.com/x/sf2005hiki/hiki.cgi)】

【 SF大会感想リンク集@hatena(http://d.hatena.ne.jp/alisato/20050718)】
はてなのキーワード[SF大会]と[日本SF大会]から辿った日記をメモ。
それ以外のレポート&感想も入れておくことにしました。
そのうち一歩さんの「HAMACON2アフターレポートリンク集」に移すかも。

妹尾ゆふ子さんの「SF大会・なかば個人的なまとめ」用wiki
 http://usagiya.cside2.com/kami/(http://usagiya.cside2.com/kami/)

2005.07.17(日)
◇[out] 実家でうだうだ
SF大会2日目だけど、夫が車で迎えにくるので、実家でうだうだ。
大会の感想をまとめて、mixiにアップしたりとか。

お昼ごろに家を出た夫は、予想よりも早く到着。いつもは渋滞に巻き込まれるのだけれど、道が空いていた由。

花火大会の渋滞に巻き込まれないようにと、夕方に出発。渋滞にひっかかりもせず、夜8時には家に到着。

2005.07.16(土)
◇[out] 日本SF大会 HAMACON2
【 HAMACON2(http://www.hamacon2.com/index2.html)】に土曜日のみの当日参加。

9じちょっとすぎに会場にいったら、一般受付はまだだといわれた。先行受付は企画者用らしい。そうじゃないかとは思ったけど、もっとちゃんとサイトに書いておいて欲しい。
コーヒーのんで時間つぶし。

10じちょっとすぎに会場へいったら、長蛇の列。しかも受付はまだ始まっていない。当日参加の列と登録済みの人の列がどちらなのかわからない。口頭で説明したって聞えない。プラカードでもつくっておけばいいのに。
暑い中長時間「観客」を並ばせるような受付の不手際は事故につながりかねないんで、本当にどうにかしたほうがいいと思った。
当日参加の人は、待たされるの覚悟してるけど、登録済みの人の列を暑い中待たせるのはいかがなものかと思ったよ。慣れている人はそういうもんだと思ってるのかもしれないけど、初参加で登録済みだったら、絶対怒ってる。

あんなんでワールドコンなんてできるのか?
世界中から言葉が通じない人が来るっていうのに。

あちこちでいわれているが、受付でもらった冊子(布製の手提げ袋に入っている。この手提げは、なかなかよろしい)にはタイムテーブルが載っていなかった。公式サイトには一応時間割が載っていたので、それをプリントアウトしていったんだけど部屋割りが書いてない! 仕方ないので、細かい字の企画一覧表をチェックして目的の部屋を見つけた。


◇[out] HAMACON2-初心者の部屋
0コマ目は、初心者の部屋。
知ってる人に会いました。【 タカアキラ(http://sf.lovelove.jp/takaakira/)】さんとか【一歩】さんとか。実は一歩さんとは初対面。「えー、ネットであんなにやりとりしてるのにー!?」と他の人にいわれましたが、電識はあっても面識はなかったのでした。

内容はゆるゆる。ゆるゆると気張らずに楽しもうということをアピールするのはいいんだけれど、事務的なことに関するアナウンスは、後から入ってきた人でもわかるように紙に書いて貼っておくとかするべきなんじゃないかな。

たとえば「ATMはどこにありますか」という質問に対して、ちゃんと答えられなかったりするのはよろしくないと思った。あれに対する「正しい」対応は、”受付でもらった袋の中に入っている「ヨコハマ便利帖」をみろ”です。 
そいういう便利なものが袋に入っているのに気づかなくて、家帰って袋の中身をぶちまけてから気づいた。公式サイトには一応載ってたけど、その場ではすっかり忘れていたし。多分、初心者部屋のスタッフも「ヨコハマ便利帖」のことを知らなかったんじゃないかという気がするけどね。

途中退出OKというのをきちんと言ってくれたのは良かった。
現実問題として、なかなかやりにくかったけど。

一番役に立ったのは初代煩悩王のシール企画攻略法だった。
「ディーラーズのシール屋さんの前で交換している人たちの群れがいるから、そこへ突っ込んでいって交換を申し込む」
なるほど。

シールを持ってきていない人用に何枚か交換用のシールを配布したのは良かったけど、手書きで名前を入れられるデザインだともっと良かったのにと思った。名前入れられないから、配るに配れなかった人もいたみたい。

毎回初心者の部屋を企画するなら、高橋メソッドでのパネル用データでも用意してネットに載せとけばいいのに。

◇[out] HAMACON2-シール企画
名刺代わりに自分の名前やサイト名の入ったプリクラサイズのシールを作っていて、他の人と交換してシール台帳に貼っていくという企画。受付で配られる手提げの中には、シール台帳とそれを入れるケースも入っていた。

一応、自作の千代紙柄にサイト名を入れたシールを作っていった。
地味すぎて家人には不評だったが、他の人とデザインがかち合わなかったから、まあ目的は果たせた。
*

「何で”ありさとの蔵”なんですか」と聞かれて「サイト名なんです」と説明しなくちゃならなかったので、サイト名だけじゃなくて、「サイト:ありさとの蔵」と印字しておけばよかったと思った。

先ずは、初心者の部屋の最後にその場にいた人たちとシール交換。
シールをもって廊下を歩いていたら、若いお嬢さんに「すみません、シール交換してください」と申し込まれて、なるほどこうやって声をかければいいのだなと思った。

企画と企画の間の休み時間には、初代煩悩王の攻略法に従って、「ディーラーズのシール屋さんの前で交換している人たちの群れがいるから、そこへ突っ込んでいって交換を申し込む」を実践。結構な枚数のシールを交換した。名前も知らない人たちだったけど、すっごく楽しかった!!

初心者部屋の感想にも書いたけど、シール屋さんは出来上がりまでに時間がかかるので、手書きで名前を入れられるようなデザインのシールを何枚か売るか、最初からシール台帳につけてくれればいいのにと思った。シール作ってきた人は、作ってこなかった人にあげてもいいし、名前書いてもらって、自分のシールをあげてもいいし。
ああそうか、シールを持ってこなかった人用の名前を記入できるシールを自分で用意すればいいのか! シールもってきてないプロにサインをもらう口実にもなるではないか!

