シェイクスピア
〜『航路』登場文学作品解説〜

目次


シェイクスピア『ハムレット』

原典リンク

Hamlet (Alex Catalogue of Electronic Texts)
Hamlet-text
Hamlet-condordance

[Top]

作品解説

下記ページを参照。
ハムレットグーテンベルグ21

[Top]

『航路』登場部分

そしてグレッグ・メノッティは、「遠すぎて彼女は来られない」といって。まるで彼自身が、ERでなく、どこかべつの場所にいってしまっているように。遠すぎる。『その境を越えた旅人は誰も戻らぬ遠い国』とシェイクスピアは死を形容した。
3章 上巻p. 57

【解説】
ジョアンナは「遠すぎて彼女は来られない(Too far away for her to come)」というグレッグ・メノッティの言葉について考える。

引用されたのは、『ハムレット』第3幕第1場の有名な「生きるべきか死ぬべきか(To be or not to be)」に続く台詞。ただし、訳注にあるように原文は「遠い国(That far country)」ではなく「未知の国(The undiscover'd country)」である。

The undiscover'd country from whose bourn
No traveller returns,


少々長いが、参考のためハムレットの独白の全文を引用しておく。

To be, or not to be: that is the question:
Whether 'tis nobler in the mind to suffer
The slings and arrows of outrageous fortune,
Or to take arms against a sea of troubles,
And by opposing end them? To die: to sleep;
No more; and by a sleep to say we end
The heart-ache and the thousand natural shocks
That flesh is heir to, 'tis a consummation
Devoutly to be wish'd. To die, to sleep;
To sleep: perchance to dream: ay, there's the rub;
For in that sleep of death what dreams may come
When we have shuffled off this mortal coil,
Must give us pause: there's the respect
That makes calamity of so long life;
For who would bear the whips and scorns of time,
The oppressor's wrong, the proud man's contumely,
The pangs of despised love, the law's delay,
The insolence of office and the spurns
That patient merit of the unworthy takes,
When he himself might his quietus make
With a bare bodkin? who would fardels bear,
To grunt and sweat under a weary life,
But that the dread of something after death,
The undiscover'd country from whose bourn
No traveller returns, puzzles the will
And makes us rather bear those ills we have
Than fly to others that we know not of?
Thus conscience does make cowards of us all;
And thus the native hue of resolution
Is sicklied o'er with the pale cast of thought,
And enterprises of great pith and moment
With this regard their currents turn awry,
And lose the name of action.--Soft you now!
The fair Ophelia! Nymph, in thy orisons
Be all my sins remember'd.
HAMLET, ACT III SCENE I


この天と地のあいだにはな、ホレーシオ、哲学など思いもよらぬことがあるのだとミスター・マンドレイクが『ハムレット』を引用した。
5章 上巻p. 80

【解説】
ミスター・マンドレイクは、このフレーズがお気に入り。

引用は、『ハムレット』第1幕第5場のハムレットの台詞で、「生きるべきか死ぬべきか(To be or not to be)」と同じくらい有名なんじゃないかと思う。(もっとも日本では、これをもじった京極堂の台詞の方が有名かも。)

There are more things in heaven and earth, Horatio,
Than are dreamt of in your philosophy.
HAMLET, ACT I SCENE V


「(前略)そしてきみはその境を越えた旅人はだれも戻らぬ遠い国』への旅からなにを学んだ?」
31章 下巻p.40

【解説】
ジョアンナが〈船〉の中で出会ったブライアリー先生の言葉。

上巻p.57に出てきたのと同じフレーズ。博覧強記のブライアリー先生がなぜかジョアンナと同じく「未知の国」を「遠い国」と言っている理由は……。


「『眠れば、おそらくは夢をみる』」とつぶやいたけれど、夢をみる可能性はない。夢をみるためのシナプスも、アセチルコリンも、セロトニンもない。なにもない。
44章 下巻p.226

【解説】
ジョアンナは〈船〉のデッキにひとりたたずむ。

これも、『ハムレット』第3幕第1場の「生きるべきか死ぬべきか(To be or not to be)」に続く台詞。

To sleep: perchance to dream:
HAMLET, ACT III SCENE I

[Top]


シェイクスピア『マクベス』

原典リンク

Macbeth (Alex Catalogue of Electronic Texts)
Macbeth-txt
Macbeth-concordance

[Top]

作品解説

下記ページを参照。
マクベスグーテンベルグ21

[Top]

『航路』登場部分

「(前略)臨死体験か。いきさつを語るべく帰り来た人々の話。昔は脳味噌が叩きだされれば、それで人間は死んでしまったものだ、そしてそれで万事は終わりだった。ところがどうだ、今では脳天に二十もの致命傷を受けながら、きやつらはまた立ち上がる』。(後略)」
31章 下巻p.40

【解説】
ジョアンナが〈船〉の中で出会ったブライアリー先生の言葉。

引用は『マクベス』第3幕第4場から。宴会の席でバンクォーの亡霊を見た直後のマクベスの台詞。

Blood hath been shed ere now, i' the olden time,
Ere human statute purged the gentle weal;
Ay, and since too, murders have been perform'd
Too terrible for the ear: the times have been,
That, when the brains were out, the man would die,
And there an end; but now they rise again,
With twenty mortal murders on their crowns,
And push us from our stools: this is more strange
Than such a murder is.
MACBETH, ACT III SCENE IV


