雑誌記事リスト

※スタイルシートを使用してます。スタイルシートが有効なブラウザで見ると少し雰囲気が変わります。


井辻朱美 雑誌記事リスト

対談「天沢退二郎+井辻朱美 いまなぜ『指輪物語』か――書かれ方、読まれ方」 2002/05/03
『ユリイカ4月増刊号 「指輪物語」の世界 ファンタジーの可能性』2002年4月
「ホビットはうたう(トールキンのファンタジー)」 2002/03/28
『鳩よ!』2002年四月号 特集 トールキン「指輪物語」を読もう
「神話というパワーユニット」 2002/03/28
『詩と思想』 1999年11月号
※実物未確認
SFオンライン書評 24号(1999年4月23日)〜60号(2002年2月25日)
→詳細
「死都のたましい」
『幻想文学 62 特集:魔都物語』 p.76-84 アトリエOCTA 2001.11.25
「ファンタジー 既視感の文学 『ハリー・ポッター』からトールキンのブーム なぜ、いまファンタジーか」
『出版ダイジェスト』2001年10月 5日号
※実物未確認
「ジャンル別作家別究極の伝奇1000 タニス・リーBEST10」 2002/02/20
『伝奇Mモンストルム ムー7月号別冊』
, 学研, 2001.7.01
「翻訳時評 ハリポタ旋風」
『日本児童文学』2000年3-4月号 p.64
※取り上げられている本は以下の通り。
『ハリー・ポッターと賢者の石』J・K・ーリング 静山社
『ウイーツィ・バット』フランチェスカ・リア・ブロック 東京創元社
『ミステリアス・クリスマス』スウィンデルス他 パロル舎
『マツの木の王子』キャロル=ジェイムズ フェリシモ出版
「『ベーオウルフ』蛮勇民族の荒くれ物語」
『週刊朝日百科 世界の文学 55 ヨーロッパI ロランの歌、ニーベルンゲンの歌、薔薇物語ほか』
, 朝日新聞社出版局, 2000.7.25
「子どもの文学の黄金時代」
『週刊朝日百科 世界の文学 40 テーマ編 子どもの文学』
, 朝日新聞社出版局, 2000.4.11
「歴史のヒーロー・ヒロイン 小栗判官(蘇生する英雄)」
『本郷』2000年11月号, 吉川
※実物未確認
「ファンタジーの始まった地点」
『別冊ぱふ 活字倶楽部』97年秋号 p.35 雑草社 1997.11.25
「紙面ということ」
『季刊 ぱろる 7 翻訳って何?』,p36〜39, パロル舎, 1997.8.29
連載「ファンタジーの森から」
『ファンタジーの森から』(アトリエOCTA)としてまとめられている)
(1)「場所をめぐる物語・前編」 (『幻想文学 21』1988.01)
(2)「場所をめぐる物語・後編」 (『幻想文学 22』1988.04)
(3)「死後譚をめぐって・前編」 (『幻想文学 23』1988.07)
(4)「死後譚をめぐって・後編」 (『幻想文学 24』1988.10)
(5)「<枠物語>あるいはすべての物語」 (『幻想文学 25』1989.03)
(6)「神話の力」 (『幻想文学 26』1989.06)
(7)「再生譚をめぐって・前編」 (『幻想文学 27』1989.09)
(8)「再生譚をめぐって・後編」 (『幻想文学 28』1990.01)
(9)「メタ・ドラマとしての能」 (『幻想文学 29』1990.05)
(10)「人形譚をめぐって」 (『幻想文学 30』1990.09)
(11)「名前のファンタジー」 (『幻想文学 31』1991.02)
(特別編)「想像上の友達―多重人格症と内化された人形」 (『幻想文学 32』1991.10)
(番外編)「RPGとファンタジー」 (『幻想文学 33』1992.01)
インタビュー「いつか魔法になる日まで」
『幻想文学 16 特集:ハイファンタジー最前線』,p76〜83, 幻想文学出版会, 1986.10.15
対談「人形たちに魅せられて 井辻朱美×東逸子」
『幻想文学 32 特集:人形綺譚 ヒトガタの魅惑と恐怖』, p97〜98, 幻想文学出版会, 1991.10.10
「行きて帰りし物語」
『幻想文学 43 特集:死後の文学』,p34〜39, アトリエOCTA, 1994.02.28
「夢の原質」
『幻想文学 48 特集:夢文学大全』,p58〜63, アトリエOCTA, 1996.02.20
アンケート「私の〈澁澤体験〉」
『幻想文学 50 特集:澁澤龍彦1987-1997』,p30, アトリエOCTA, 1997.07.25
「浮遊する音楽のリミックス」
『幻想文学 53 特集:音楽+幻想+文学』, p.36-39, アトリエOCTA, 1998.09.30
ファンタジィ座談会「別世界に魅せられて」浅羽莢子/井辻朱美/室住信子
『SFマガジン 1989年11月号』早川書房 p170〜175
対談「神話は限りなくロマンチックなファンタジー あずみ椋×井辻朱美」 2002/02/20
あずみ椋『光り輝く迷宮』, p81〜86, 新書館, 1984.12.15
連載「クラッカー・パーティ」
『翻訳の世界』1995年3月号?〜『eとらんす』2002年2月号
(『翻訳の世界』は2000年6月より『eとらんす』に改題) バベル・プレス
※英語の課題文を読者が翻訳し、それを井辻朱美さんが講評していく、翻訳講座。
むっちゃくちゃ面白いので、井辻ファンは、図書館等で『翻訳の世界』のバックナンバーを漁るべし。
「クラッカー・パーティ拡大版 男と女の訳し分け実践講座」