◇[out] HAMACON2-オープニング
ぎりぎりになってホールに入った。空気が悪かった……。(←雰囲気ではなく空調の話)
結構不手際があったらしいけど、よくわからなかった。オープニングアニメは社会風刺が入った感じのものだったけれど、絵はきれいで雰囲気はよかった。
(あとで知ったが公募作品だったのだそうな。2編しか集まらなかったらしいけど、レベルは、そこそこ高かったと思う)

空気が悪かったので、ゲストの挨拶のあとホールを抜け出す。

◇[out] HANACON2-ライトじゃないファンタジーが好き
神代創さん、五代ゆうさん、妹尾ゆふ子さん、ひかわ玲子さんによるパネルディスカッション。司会は篠崎砂美さん(男性だとは知らなかった)

HAMACON2に参加したのは、これを見るため。入り口に何にも表示がなかったので、まだ準備中なのかと思って外で待っていた。一方、部屋の中ではパネラーの人たちが「お客さんが来ないなぁ」と待っていたらしい。うーん……。やっているのに気づかずに、パスしちゃった人もいたかもね。

以下内容のメモ。ただし、パラフレーズやら思い違い等があるはずなので、話半分に読んでください。

始まったとたんに「企画の主旨がいまいち分からなくて。ライトじゃないファンタジーって何?」といいだすパネラー(笑)。そして「企画者の意図はおいといてー、各自のおすすめを紹介しましょう」ということに。

ひかわさんのお勧めはスペンサー『妖精の女王』。登場する女騎士について熱く語るひかわさん。インクリングスにも影響を与えているんです、と熱弁をふるう。読んでみたくなりました。(でも読む暇あるかな)

ちなみに企画に集まった人は濃ゆいファンタジストが多くて『指輪物語』(LotR)、ゲド、ナルニアの既読率は9割ぐらい。マキリップの『妖女サイベル』になると6割ぐらい。

神代創さんのお薦めはファファード&グレイ・マウザー。「あれってキャラクター小説でもありますよね」とツッコミをいれる五代さん。前期の作品は怪奇色がつよいけれど、後期になるとお笑い度が上がるとか。

このあたりで宗教の話に。欧米はキリスト教の締め付けが厳しいからこそ、そこから自由になるためにファンタジーの世界を作り上げる必要があったのではないかという話。
日本には、そういう宗教的な象徴はたくさんあるけれど、精神的な締め付けはそれほどない、とか。

ファンタジーとは象徴であるというのが、ひかわさんの持論らしい。
(2005/07/22追記:
ひかわさんご本人より以下のコメントをいただきました。
「神話的世界の創造とか象徴、とかいうファンタジーについての話は、トールキンのファンタジー論や井辻朱美さんのファンタジー論を読んだ上でまとめとして話したものでもあるので、わたしの持論、というのだと、ちょっと違うかもしれません。」)

ライトなファンタジー、ゲームっぽいファンタジーの話から
「”ファンタジーはなんでもあり”じゃないですよ」と五代さん。ゴブリンを出すにはゴブリンを出す必然性があるべきだと。

妹尾ゆふ子さんのお薦めは、マキリップ『影のオンブリア』、ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(DWJ)の〈デイルマーク王国年代記〉、ロビン・ホブの〈ファーシーアの一族〉。ところが読んでいる人がほとんどいなくて(私もよんでいません。すみません「お友達」になれなくて……)「みんなー、最近のファンタジーも読もうよー」と叫ぶ妹尾さん。

「でもDWJってキャラクターが譲り合わないから苦手」とひかわさん。
で、DWJはファンタジー版橋田壽賀子という結論になりました。(今回の企画で一番のヒット発言)

「日本のファンタジーがライトだっていうけど、海外ファンタジーだってライトだ」とひかわさん。
原因は世界大戦がないせいだろう、LotRの底にはトールキンの二回の従軍経験があるし、ゴーメンガーストにはピークの幼年時代の体験(太平天国の乱に巻きこまれたらしい)が反映されているんじゃないか、などなど。

五代さんのお薦めはバーカーの『アバラット』。「へんなキャラクターばっかり出てくる話なんですよー」で、その中の1シーン(何もない平原に海が押し寄せる)を説明して「これがわたしにとってのファンタジーです」
それから爆弾発言がひとつ。「デビュー作はもともとSFのつもりでした」ええええーーー!?

というあたりで時間がきたので、パネラーの今後の出版予定を紹介してお開き。

しゃべるしゃべるひかわさん、鋭いツッコミをいれつつまとめようとする妹尾さん、わが道をゆく五代さん、自分の担当はヒロイックファンタジーだしなぁという感じで口をださない神代さん(「正確には口を出そうと思っても、ひかわさんの勢いに呑まれていただけで(^_^;) なんどか突っ込もうとしたのですが、失敗しました」だそうです)、ほうっておいても勝手にしゃべるからいいかという感じの司会の篠崎さん(注参照)でした。

楽しかったです、和気あいあいとしててアツくて。

注:マイクがなかったとか、いろいろ理由があったそうです。詳しくは、【 うさぎ屋さんのKamiwiki(http://usagiya.cside2.com/kami/)】の【伝言版】の篠崎さんの発言をご覧ください。


◇[out] HAMACON2-コンスイート
5階のコンスイート(って何だ?)では、無料でお紅茶とお菓子が配られていた。
非常食としてチョコレートとお茶のペットボトルは持ち込んでいたけれど、あったかい紅茶はとても嬉しかった。

でも、コンスイートでのみ飲食可というのは知っていても、そこで紅茶を配ってるなんて知らない人の方が多かったんじゃないかなあ。

なんつーか全体的に、広報や事務連絡がマズイ感じでした。

◇[out] HAMACON2-拝啓ファンタジスト様
「ライトじゃないファンタジーが好き」の出演者がそのまま雪崩れこんでのお茶会企画。
めるへんめーかーさん、中山星香さん、久美沙織さんといったプロの方もいらしていて異様にプロ率の高い企画でした。ひょっとすると、プロのほうが多かったのかも。

