ブライアリー英文学集成
〜『航路』登場文学作品解説〜

こういう詩や小説や戯曲がいったいなんだと思っている?
退屈な、埃をかぶった過去の遺物か?
そうではない
――コニー・ウィリス『航路』下巻 p.165

ブライアリー英文学集成目次

コニー・ウィリス『航路』上下(大森望訳, ソニー・マガジンズ)【amazon/bk1】に登場する文学作品の解説です。

最終更新日:2007/08/27


目次

[Top]


はじめに

コニー・ウィリス『航路』上下(大森望訳, ソニー・マガジンズ ,2002.10)【amazon/bk1
に登場する文学作品の解説です。

引用は、特に断っていない限りコニー・ウィリス『航路』上巻および下巻(大森望訳, ソニー・マガジンズ ,2002.10)からのものです。訳注は省いてあります。また傍点部分は<strong>で囲むように変更しています。ルビは[]内に表示しました。
色付き部分が文学作品からの引用で、色付けは当ページの作者によるものです。

「ブライアリー英文学集成」とは、『航路』に登場する元・英文学教師のブライアリー先生のあだ名です。(サイトの名付け親は『航路』翻訳者の大森望氏)

[Top]


登場順作品リスト

[Top]

参考文献および参考サイト

[Top]


[Home] [Book] [『航路』感想]

有里 (Alisato Akemi)
http://alisato.web2.jp/book/briary/