「……おかしなおじいちゃんだったなあ」とニーナが話している。「くりかえしくりかえし、『あの年寄りにあんなたくさんの血があるとは、思いもかけないことだった』って。それに海がどうとか」 「『渺茫たる大海原の水全部なら、この手からきれいさっぱり血を洗い落としてくれるだろうか?』」 「それそれ。なんかの引用ですか?」 「『マクベス』よ」教室でブライアリー先生が定規を剣に見立ててその場面を実演していた姿が目に浮かぶ。「『目前の恐怖は、恐ろしい想像に比べれば、まことに微々たるものだ』」
32章 下巻p.54

【解説】
看護助手とジョアンナは、ERに担ぎ込まれたブライアリー先生について話す。


「あの年寄りに……」は、第5幕第1場の錯乱したマクベス夫人の台詞。

--Yet who would have thought the old man
to have had so much blood in him.
MACBETH, ACT V SCENE I

「渺茫たる大海原の水全部なら……」は、ダンカン王を殺害した後のマクベスの台詞。

Will all great Neptune's ocean wash this blood
Clean from my hand? No, this my hand will rather
The multitudinous seas in incarnadine,
Making the green one red.
MACBETH, ACT II SCENE II

ひょっとしてブライアリー先生は、"blood"という単語がでてくるところを片っ端から暗唱しているのだろうか?

「目前の恐怖は……」は、第1幕第3場、コードーの領主になるという魔女の予言の実現を知り、心乱されるマクベスの台詞。

Present fears
Are less than horrible imaginings:
My thought, whose murder yet is but fantastical,
Shakes so my single state of man that function
Is smother'd in surmise, and nothing is
But what is not.
MACBETH, ACT II SCENE II


「『それに剣にも。血を拭きもせずにきやつらの枕元に置いてあるのがみつかりました』」とブライアリー先生の声がいう。
32章 下巻p.56

【解説】
キットにかけた電話の向こうでブライアリー先生の声がする。
「それに剣にも。」は、ダンカン王の死体発見後のレクノスの台詞。

Those of his chamber, as it seem'd, had done 't:
Their hands and faces were an badged with blood;
So were their daggers, which unwiped we found
Upon their pillows:
MACBETH, ACT II SCENE III


――「『それ、つかんでやろう』」ブライアリー先生が朗々と『マクベス』を引用する。 「『だめだ、つかめない。だが、まだ俺の目には見えているぞ。それともお前は単なる熱にうなされた脳味噌から発生したニセもの……』」リッキー・インマンは椅子をうしろに傾けてぐらぐら揺らし、ジョアンナはいつひっくり返るかと魅せられてしまう。 「『……心の中の剣であるにすぎないとでも言うのか?』」
51章 下巻p.311

【解説】
ジョアンナは〈船〉の中で……。

引用は『マクベス』第2幕第1場から。マクベスは、幻の短剣に引っ張られるようにダンカン王を殺害するため王の寝室へと向かう。

Is this a dagger which I see before me,
The handle toward my hand? Come, let me clutch thee.
I have thee not, and yet I see thee still.
Art thou not, fatal vision, sensible
To feeling as to sight? or art thou but
A dagger of the mind, a false creation,
Proceeding from the heat-oppressed brain?
MACBETH, ACT II SCENE I

[Top]


シェイクスピア『オセロー』

原典リンク

Othello (Alex Catalogue of Electronic Texts)
Othello-txt
Othello-concodance

[Top]

作品解説

下記ページを参照。
オセローグーテンベルグ21

[Top]

『航路』登場部分

照明が消えて暗くなった教室の中で、ブライアリー先生が「まさしくそのとおりだ、インマンくん。『まずこの明かりを消し、それから命の明かりを消そう』」といい、教室じゅうが大笑いになるけれど、でもあれはおかしくなんかなくて暗かった。
51章 下巻p.311


【解説】
ジョアンナは〈船〉の中で……。

引用部分は『オセロー』第5幕第2場でデズデモーナを殺すため寝室に入ってきたオセローの台詞。


二つ目の "put off the light" の解釈に関しては、シェイクスピア学者や注釈者の間でも諸説あり、"put off thy light" になっている版もあるらしい。(岩波文庫版の注釈より)

Yet she must die, else she'll betray more men.
Put out the light, and then put out the light:
OTHELLO ACT V SCENE II

[Top]


シェイクスピア『リチャード三世』

原典リンク

King Richard III (Alex Catalogue of Electronic Texts)
King Richard III-txt
King Richard III-concordance

[Top]

作品解説

下記ページを参照。
リチャード三世グーテンベルグ21

[Top]

『航路』登場部分

「完璧なメタファーだ。処女航海の最中、どこからともなくとつぜん現れて立ちはだかる。すぐ近くに来るまで目に見えず、気がついたときには、進路を変えても避けられず、以前からずっと警告があったにもかかわらず、思いがけずやってくるもの」そして、震えるような声で、「『いやいや、それどころではない。わたしの夢は死後にまで続いた』とシェイクスピアは書き、来るべきものをわれわれに警告しようとした。『わたしは詩人たちがよく書いている恐ろしい渡し守に連れられて、あの陰うつな流れ、三途の河を渡ったように思った。そして常闇の王国へ行ったのだ』」
35章 下巻p.112

【解説】
ブライアリー先生は語る。ほんのひととき、ブライアリー先生は以前の先生に戻っている。


引用部分は『リチャード三世』第1幕第4場、クラレンス公ジョージがロンドン塔で刺客に暗殺される直前の場面での台詞。。


O, no, my dream was lengthen'd after life;
O, then began the tempest to my soul,
Who pass'd, methought, the melancholy flood,
With that grim ferryman which poets write of,
Unto the kingdom of perpetual night.
KING RICHARD III ACT I SCENE IV

[Top]


[Home] [Book] [目次]

有里 (Alisato Akemi)
http://alisato.web2.jp/book/briary/