私は妹尾さんと五代さんの前の席に陣取って「ここだけの話」をいろいろ聞かせていただきました。

すんげー濃い人が集まっているテーブルなのに(だからこそ?)ハリポタを全巻読んでいる人がいなかったりとか。
「早川からでている長いシリーズって売れているんですかねー?」とか。
<白の乗り手>という老舗ファンタジー系サークルの人が、
「LotRが映画になったおかげで、自分たちの活動が説明しやすくなった」とか。 

「今の若い子って何でもパクリパクリっていうんですよねー」
「どうせいうなら聖書のパクリとでもいえばいいのに」
「聖書なんて読んでませんよー」
「LotRはTRPGのパクリ」(一同大爆笑)
「Zガンダムはキラもアスランもでてこないシードのパクリとか」(ほんとうに映画館でsそういって憤慨しているお嬢さんがいたらしい)
「何のパクリというかでお里が知れると」

イマドキの三国志ブームについても盛りあがったのですが、私は三国志には疎いので、話に全然ついていけませんでした。うー、悔しい。ゲーム買うかー。

◇[out] HAMACON2-野田昌宏が語るテレビ裏話
桜庭×桜坂対談をみるつもりだったのですが、部屋が満員で入れなかったので、野田昌宏さんとのっぽさんの対談を見に行きました。『できるかな』をリアルタイムで見ていた世代ではないので、個人的には感激度は低め。タップダンスはすごかったけど。

部屋を出やすい場所に陣取るべきだったな。飛浩隆さんが星雲賞獲ったって知ってたら、受賞者座談会に行ったのに。結局、飛浩隆さんの実物を拝見すること叶わず。ぐすん。

◇[out] HAMACON2-宴会
中華街での宴会に混ぜてもらいました。お店は【 鯉鰻菜館(http://www.leeman-saikan.com/)】。
そこにいくまでに、会場の廊下で時間をつぶしていて、ネットの知り合いの方とご挨拶。1日で電識はあるけど面識がなかった10人ぐらいの方々とお会いすることができて、効率いいなぁと思いました。
SF大会に人を呼びたいんなら、いっそネットのオフ会とからめた企画立てりゃいいのにと思いましたよ。

みなとみらい線に乗るのは初めてでした。かっこいいねぇ。

宴会は、美味しくて楽しくて大満足。幹事の人、ありがとう、ありがとう。

というわけで、楽しく過ごせた一日でした。


2005.07.15(金)
◇[diary] お出かけ
今日は池袋でオタク本屋巡りのあと、実家でパソコンの設定。(しまった、FireFoxをダウンロードしてCD-Rに焼くはずだったのに忘れた)
明日は【 SF大会(http://www.hamacon2.com/index2.html)】に当日参加の予定です。

というわけで池袋にいったのだが、事前準備が足りなくて結局【 とらのあな(http://www.toranoana.jp/shop/)】にしか行けなかった。情けないことに池袋の【 アニメイト(http://www.animate.co.jp/shop.html)】にすら辿り着けず。(地図をプリントアウトしておくべきだった)
諦めて横浜のアニメイトに寄った。

実家のパソコンはダイヤルアップなので、Windowsアップデートに2時間かかった。

◆[url] 男性声優さんの喘ぎ声を分類
【 ぬるヲタが斬る 男性声優さんの喘ぎ声を分類(http://nuruwota.blog4.fc2.com/blog-entry-671.html)】

私は興味ないんですが、この手のCDドラマが好きな人がネットの知人にいるので、こっそりお知らせ。もう捕捉済みかな?

●購入本
SF大会予習用。

□[購入本]桜庭一樹『Gosick s ゴシックエス・春来たる死神』(富士見ミステリー文庫,4829163100), 630円,
桜庭一樹『Gosick s ゴシックエス・春来たる死神』
(富士見書房 富士見ミステリー文庫 ,2005年7月, 630円, ISBN4-8291-6310-0)
ISBN4-8291-6310-0 (ISBN4-8291-6310-0)

□[購入本]桜坂洋『スラムオンライン』(ハヤカワ文庫JA 800,4150308004), 630円,
桜坂洋『スラムオンライン』
(早川書房 ハヤカワ文庫 JA 800 ,2005年6月, 630円, ISBN4-15-030800-4)
ISBN4-15-030800-4 (ISBN4-15-030800-4) 


2005.07.14(木)
◆[mysite] 掲示板にアルバムモード搭載
当サイトの掲示板は、【 KENT WEB(http://www.kent-web.com/index.html)】の ASKA BBSを改造して、過去ログ作成機能を追加して使っているのだが、業者の宣伝書き込みがウザくなったので、以下の記事を参考にNGワード対策機能とアルバムモードを搭載してみた。

【 [教えて!goo] 投稿記事にNGワードを見つけたら投稿拒否するCGI(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1407211)】
【 プログラミングメモ-Perl、掲示板のいやがらせ対策。(http://joho.boo.jp/memo/writer.cgi?mode=detail&no=42)】

アルバムモードのほうは、アルバムモード用のフラグを用意して、それがONなら投稿フォームの代わりにメッセージを表示するようにした。

というわけで、明日からちょっとお出かけなので、掲示板は一時的にアルバムモード。

■[あ] 秋月こお『華麗なる復讐』, ISBN4-04-434643-7
秋月こお『華麗なる復讐』イラスト:後藤星(角川書店 角川ルビー文庫 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 ,2004年12月, 500円, ISBN4-04-434643-7)読了。

amazonへ

(あらすじ)美貌と才能を併せ持つ若手を集めた臨時オケに参加した圭と悠季。コン・マスとして、才能だけでなくプライドも併せ持つ音楽家たちをなんとかオケとしてまとめ挙げようとする悠季だが……。

物理的にも内容的にも薄いがそれなりに読みやすい。世話人体質の悠季がせっせとコン・マス業に精を出す様子は面白かった。

[購入ガイド]
ISBN4-04-434643-7 (ISBN4-04-434643-7)