『翻訳の世界』1997年8月号 バベル・プレス
「クラッカー・パーティ 男と女の訳し分け コンテスト」
『翻訳の世界』1997年11月号 バベル・プレス
※課題は、R.A.マカヴォイ『ダミアーノ』でした。
「中つ国のキメラ構造 ファンタジーの固有名詞をめぐって」
(『翻訳の世界』1996年2月号 p.33)
※瀬田貞二氏の『指輪物語』におけるネーミングセンスの是非について。
The Load of the Ringsを原書で読んだ人にとっては、「馳夫」や「ゴグリ」に対する違和感は消し難いものらしい。
(私は固有名詞より「ですます」調が気になります)
「気になる本の熱烈書評 透明な美しさが心に残る」
(『翻訳の世界』1995年9月号 p.64)
※取り上げられている本は以下の通り。
『トレモスの風景』小倉明著, くもん出版
『幽霊の恋人たち』アン・ローレンス著, 金原瑞人訳, 偕成社
連載「子どもの本の名訳にふれる」
『翻訳の世界』〜1996年8月号 バベル・プレス
※井辻氏の担当回は以下の通り。
・「着古したシャツのあたたかさ」(『翻訳の世界』1995年10月号 p.79)
 『さくらいろの童話集 ラング世界童話全集』川端康成・野上彰訳, 偕成社
・「言霊が伝えるもの」(『翻訳の世界』1996年6月号 p.69)
 『バレエ物語』伊藤佐喜雄編訳, 偕成社
連載「子どもの本再発見」
『翻訳の世界』1996年9月号〜1999年4月号 バベル・プレス
※渡辺了介、唐沢則幸、島田香、井辻朱美が持ち回りで担当。井辻氏の担当回は以下の通り。
・連載4「原書よりうつくしい本」 (『翻訳の世界』1996年12月号 p.79)
 『ミオよ わたしのミオ』リンドグレーン作, 大塚勇三訳, 岩波書店
・連載8「古風な訳に新たなる発見」 (『翻訳の世界』1997年4月号 p.59)
 『若草物語』オールコット作, 松本恵訳, 新潮文庫
・連載12「弁慶縞の謎」 (『翻訳の世界』1997年8月号 p.67)
 『湖上の美人』原作/スコット作, 森 三千代, 偕成社 1964年刊
・連載16 「裏切りの鉄仮面」(『翻訳の世界』1997年12月号 p.69)
 『鉄仮面』ボアゴベー作, 江戸川乱歩訳, 講談社世界名作全集
 『鉄仮面』ボアゴベー作, 長島良三訳, 講談社, 1984年
・連載19「ああ、その手があったのか!」 (『翻訳の世界』1998年3月号 p.61)
 『ホビット』J.R.R.トールキン作, 山本史郎訳, 原書房
・連載24 「不自然で異様でアンバランスな」(『翻訳の世界』1998年8月号 p.55)
 『ドードー鳥の小間使い』柏葉幸子作, 偕成社
・連載28 「心に残った鏡のカケラ」(『翻訳の世界』1998年12月号)
 『不思議を売る男』ジェラルディン・マコーリアン作, 金原瑞人訳, 偕成社
・最終回 「魅力ある、見えざる日常」(『翻訳の世界』1999年4月号)
 『だれかがドアをノックする』 アン・メリック作, 斎藤倫子訳, 徳間書店
 『バスにのらないひとたち』 ジャン・マーク作, 三辺律子訳, パロル舎
『翻訳の世界』(バベル・プレス)掲載記事
「第4回 絵本翻訳コンテスト」審査員 出題のことば
『翻訳の世界』1995年8月号 p.3
「第3回 絵本翻訳コンテスト」審査員 講評
『翻訳の世界』1995年10月号 p.50 バベル・プレス
「絵本翻訳コンテスト」審査員 出題のことば
『翻訳の世界』1997年8月号 バベル・プレス
「絵本翻訳コンテスト」審査員 講評
『翻訳の世界』1997年12月号 バベル・プレス
鼎談 「日本語を意識するということ」
『翻訳の世界』1998年1月号 バベル・プレス
ホームズ好き翻訳者アンケート 回答
『翻訳の世界』1998年2月号 バベル・プレス
「◆すべては完璧なタイミングで起こった」
「連載執筆陣の事件簿◎行った年来た年」『翻訳の世界』1998年3月号(p.14) バベル・プレス
※『翻訳の世界』連載執筆陣の近況。内容については、こちらをみてください。
『ペーパームーン』(新書館)掲載記事
参考:Grape Fishペーパームーン 作者別詳細リスト
(2000/08/29)
ガラスの城:黒の組曲
『ペーパームーン』15号 新書館, 1979/01
書評:ドイツ・ロマン派の森とラッカム
『ペーパームーン』21号 新書館, 1980/04
書評:現代に生きる新たなイエス像『カラー聖書物語』
『ペーパームーン』22号 新書館, 1980/07
書評:『おしろいとスカート』(カイ・ニールセン)
『ペーパームーン』23号 新書館, 1980/11
書評:お伽話の再発見:「眠れる森の美女」
『ペーパームーン』24号 新書館, 1981/05
フォアレディース賞受賞インタビュー(井辻朱美&邑崎恵子)
『ペーパームーン』22号 新書館, 1980/07
ニジンスキーに憑かれた人々
『ペーパームーン』24号 新書館, 1981/05
『季刊 哲学』(哲学書房)掲載記事
※現在調査中。(2000/08/09)
『SFマガジン』(早川書房)掲載記事
※現在調査中。(2000/08/09)

井辻朱美 妖精国の歌人
[Home] [有里の本棚]

有里 (alisato@anet.ne.jp)
http://alisato.web2.jp/book/ituji/

更新日: 2001/10/30