■[く] 倉阪鬼一郎『紫の館の幻惑 卍卍教殺人事件』, ISBN4-06-182436-8
倉阪鬼一郎『紫の館の幻惑 卍卍教殺人事件』(講談社 講談社ノベルス,2005年6月,966円, ISBN4-06-182436-8)読了。

amazonへ

この表紙で柏枝真郷『PARTNER 3』と並べて面陳されていたんで、驚愕しました。おおう、まるで「お耽美小説」か「ライトノベル」のようだっ! でも中身はいつもの倉阪鬼一郎、ゴーストハンターシリーズなのでミステリ(というより今回はバカミス)の皮をかぶったホラー。

今回はゴーストハンターをはじめとする人でなし三人組が黒猫のぬいぐるみミーコ姫とともに吸血鬼原理主義者率いる宗教団体と対決いたします。珍しくちゃんと対決するんです。ミーコ姫だいかつやく。

登場人物といくつかの描写がアダルトなので「ライトノベル」にはなりませんが、多少手直しすればライトノベルの体裁で出せそうな……。でも、中高生に倉阪鬼一郎なんか読ませたら人生踏み外すこと必須なのでやめたほうがいいと思います。

[購入ガイド]
ISBN4-06-182436-8 (ISBN4-06-182436-8)


2005.07.12(火)
◇[diary] WebMoneyを買ってみた
一度使ってみたかったので、ローソンに某映画の前売りを買いに行くついでに【 WebMoney(http://www.webmoney.jp/)】を買ってみた。(結局前売りは買わなかった。アニメイトで買う)

ローソンの【 Loppi(http://www.lawson.co.jp/loppi/)】で、キーワード:ウェブマネで検索して出てきた画面に従って画面を押すと印刷シートが出てくるので、それをレジの人に渡してお金を払うと、プリンタでオンラインシートを印刷して渡してくれる仕組み。
で、シートに載っているプリペイド番号を、WebMoneyが使えるサイトで入力すればいいらしい。でも2000円とか3000円とか定額のものしかないから、端数が余っちゃうよねぇ。
一応繰り越しはできるみたいだけど。
これは、クレジットカードを使えない/使いたくない場合や、お子様にお小遣い代わりに与えるためのものなんだろうな。

私は【 GENZO(http://www.gentosha-comics.net/genzo/)】を買うために使うんですが。

◆[url][book] Webコミック誌『GENZO』

【 GENZO(http://www.gentosha-comics.net/genzo/)】

210円で読めるWebコミック雑誌。私は船戸明里『Under the Rose』を読むために購入してます。『Under the Rose』一本だけだとさすがにコストパフォーマンスが悪いけど、他にもう2本ぐらい読むものがあれば、充分モトは取れますね。

『Under the Rose』は一難去ってまた一難のブレナン先生なんですが、おっかないおば様と前任の家庭教師に反撃中です。老人を興奮させてはいけないと思うんですがねぇ。

●購入本

□[購入本]秋月こお『華麗なる復讐』(角川ルビー文庫,4044346437), 500円,
amazonへ

秋月こお『華麗なる復讐』イラスト:後藤星
(角川書店 角川ルビー文庫 富士見二丁目交響楽団シリーズ 第6部 ,2004年12月, 500円, ISBN4-04-434643-7)
ISBN4-04-434643-7 (ISBN4-04-434643-7) 

□[購入本]冨樫 義博『HUNTER×HUNTER 21』(ジャンプコミックス,4088736613), 410円,
冨樫 義博『HUNTER×HUNTER 21』
(集英社 ジャンプコミックス ,2005年2月, 410円, ISBN4-08-873661-3)
ISBN4-08-873661-3 (ISBN4-08-873661-3)
……購入記録がないので、買ってないと思い込んでいたらが、本棚にあるのを発見。ショック! なんで先に本棚チェックしないのか>自分

□[購入雑誌]『月刊少年ガンガン 2005年8月号』(スクウェア・エニックス), 490円
『月刊少年ガンガン 2005年8月号』
……付録がいろいろ付いてました。


2005.07.11(月)
◆[dvd] 『第十七捕虜収容所』
ドイツの捕虜収容所でのアメリカ空軍の兵士たちを描くビリー・ワイルダーの異色戦争映画。大昔にTVの放映されたのを何度か見て、もう一度見たいと思っていた。今見てもやっぱり楽しめる。凄いね。


メインはドイツ軍のスパイ探しだけど、収容所内での生活描写、特にアニマル(ロバート・ストラウス)とハリー(ハーヴェイ・レムベック)のコミカルなやり取りが可笑しい。
小道具使いが巧いといわれるビリー・ワイルダー監督だけあって、印象的な小道具がいろいろ。一番重要なものはスパイの連絡に使われるアレとアレでしょうけれど、ピンポン球とかマッチとかタバコとかバケツとか挙げていったらきりがないです。私の印象に残ったものでは、収容所長のブーツでしょうか。地面が泥だらけなんですけど、ブーツを汚さないためにわざわざ板を敷かせてその上を歩く。でもって、自分じゃ脱いだり履いたりしないで、部下にやらせる。キャラクターまで表現するお見事な小道具。ほんと、凄いな。

何度も流れるテーマ曲は「ジョニーが凱旋するとき」というらしい。南北戦争のときに作られた曲なんだそうで。へぇ。『博士の異常な愛情』『ダイハード3』でも使われていたそうです。へぇ。でもこの曲歌おうとするとなぜか途中で『プロジェクトA』のテーマになっちゃうんだよねぇ。あ、違うと思って、歌いなおすと今度は『クワイ河のマーチ』に……。

隣にロシア女性の捕虜収容所があるという設定なので、少しは女性も映りますが、捕虜収容所なので、基本的には男ばっかり。男同士でダンス踊ったり(全員踊れるんですな。空軍の軍曹だからみんなそれなりに教養はあるのか)、そこはかとなくホモくさい。一人だけ、妙にきれいな男の子がいたりするんですよねぇ。やおいアイをお持ちの方の目にはどう見えるのか聞いてみたい。

【 第十七捕虜収容所 - goo 映画(http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD5643/)】

B0007N341M第十七捕虜収容所
ウィリアム・ホールデン ビリー・ワイルダー ドン・テイラー オットー・プレミンジャー

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン 2005-03-25
売り上げランキング : 9,134
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
■[き] 君野倫子『ハイカラ手ぬぐい案内』,ISBN4-309-28011-0 君野倫子『ハイカラ手ぬぐい案内』(河出書房新社 ,2005年5月, 1470円, ISBN4-309-28011-0)読了。読了っていっても、読む本というより見る本ですが。 amazonへ いまどきの手ぬぐいコレクションの紹介本。和物ブームなので、出版されたらしい。 私は手ぬぐいが大好きなので、いろんな柄の手ぬぐいの写真を見ているだけで楽しい。手ぬぐいを使った小物の作り方や、手ぬぐい体操のやりかたも載っている。 手ぬぐいとふろしきは世界に誇る日本の文化だと思うので、もっと再評価されるといいと思う。 [購入ガイド] ISBN4-309-28011-0 (ISBN4-309-28011-0) ■[す] 須賀 しのぶ『喪の女王 1』,ISBN4-08-600597-2 須賀 しのぶ『喪の女王 1』イラスト:船戸明里(集英社 コバルト文庫 流血女神伝 ,2005.6,\520, ISBN4-08-600597-2)読了。 amazonへ (あらすじ)すべてを捨てて、新しい道へ。命がけで息子である王子アフレイムを救ったカリエ。だが胎内に宿る新しい命のため、カリエはすべてを捨てユリ・スカナの地へ向かう。新たな運命とは!? ユリ・スカナ編開始。バルアン再起動。エドとカリエが一緒にいるのに、相変わらず少女小説とは思えぬロマンス度の低さというか……。いい男がゴロゴロ出てくるのに、全然ロマンチックじゃないんですね。 とりあえずイーダル様の本性を楽しみに次の巻を待つことにします。 [購入ガイド] ISBN4-08-600597-2 (ISBN4-08-600597-2) ■[も] 毛利志生子 『クロス 月影の譜』,ISBN4-08-600598-0 毛利志生子 『クロス 月影の譜』イラスト:増田恵(集英社 コバルト文庫 ,2005年6月,500円 (税込), ISBN4-08-600598-0)読了。 amazonへ (あらすじ)従姉妹の真弥が蒸発して2年、飛鳥のもとに招待状が届く。「真弥が結婚?」相手の名はハーディ・モンフォール。2年前に飛鳥を殺そうとした吸血鬼だった。飛鳥は香港に住む吸血鬼退治人を訪ねるが…。 キャラクター紹介のイラストを見て、「あれれ、この美形の吸血鬼さんは敵役なの?」と意外に思ったものですが(配役でネタが割れてしまうのが2時間ドラマとライトノベルの悪いところ)、主人公の相手役は別にいました。 キャラクターがプロットに動かされてしまうというのがこの作者の欠点なのですが、今回は主人公と相手役が運命的な結びつきがあるという設定でこの点をクリアし、ミステリ的な謎解きへの興味でストーリーを読ませることに成功。面白かったです。 前世でうんぬんといった「運命的な結びつき」を持ち出すのは、主人公の魅力を具体的に描かなくてもロマンスが発生するので、ある種の反則技だと思うんですが、プロットに重点をおきたい話には有効なのかなと思いました。ほんとうはプロットとキャラの魅力を描くエピソードがうまく絡まればいいんでしょうけれど、なかなか難しいし。 少年の外観をもつ老成した吸血鬼キャラの存在が良かったです。 これはシリーズ化されるかな。 [購入ガイド] ISBN4-08-600598-0 (ISBN4-08-600598-0) ■[え] 榎田尤利『秒針を止める放浪者』,ISBN4-04-449103-8 榎田尤利『秒針を止める放浪者(エグザイル)』イラスト:あんどうよしき&天野翔(角川書店 角川ビーンズ文庫 ヴァムピール・アリトス ,2004年7月,500円 (税込), ISBN4-04-449103-8)読了。 amazonへ (あらすじ)見木優人の奇妙な隣人、長髪美形の裏戸幸夜の真の名はアリトス、その正体はいわゆる吸血鬼だ。出会って一年。栄養補給にと血を吸われる、そんな非科学的なふれあいが日常だと思い始めたその矢先に、アリトスは言う。「今宵の夢を抱えたまま、帰るべき寝床へと戻れ」それは忘却と別離のことば…? 今回現れるのは、中学時代に優人をいじめた最大の「敵」。 やおい風吸血鬼物とみせかけて、実はいじめと友情が隠しテーマの作品だったのですね。読者受けするテイストをまぜつつ、しっかり真面目なテーマを描き出す職人芸でありました。作者が本当に書きたい物語なのかどうかは微妙ですが。 [購入ガイド] ISBN4-04-449103-8 (ISBN4-04-449103-8) ■[な] 成田 良悟『デュラララ!! ×2』,ISBN4-8402-3000-5 成田 良悟『デュラララ!! ×2』イラスト:ヤスダスズヒト (メディアワークス 電撃文庫 ,2005.3,\662, ISBN4-8402-3000-5)読了。 amazonへ (あらすじ)東京・池袋。そこには人を愛することが不器用な人間が集う。自分の立ち位置を悩む女子高生、池袋を取材する三流雑誌記者、セクハラ疑惑の教師、黄色いバンダナを巻いた黄巾賊、池袋最強のチンピラ、様々な裏情報を操る青年、そして漆黒のバイクを駆る"首なしライダー"。そんな彼らが連続通り魔事件に巻き込まれ、池袋が壊れ始めていく―。 池袋を舞台にしたぶっとんだ群像劇の今回の中心は通り魔事件を起させる「ある存在」と池袋最凶の男と噂される平和島静雄。もちろん前回の登場人物たちも登場。 うーむ、なるほど、こういう風に絡んでくるのか。 マトモなキャラがほとんどいない(ひょっとすると人外のセルティが一番マトモかも)群像劇はこれからどこへ行くのでしょうか。まだ続くんだよね? マニアな年寄り受けはいいけど若い子の評判はどうなんだろうと心配だった成田良悟ですが、学校図書館司書の人によれば(マニアな)現役高校生ファンもついているし、二次創作のオンリーイベントも開催されるぐらいに人気が出てきているようです。 どうか末永く活躍してくださいね。 [購入ガイド] ISBN4-8402-3000-5 (ISBN4-8402-3000-5) 2005.07.10(日) ◇[diary] 買い物とか このところ夫は仕事が忙しくて土曜日は出勤なので、なかなかホームセンターに行けなかったのだが、天気がよかったのでようやく買物。CD-Rの媒体とか、ラベルシールとか。 アニメ雑誌が出ていたので、少し悩んで『ニュータイプ』を買う。早売りの『ガンガン』も出ていたが、さすがにアニメ雑誌と両方は恥ずかしくて買えなかった。 ●購入本 □[購入本]冨樫 義博『HUNTER×HUNTER 22』(集英社ジャンプコミックス,408873792X), 410円, 冨樫 義博『HUNTER×HUNTER 22』 (集英社 ジャンプコミックス ,2005年7月, 410円, ISBN4-08-873792-X) ISBN4-08-873792-X (ISBN4-08-873792-X) ……なぜか覚えてる話と繋がらなくて変だなと思ったら、21巻(ISBN:4-08-873661-3)を買い忘れていたらしい。(2005/07/12 21巻も買っていた。ダブらせてから気づいた) □[購入本]『ニュータイプ 2005年8月号』(角川書店),550円 『ニュータイプ 2005年8月号』(角川書店) ……購入目的は当然『劇場版 鋼の錬金術師』別冊。表紙がエドとアルで、真中にエドとハイデリヒとノーアの特別ピンナップ。ちなみに『アニメージュ』のほうはロイ・マスタングとエドだったらしい。最近は眼帯マスタングより、やんちゃアルぽんとハイデリヒに萌え萌えなので『ニュータイプ』を選んだ。 ◆[game] 『逆転裁判 3』 某所で2000円で売っていたので購入。もっとも 2 をやらないとできないんですけど。 2はどこで買おうかな。
B0002ZCLXC逆転裁判3 Best Price

カプコン 2004-10-01
売り上げランキング : 483
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
2005.07.08(金) ◆[url][net] モヒカン族 【 はてなグループ-モヒカン族(http://mohican.g.hatena.ne.jp/)】 【 mohicanグループキーワード:モヒカン族(http://mohican.g.hatena.ne.jp/keyword/%e3%83%a2%e3%83%92%e3%82%ab%e3%83%b3%e6%97%8f)】 最もシンプルな定義は 「指摘しあうことが本当に当たり前」みたいな人(http://mohican.g.hatena.ne.jp/queue/20050708#1120758639)らしい。 「ところで「モヒカン族」って何?」って書いただけで、素早く捕捉された。さすがというべきか。 このグループ内をぐるぐるしてるだけで、面白いネタが見つかるけど、読んでるだけでえらく時間がかかる。 ◆[url] 女性向け同人に関する言及 【 再イオン化: 女体化のガールフレンド(http://taimatsu.cocolog-nifty.com/ionisation/2005/06/post_c8a3.html)】 【 私をさびしい気持ちにさせる物体はなんであろうと許さない(http://d.hatena.ne.jp/sleepiness/20050706/1120610315)】 えーと、コメントは避けます。 笑っちゃったのは、後者をはてなブックマークに登録して、「このエントリーをブックマークしているユーザー」をチェックしたら【 id:stella_nf(http://b.hatena.ne.jp/stella_nf/)】さんがいたことです。 以前【 こどものもうそうblog | 『読むのが怖い! 2000年代のエンタメ本200冊徹底ガイド』(http://blog.lv99.com/?eid=140257)】をはてなブックマークしたら、やっぱり【 Stella(http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/)】さんがいて、「ああ引っ掛かるところが同じなんだなー」と思った覚えがあります。 2005.07.07(木) ◇[out] 東京国際ブックフェア 昨日、東京国際ブックフェアにいってきた。 でも、ビックサイトに入るときに「これがオタクの祭典だったらもっと嬉しいのに」とか思っちゃうダメダメさなのだった。 今年は文具・紙製品展も同時開催されていて、どちらかの入場券があれば両方入れる。 ただ、ブックフェアは個人でも本を20%引きで購入できるけど、文具展はあくまでも見本市なので、個人購入はできないのだった。 文具展は面白かった。スクラップブックフェアというのをやっていて、新聞記事を張るスクラップブックかと思ったら、リボンやジグザクはさみを売っている。どうしてだろうと思ったら、ここでいうスクラップブックは記念アルバムの進化系なのだった。子供の写真などをアイテムと一緒にデコレーションして貼って飾るのだ。アメリカ人は好きだよね、そーゆーの。で、日本でもそういうのを流行らせようということらしい。 ホチキスやカードケースにいいのがあったんだけど、小売してないらしいので、あとでネットで探そう。(帰りに大宮のロフトに寄ってみたけど品揃えがしょぼくて、がっかりだった) ブックフェアは、去年と同じような感じ。 青空文庫の全データのCD-ROMがをビュアー付きで500円で売っていたので、ダウンロードするより楽かなと思って買ってみた。常時接続だからネットで見られるっちゃ見られるんだけど、データは手元においておきたいし。 集英社ブースでコバルト文庫の目録ゲット。去年はなかったような気がする。うれしい。 国書刊行会ブースで心が動くが我慢する。「『ジーヴス』はネットで買っちゃったよー。ここで買えば440円引きだったのに、ぎりぎり……」とか。 河出書房新社で『輝く断片』を購入。なぜか買い損ねていてよかった。 一番嬉しかったのは、昔の映画のDVDが1枚1000円で安売りされていて、『サンセット大通り』『深夜の告白』『第十七捕虜収容所』が全部で3000円で手に入ったこと。ビリー・ワイルダー監督作品をちゃんと観たいなと思っていたところだったので、よかった。 これ昔、大陸書房で格安ビデオで出てたやつのDVD版だと思う。ヒッチコックの初期作品もいろいろあったけど(『舞台恐怖症』とか『ロープ』とか)、ヒッチコックはほとんどビデオで見たからいいや。『疑惑の影』は欲しいけど、さすがにああいうメジャータイトルは出ていないのだった。 「ソースネクスト」を「スクウェア・エニックス」と見間違えて、どうしてスクウェアがウィルス対策ソフトを売っているのだろうかと本気で悩んだダメっぷり。末期症状です。 でも似てるでしょ? sourcenextとsquereenix。sで始まって、uとrとeとxが入ってる。 ◆[zakki] 欲しかった文具 欲しかったカードホルダーは、コレクトのひな壇式。  http://www.correct.co.jp/06cat/ip/ct_31a.html(http://www.correct.co.jp/06cat/ip/ct_31a.html) CH-110-BE カードホルダー発砲塩ビ表紙(ベージュ) 一応ブックデポ書楽ではコレクトの商品を扱っているみたいだけど、これはあるかな。 あともうひとつ欲しかったのが、MAXのパワーフラット。 軽い力で26枚綴じられるホチキス。 プラスの「かるヒット」もわるくないんだけど、フラットじゃないから。 私が現在愛用してるのは、マックスのHD-10DF。会社員やってるときに使っていたんだから、もう10年以上使っていることになります。いまだ健在。でもたくさん綴じようとすると無理があるので。 ●購入本 □[購入本]シオドア・スタージョン『輝く断片』(河出書房新社,4309621864), 1995円, amazonへ シオドア・スタージョン/著 大森望/編『輝く断片』 (河出書房新社 奇想コレクション ,2005年6月, 1995円, ISBN4-309-62186-4) ISBN4-309-62186-4 (ISBN4-309-62186-4) □[購入本]君野倫子『ハイカラ手ぬぐい案内』(河出書房新社 ,4309280110), 1470円, amazonへ 君野倫子/著『ハイカラ手ぬぐい案内』 (河出書房新社 ,2005年5月, 1470円, ISBN4-309-28011-0) ISBN4-309-28011-0 (ISBN4-309-28011-0) ……千代紙とか手ぬぐいとか凄く好き。 □[購入DVD]『サンセット大通り』 【amazon:サンセット大通り】 □[購入DVD]『深夜の告白』 amazonにはVHSしかないようです。 【amazon:深夜の告白】 □[購入DVD]『第十七捕虜収容所』 【amazon:第十七捕虜収容所】 ついでに面白かったリストマニア 【Amazon.co.jp:リストマニア:ワイルダーとヒッチコック 】 2005.07.06(水) ◇[diary] 近況 最近はmixiの日記でメモって、まとめてこっちにもってくるということをやっておりますので、更新が途絶えがちです。本はあんまり読めません。でも6月はライトノベル系が多いけど一応10冊は読んでいるんですね。フジミ感想ののまとめページを作りたいとは思っているのですが。 で、何してるかというと、【 リヴリー(http://www.livly.com/mypage.php?uid=26Sf&s=5)】で放置されているリヴにエサやったりとか、シムピープルしたりとか、同人サイト巡りしたりとかです。ええ、もう、かなりダメな感じです。 ■[あ] 荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 5 それぞれの絆』, ISBN4-7575-1471-9 荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 5 それぞれの絆』(スクウェア・エニックス Comic novels ,2005.7,\900, ISBN4-7575-1471-9)読了。 amazonへ (あらすじ)匠の元へ身を寄せていたエルリック兄弟は、かつて発行禁止になったという危険な書物の存在を知る。その書を探して訪れた町で、イシュヴァール人の子供キップと親代わりを務めるアメストリス人の女性に出会った二人は、亡くなった母トリシャと自分達の姿を重ねるのだった。その頃、中央への栄転が決まっていたロイに、合成獣事件の任務が舞い込む。信頼のおける部下とともに早期解決に乗り出すロイだったが事件の裏で手を引いていた人物と、思わぬ再会を果たす…! 公式同人誌と言われている小説版『鋼の錬金術師』ですが、今回も大きいお姉さん向けの萌えどころが満載です。お子様にも読める文体とストーリー展開でなおかつ萌えどころを入れるというのは結構高等技術なのかもしれない。 物語はイシュヴァール殲滅戦の過去話を絡めた「もうひとりのロイ」の話。なかなか良かったです。小説版では一番よく出来ていると思う『砂礫の大地』が「もう一組のエルリック兄弟」の話だったことを考えると、ゲストキャラの上にメインキャラの姿を重ね合わせるという手法をとると、このノベライズ版の著者の良さが出るようです。 ただ、変な笑い声をたてる敵役の造詣はお子様向けですが。 今回は兄弟ファンにも大佐ファンにもヒューロイヒューの人にも軍部ファンにもそれぞれ萌えどころがあって良かったですね。特に大佐ファンは巻末イラストをチェッキ! もっとも私がいちばん萌えたのは、巻末漫画の兄さんでした。あの特技ステキ。本を読む目つきの悪い兄さんも可愛いよ。 [購入ガイド] ISBN4-7575-1471-9 (ISBN4-7575-1471-9) ●購入本 □[購入本]大藤幹『スタイルシートサンプルブック』(ソシム ,488337405X), 1995円, 大藤幹/著『スタイルシートサンプルブック』 (ソシム ,2004年9月, 1995円, ISBN4-88337-405-X) ISBN4-88337-405-X (ISBN4-88337-405-X) ……CSSテクニックの解説書。CD-ROMに収録されたサンプルを見ながら本の解説を読むと、なるほどと納得する。 2005.07.04(月) ◆[mysite] パソコンの環境バックアップ 梅干作りでお世話にになっているサイト【 四畳半の住人(http://homepage2.nifty.com/NG/index.htm)】に【 アナログ的バックアップの方法(http://homepage2.nifty.com/NG/PC/PC001.htm)】というコンテンツがある。 環境データ(IDとかアクセスポイントとかのメモ含む)は、1冊の復旧ノートにまとめておくとよいよ、辞書もテキスト形式でバックアップしておいたほうがいいよ、ダウンロードしたソフトはCD-Rに焼いとくといいよといった話が載っている。 しばらくネットで姿をみなかった高森太郎さんがパソコントラブル(だけじゃないんだけど)で大変な目に遭っていたという日記を読んで、バックアップしなきゃと思っていたところだったので、早速メモ。 とりあえず、プロバイダのIDとか、WebページのIDやアドレスその他や、メールや各種サービスのアカウントをメモした。 本当は使っているソフトのプロダクツIDや、登録しているWebリングや検索系サイトの情報なんかもメモしたほうがいいんだけど、力尽きた。 ダウンロードしたソフト(500MBぐらい)をCD-Rにするのは私のパソコンじゃできないので、夫にやってもらおうと思っている。あー、媒体買ってこなくちゃ。 2005.07.02(土) ◆[net] いまごろミュージカル・バトンについて 久々にアクセスログを見ていたら、6/18に【 琥珀色の戯言(http://d.hatena.ne.jp/fujipon/)】のid:fujiponさんからミュージカル・バトン[→ はてなキーワード(http://d.hatena.ne.jp/keyword/Musical%20Baton)]を回されていたことを発見しました。すみません、どうせうちには回ってこやしないだろうとタカをくくっていたもので。 音楽をほとんど聴かないので回ってきても困るんだよなと思いながらも、回ってこないのも寂しいなと思っていたので、回ってきていたのが分かって嬉しいです。まわしてくれてありがとう。でも、10日以上も過ぎてていまさらだし、面倒なので答えないけど。 ああ、でも、ひとつだけ答えておきます。 最後に買ったCD:ポルノグラフィティ『サンプ・サンプ・サンプ』。 ところで、巡回している腐女子系サイトについに6/30に「ミュージカル・バトン」が到達。受け取った人は「えー、なにそれ、どこで流行ってんの?」みたいな反応で、ブログ系サイトと腐女子系サイトの間の距離の遠さが、なかなか興味深かったです。 6/14に【 絵文録ことのはの記事(http://kotonoha.main.jp/2005/06/14musical-baton.html)】が出るのと同時にはてなにキーワードが出来て、私のサイトのご近所をバトンがかすっていったのが6/18〜21ぐらい。腐女子系へは、それから10日もしないと到達しないのですね。ブログ系サイトと男オタク系サイトは、ニュースサイトを仲立ちにしてかなり近いんですけどね。 亜種の本関係バトンも同時に回ってきた模様。 到達経路には興味がありますが、腐女子系は文中リンクを張る習慣がない上にGoogleでは検索不可能(検索避けしてあるサイトがほとんど)だから、受け渡し経路を遡っていくのは難しいでしょうね。 この手の企画はチェーンメール化するからウザイというよりも、バトンが来るかこないかわからなくてドキドキイライラさせられるところがイヤだと思いました。来たら来たで面倒だし、来なきゃ来ないで寂しいしっ! 答えたい奴には勝手に答えさせろよ! それにしても、あんなのふつうに100質形式(誰でも回答可)にして、回答作成ツールとかを用意して回答をパースしやすい形式で出力させつつ、どこかにトラックバックセンター(+手動可)かpingサーバーでも用意して、そこにpingを送ると自動的に集計プロセスが走って結果がリアルタイムで見える、なんてのでも誰か作ればいいのにね。 【モヒカン族-ishinaoの日記そういえばほにゃららバトンは】 これはいいアイデアだと思うがなー。 追記:ところで「モヒカン族」って何? はてなグループが出来てるんですが。 2005.07.01(金) ◆[zakki] イベント:東京国際ブックフェア2005 【 東京国際ブックフェア2005(http://www.bookfair.jp/)】 会期 :2005年7月7日(木)〜10日(日) 10:00〜18:00 会場 :東京ビッグサイト  一般公開日:7月9日(土)・10日(日) 去年行ったけど、結構面白かったので、また行くつもり。土日は混みそうなので、平日に。 調子にのって出版カタログをゲットしていると重くなる上に、帰ってから始末に困るので今年は自重しよう。 【 無料招待券申し込み(http://www.bookfair.jp/ad)】 でも本当は同時開催される「 第16回 国際 文具・紙製品展(http://web.reedexpo.co.jp/isot/)」のほうが面白そう。 ◆[zakki] イベント:イントゥ・アニメーション4 【 イントゥ・アニメーション4(http://www.jaa.gr.jp/into04/ )】 個人アニメーション作家の団体「日本アニメーション協会」の開催するイベント。上映会とワークショップ。入場無料。 開催日:2005年7月16日(土)〜19日(火) 会 場:セシオン杉並 墨絵アニメーション作家の【 横須賀令子(http://www2.lnet.ne.jp/~sumitto/reiko/)】さんにお知らせをいただいたので、ご紹介。 横須賀令子さんとは、大昔に漫画サークルでご一緒した仲です。 NHKのぷちぷちアニメで横須賀さんの作品をみて、「あー、この人知ってるー」とWeb日記に書いたところ、それがご縁で旧交が復活。上映会があるとお知らせいただくようになりました。 SF大会とぶつかる日付ですが、火曜日だったらいけるかな。まあ、体調しだいですが。 ●購入本 ハガレン小説がどーしても早く読みたかったので、わざわざ宅配送料を払ってbk1で購入。昨日の夜に注文したものがTODAY便で夜の10時に届きました。お中元の配送で混んでたりするのかも。 ハガレンノベルズ+中井英夫というのは、すごい組み合わせだと自分でも思います。 □[購入本]荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 5 それぞれの絆』(スクウェア・エニックス,4757514719),\900, amazonへ 荒川 弘原作/井上 真『小説鋼の錬金術師 5 それぞれの絆』 (スクウェア・エニックス Comic novels ,2005.7,\900, ISBN4-7575-1471-9) ISBN4-7575-1471-9 (ISBN4-7575-1471-9) □[購入本]中井 英夫/本多 正一編『中井英夫戦中日記 彼方より 完全版』(河出書房新社 ,4309017150),\2310, amazonへ 中井 英夫/本多 正一編『中井英夫戦中日記 彼方より 完全版』 (河出書房新社 ,2005.6,\2310, ISBN4-309-01715-0) ISBN4-309-01715-0 (ISBN4-309-01715-0)